2006.10.31 シチグレ谷へ
10月29日(晴れ)
朝目を覚ますと今日も針畑は霧の中。この時期夜中に晴れると針畑郷ではまず雲海が見られるようです。今年3回目ですがまたまた林道を上がります。
まだ日が上がる前で人も少ない為鹿を6,7頭見かけました。大きな角の雄鹿にいたっては道路わきの崖下に座っていたのですが横を通っても動こうともしません。車を止めるとやっと立ち上がり道の反対側へ移動しましたがこちらを睨み、威嚇しているような雰囲気です。車でなく歩きでしたらちょっと怖いですね。
雲海

朝靄のシチグレ方面

小入谷まで下り今度はシチグレ谷へ向かいます。今年は熊の出没が多いようなので念のため熊鈴を鳴らしながら歩きます。
シチグレ谷出合いの小屋までは何度か行ったことはあるのですが谷へ入るのは初めてです。シチグレの道はかなり荒れており、判別できないところや倒木にふさがれているところがあちこちにありました。傾斜が急な為道が荒れるのも早いようです。
ところが谷の中へ入ると意外と明るいのに驚きました。出合までの陰鬱な針葉樹の谷筋とは大違いです。
杣の会はかつて「シチグレの森を守る。」事を目的に設立されたと聞いています。新参者の私には詳しい経緯は分かりませんが、「この貴重な森を守らなければ・・・。」と立ち上がられた皆さんの気持ちが少しは分かるような気がします。落ち葉が深く積もり豊かな自然を感じさせます。
谷の中を1時間ほどうろつきましたが目的のナメコは発見できず、車まで帰りました。
シチグレ谷1

シチグレ谷2

生杉へ帰り畑仕事をしていると宮本さんから電話がかかり、「昼頃には生杉へ入る。」との連絡。
作業小屋で落ちあい、午後から2人で再びシチグレ谷へ入ることになりました。
今度は宮本さんが鉈と鋸を持ち、道をふさいでいる倒木の始末をしながら進みます。1時間半程かけて谷のかなり奥まで行きましたが、たまには道の補修をしなければと感じました。
また宮本さんのおかげで少しではありますがナメコの収穫もすることも出来ました。
倒木を切る

ナメコの収穫

2日間天気にも恵まれ、蕎麦の刈り取りも終わり、シチグレにも入ることができ、なかなか充実した週末を過ごすことが出来ました。快い気分で家路に・・・。(平)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/48-252afc42