GW後半を利用して信州白馬方面へ山スキーに行ってきました。
メンバーは大学の先輩Yさんと私たち夫婦、長男の4人。5/30夜中にに信州を目指します。途中、中央道中津川あたりで車の積算メーターが「123,456km」を示しています。今年で10年、特にここ3年ほどは生杉通いで走行距離が伸びています。できたら20万kmは乗りたいのですが。
123,456km

山スキーは栂池高原スキー場から天狗原を越えて蓮華温泉に泊まり、翌日大糸線平岩まで下るコース。Yさんと2年に一度くらいは行っています。スキー場のゴンドラと上部のロープウェーを利用すると歩かずに1800m付近まで登れ、比較的楽に雄大な景色と山スキーが楽しめます。
白馬三山

ヘリスキーもあり、2200mの天狗原まで一気に上がることもできますが費用が高いのでパス。
せっかくですので歩かなければ・・・。
ヘリスキー

下りで使うスキーをザックの横に着け、雪の斜面を登ります。
同行のYさんは減量効果で極めて快調ですが、家内と長男はバテ気味?
天狗原まで着くと家内は「もう登らない・・・」宣言。

登行

乗鞍岳(2437m)から白馬大池をとおって下るYさん・長男と別れ、我々は早々と温泉に向かって振子沢を下降します。
ところが下降では「テレマーク修行中」の私は苦戦、時には転んで川へ落ちそうになったり、ヒヤヒヤものでした。
滑降

蓮華温泉は標高1500mほど夏場は車で上がれるのですが、この時期はまだまだ1~2mの積雪があり、歩くかスキーで滑って来るしか方法がありません。山小屋ですが建物や部屋は綺麗で野天風呂を初めとする温泉が売りです。
蓮華温泉

しばらくすると2人も降りてきてまずはビールで乾杯。暖かいので外でウィスキーなど飲みながら1時間ほど宴会・・・。
乾杯

その後宿泊の受付を済ましてから野天風呂へ、全部で4箇所あるのですが小屋の裏手の斜面を10分ほど登ると2つの野天風呂があります。温泉の熱で積雪こそありませんが脱衣所などの設備は何もなし。天気も良いので雪山の景色を眺めながらのんびりと風呂に入ります。
以前来た時は同行の若い女性と一緒に入ったのですが今回は男ばかりでした。
野天風呂

日が傾くと雪倉岳(2611m)の斜面がキラキラ輝いて印象的です。
光り輝く雪倉岳

酒の酔いと疲れで夕食を食べると7時過ぎには皆寝てしまいました。(平)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/99-0165818e