今週もたくさんの花が咲いていました。
先週紹介したミヤマカタバミやタチツボスミレは杉林や道端のいたるところで咲いています。
梅ノ木を過ぎると道草ばかりしているので30分以上余計に時間がかかります。

これはミヤマキケマンでしょうか。
ミヤマキケマン

まだ咲き始めですがナガバモミジイチゴ。
ナガバモミジイチゴ

これは何でしょう?
s-IMG_4655.jpg

先週「コブシ」と紹介したのは「タムシバ」だったようですね。物の本によると
コブシ:太平洋岸に多く(朽木では少ない)、花の下に若葉が1枚着く、花の数は多い。
タムシバ:日本海側に多く、花の数が少ない。
もっともタムシバはニオイコブシとも言うようですが。

奥山渓谷ではもう終わりですが高いところや生杉あたりではピークのようです。日当たりの良い山肌にポツポツと浮かび上がるような純白の花は大変印象的です。山に入らないとなかなか身近には見れないのですが生杉でうろついていたら手に届くような高さの木が見つかりました。
ちなみに昨年の春はタムシバはほとんど咲きませんでした。その分今年は花が多いのでしょうか。
タムシバ

タムシバ

スイセンも綺麗に咲いています。
スイセン

ニリンソウも咲き始めていました。
ニリンソウ

街でも良く見られるオオイヌノフグリです。
オオイヌノフグリ

ヒメオドリコソウ。
ホトケノザ

生杉では桜はまだまだ、やっと咲き始めたところですが、葛川あたりでは今が満開。いつも寄り道する「風」ではウェルカムロードの桜が満開。午後の逆光で桜が輝いています。
輝く桜

風にて

針葉樹の多い葛川沿いも桜が咲くと雰囲気が一気に明るくなります。(平)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/92-acb7aa7c