西日本を中心に強烈な寒波到来。枚方・京都でも-3℃、雪が舞う天気でした。花折峠を抜けたR367はすっかり雪国でした。
20110116生杉 008

ところが生杉の雪はこんなものではありません。生杉では1階部分はほぼ隠れているのが普通の景色です。生杉の気温はは-5℃、良く冷え込みました。
20110116生杉 011

我が家の畑もご覧の通り、一面真っ白。電柵のポールがほぼ隠れています。積雪はおよそ130-150cm程度でしょうか。
20110116生杉 040

屋根にたくさんの雪を乗せた生杉の茅葺民家。冬の生杉はまさに「日本昔話」の世界です。
20110116生杉 048

今日は冷え込みが厳しいためパウダースノー、屋根の雪もいくらか軽く見えます。
20110116生杉 050

これもいい雰囲気です。
20110116生杉 051

畑の向かいのお家、雪のない季節はおばあちゃんが一人で住まわれており、週末には娘さんたちが訪れてきます。しかし冬の間は雪の少ないところで暮らしておられるようです。ご本人にとっては最も落ち着く場所なのでしょうが、この雪の中お年寄りの一人暮らしは・・・。致し方ないですね。
20110116生杉 063

川の水が凍るようなことはありませんが、川石がすっぽり雪に覆われ、美しい景色です。
20110116生杉 073

雪が降ったりやんだりの生杉でしたが、風が強くなくあまり寒さは感じません。それでも帰る16時頃の気温が-4℃、完全に零下の真冬日の生杉でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/416-5dffa49d