先日からやっている天板もやっと仕上げの段階です。本当はもっときっちりやらないといけないのですが、身内の依頼で納期の関係もあり、適当なところで妥協しました。

仕上げはオスモカラーというのを使いました。初めて使いますが2種類あります。成分は同じワックス系のようですが、エキストラクリアーは濃度が低く浸透性が高いためシーラー的な使い方をするようです。もう一つのノーマルクリアーは濃度が高く、仕上げで艶を出すために使用するようです。
RIMG0790.jpg

自然な風合いで艶があり、なかなかいい感じです。
ワックス系は塗料系と比べると作業が容易で失敗は少ないのですが、耐水性は劣ります。オスモカラーはワックス系の中では耐水性も良いほうではあるみたいですが、コップ等の使用時にはコースターを使用するなどの配慮が必要です。もっとも「それも当たり前の姿」と割り切ってしまえば問題ないのですが。
オスモカラーは品質も良く使いやすいのでプロの方も良く使っているようですが、値段が高いのが問題です。メーカーは環境に配慮した製品ということで高く売っているようですが、ちゃんと溶剤も使っていますし高く売る理由にはならないように思いますが。
本当は漆仕上げがベストなのですが、養生が難しくかぶれの心配もあります。
RIMG0793.jpg

昼過ぎ、枚方へ帰る家内を大原まで送った後も作業に集中します。冬は雪かきがなければ木工に集中できる環境です。
こちらは長男の婚約者から「かわいいカッティングボードを」との依頼です。昔、白馬で頂いた白樺の端切れを使って見ました。趣味の石鹸作りに使うようです。
RIMG0802.jpg

次は、ホウのまな板。夏ごろ在所の長老から「ホウはまな板にするとよい。」と聞き、伐採作業現場からもらったものを板割りし、乾燥していました。乾燥が十分なのか疑問がありますが、とりあえず仕上げてみました。
RIMG0803.jpg

先週の雪かきで痛めた腰を気にしながらの作業でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/629-9265d678