2006.12.04 雪囲い
12/2(土),3(日)
作業小屋の雪囲いの準備もあり、土曜日から生杉へ行ってきました。買い物の用事もあるためいつもよりゆっくり9時過ぎに家を出ました。
まず八幡のコーナンで雪囲い用の荒縄とPPロープを購入、次に名神・湖西バイパス経由で堅田のコメリに寄り除雪用のアルミスコップを探しましたがまだ入荷していないとの事。冬支度に忙しい針畑と比べると少し感覚のずれがあるようですね。
大阪を出るときは快晴でしたが、「冬型が強まる。」との天気予報通り生杉に着く頃には曇り空になっていました。
黄色いじゅうたん

冬支度の済んだ生杉の小さな神社の周りは黄色いじゅうたん。
畑の片付けや高菜・野沢菜を全て収穫してしまいました。そろそろ根雪に備え天気を見ながら電柵をはずす準備をしなければなりません。3時を過ぎると風も強まり、肌寒くなったので早々に小屋へ引き上げることにしました。
小屋に入るとまず囲炉裏に炭を熾します。隙間風だらけの作業小屋では火の気がないと過ごせません。たくあん大根を取り込んだり、赤カブ・日野菜の浅漬けの準備をした後一服、缶ビール2本・・・。
しばらく新聞を読んだり、ラジオを聴いたりしたあと日曜日に使うそば粉の準備。今年苦労して収穫した蕎麦の実を石臼で挽いていきます。少しずつ石臼に入れ粉にしていきますが、400gとるのに2時間ほどかかりました。やはり蕎麦は手間がかかりますね。
そば粉の準備

そば粉の後は明日の猪肉を煮込みながら、たくあん大根の仕込みです。全て終わったのは11時過ぎ。それから一人で鍋をつつきながら焼酎を飲み、あわただしい1日がやっと終了しました。

* * * * * * * * * * * * * * * *

日曜日も朝から孤軍奮闘、昨夜の続きで手作りコンニャクを入れ猪肉を煮込み、矢倉さんのナメコを収穫に行きます。
帰ってからは昼の為に蕎麦を600g打ちました。急いで打った為、少し太めの蕎麦です。

10時前には昨夜忘年会の家内がバスを乗り継いでやってきました。その後宮本さんグループや青柳さん、渋谷さん、熊谷さんなどの顔ぶれが久し振りに集まりした。

男性陣を中心に6~7人で雪囲いの作業に取り掛かります。昨年は竹を5段に渡したのですが今年は昨年の実績から南北とも3段にしました。少し手を抜きすぎかなとの声もありますがとりあえずやってみましょう。
人数が多いのと昨年に続き2回目の作業でもあり、かなり手際も良くなりました。昨年使用した仮止めロープもほとんど使用せず1時前には全て終了。さすがに人が多いと早い!

人が少ないと陰気な仕事ですが、人手が多いとワーワー賑やかに楽しくやれます・・・。
手伝ってくださった藤原さん、河村さんありがとうございました。大変助かりました!!これで安心して冬が迎えられます。皆さんお疲れ様でした。(平)
雪囲い作業

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/59-87f7cae4