雨の天気予報でしたが畑の電柵を張りに行ってきました。

予報通り一日中雨模様で肌寒い生杉でした(昼で7.8℃)。雪は日陰などを除きほとんど融けていましたがまだまだ「春」という雰囲気ではありません。

昨年の私の記録では「4/17 山の斜面にはタムシバがいっぱい。」と書いてあるのですが今年はまだまだのようです。
家本さんも「雨が多く3月中旬くらいの寒い日が続いている。」と話していました。

美代治さんは「まだまだ寒いけど・・・。」といいながら田植えの準備のため種籾を水に漬けていました。10日ほど沢水の流水に漬けておくそうです。
昔は1ヶ月ほど水に漬け未熟な種籾は腐らせて選別していたそうですが。

1時頃には去年借りていた分と新しく借りる上の段も含め電柵を張り終え帰ってきました。
もうすでに芽が出てきたニラや去年からのニンジンなどが鹿の被害に会っています。

とりあえず雪も溶け、電柵の準備もでき、やっと今年も生杉通いが始まります

種籾の準備

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/5-295ec408