2006.10.18 秋の気配
10月15日(日)畑仕事の合間に少し色づき始めた山の様子を見に生杉原生林(というのでしょうか。芦生研究林へ入る駐車場付近)まで行って見ました。
「滋賀県側からの芦生研究林への入山は禁止」になっているそうですが監視する人がいるわけでもなくいつも通り10台あまりの車が止まっています。これから紅葉の綺麗な時期が始まりもっと入山する人が増えるのではないでしょうか。今年もバスの団体ツアーが何台も入るのかな。
生杉原生林

生杉原生林

これまでは生杉へ来ると季節の野草などの花を一生懸命探していたのですが生杉の草花もかなり(?)わかるようになってきましたので今度は「きのこ」も勉強しようと思っています。花にはあまりないですが「きのこ」には食べる楽しみがあります。逆に怖さもありますが・・・。
まずは今まで目を向けていなかったきのこに目を向けて図鑑とにらめっこしたり、村の人に聞いたりして覚えて行きたいと思います。
その気になってみるといろんなきのこが見えてきます。駐車場付近にあったナラタケ。少しだけとって帰り生杉の栄さんご夫婦に確認してもらったうえで家で食べました。私のきのこ狩りデビューです。
ナラタケ

こちらも駐車場付近にあったものですが良く分かりません。きのこは開く前と後ではかなり様子が違うので図鑑をみても良く分かりません。
          不明

下の2つは作業小屋の丸太についていたきのこです。上の方はかなりたくさん生えています。カワラタケといい図鑑には薬用に使われると書いてあります。下のほうは良く分かりません。あえて森の中へ入らなくてもその気になるとかなりのきのこが見えてきます。これからしばらくの間また楽しみが出来ました。毒キノコに当たらないように注意しながら山の幸を楽しんで行きたいと思います。
                     カワラタケ

                               不明

こちらは林道沿いに見つけた「マムシグサ」の果実です。実がつく前の茎や葉も名前どおり妖しい草ですが実の方も鮮やかな中にも何か妖しい雰囲気があります。やはり他の草花とは少し違いますね。(平)
マムシグサ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/44-23a0c237