2006.11.26 冬支度
11月23日(木)曇り
昨日は熊本、久留米へ出張。生杉へ通うべく、おいしいものがいっぱいの宴会を途中で切り上げ、新幹線に乗り家に帰ったときには日が変わっていました。

朝、眠いのを我慢して生杉へ。
紅葉も終わりに近づき、あっという間に冬がやってきます。その前にやっておくことも一杯あります。

まず、矢倉さんが植えていたアスパラガスをうちの畑へ移植します。アスパラガスは世話しなくても勝手に出てきますが、柵も何もないので全部鹿に食べられてしまいます。かなり大きな株になっているので株分けして植えました。

次に、蕎麦畑の片付け。先日脱穀は終了して畑での作業は済みましたが、ハサ掛けの支柱や竹がそのままなので解体して美代次さん所や小屋まで運んだりしました。

片づけが済んだら次は家本さんの倉庫へ移動し、耕耘機のメンテナンスです。昨年は不凍液かどうか確認しなかった為、冬の間に冷却液が抜けてしまい、春に使おうとしたらトラブルになってしまいました。今年はちゃんと不凍液に交換しておきます。
同時にしばらく使っていないのでエンジンをかけて見ます。するとエンジンが逆回転しており、前進ギアでバックしてしまいます。ビックリ!もう一度かけなおすと正常な回転に戻りホットしましたが。

これで蕎麦畑も耕耘機も冬越の準備はOK。
天気予報では雨かなと思っていましたが、終日雨が降ることもなく作業がはかどりました。

生杉の様子を見ると、お寺の冬支度を美代次さんや家本さんがやっているところです。
生杉のお寺

大宮神社はすでに冬支度は終了しています。鳥居のところの行事札には「大宮神社/次回の行事/大年越」と書いてあります。年末までもう行事はないようですね。

大宮神社

大宮神社の行事札

個人の家でも少しずつ冬支度が始まっており、雪囲いがされている家もあります。
「杣の会」作業小屋の冬支度もしなくてはいけません。
宮本さんからの連絡では12月3日ということですが、できるだけたくさんの方が参加して頂ければと思います。(平)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/57-9de2fd62