木工(テーブル)もやらなくてはいけないのですが、どうしようかと少し迷っているところもあり、なかなか取りかかる気になりません。
暇つぶしに廃材薪の整理をしました。鉈で細く割って燃えやすくします。結構あるので早めに使ってしまわないといけません。
IMG_4693.jpg

夕方、外へ出ると煙突から結構な煙が出ています。少し前に薪を追加したところですが・・・。
確認すると、案の定空気を絞りすぎているため、温度も上がらず燻っていました。
IMG_4695.jpg

取り込む空気の量を増やし、燃焼状態にするだけでこのくらいは違ってきます。もう少し温度を上げて最適な燃焼状態にすると、ほとんど煙は出なくなるのですが。
ちなみに先の煙突も、火が入っていますが、熾き火状態なのでほとんど煙は出ていません。燃焼状態でもこの程度にはできます。もちろん、良く乾燥している薪であることが前提条件ですが。
IMG_4697.jpg

これが上の煙が少ない状態です。
IMG_4699.jpg

薪ストーブ関係のブログを見ていると、中で魚を焼いているのを良く見かけます。うまそうなので一度やって見たいと思っていたのですが、トライしてみました。
まずキャンプなどに使うステンレス製の五徳(?)を置き、その上で焼き網で挟んだ魚を焼きます。2枚の網で挟むのは簡単に裏表返せるようにするためです。
IMG_4703.jpg

ちょっと火加減が強すぎたようで少し焦げ気味ですが、「西京焼き」なのでこのくらいでもおいしかったです。確かに煙や油を気にする必要がないので、火加減の調節さえ間違えなければ結構使えそうですね。今後も時々やりたいと思います。
IMG_4705.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/786-5da649cb