先日、もうそろそろ帰ろうかと思っていると近所のIさんから電話が・・・。「鹿がかかっているので今から処理するよ。」Iさんは罠猟の免許を取っており、家の周りに仕掛けています。
行ってみると罠猟のベテランNさんも手伝いに来ていました。残念ながらこの時期の鹿肉は餌がない為痩せており、上質ではないとのこと。胃は食べたもので一杯でしたが、中に入っていたのは木の皮だけでした。
Nさん指導のもと、Iさんが解体するのを手伝いました。
一番おいしい時期は5,6月の新緑の餌を沢山食べた時期だそうですが、この時期の鹿はまだ食べたことがありません。もしかしたら禁猟期かも?
20120212生杉 007

分け前を頂いたのですが、鹿肉はどうしても独特の癖があり、煮ると硬くなります。刺身がおいしいという人もいますが、肝炎などに感染する可能性もあるのでこれは絶対に避けるべきです。おいしく食べるのはなかなか難しいのです。

そこでネットで見つけた調理方法に挑戦。「炭酸飲料で煮ると軟らかくなりおいしい」との情報。冷凍してあった鹿肉770gを半解凍で薄く切り。CCレモンとコーラで煮てみました。最初の泡とあくを取りながら弱火で煮ること3時間。確かに軟らかくて独特の癖もかなり低減されています。どちらかというとCCレモンの方が少し甘めですが良いように思います。
20120212生杉 009

ここまでは下ごしらえ、この肉を使ってすき焼き風に煮込んでみました。
これはなかなかいけます。独特の癖もなく、軟らかくておいしいです。最初のカットを5mmくらいにしたのですが、もっと薄くカットすれば煮る時間も少なく、さらに軟らかい肉になったと思います。
20120212生杉 018

家族からも「これならいける。」との評価でした。
但し、これだけ手間ひまかけて調理するだけの価値があるのか疑問はあります。やはり牛肉のすき焼きの方が簡単でおいしいかも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/520-3e7658bc