12月23日
弱い冬型で生杉は雨が降ったりやんだり、朝はかなりしっかりと降っていました。

今日は薪ストーブの取扱い説明を受けました。販売店の方が遠路来て説明してくれました。
こちらは居間に設置したベルギー・ネスターマーチン製S43、一次燃焼で出たガス(煙)を高温の空気で2次燃焼させる方式で、排ガスの少ない効率的なストーブです。
20101223生杉 002

良く乾燥した薪であれば着火も簡単で、操作も難しくはありません。
ゆらゆらとゆったりとした炎が愉しめ、排ガスが綺麗(煙がほとんど出ない)なことが特徴です。また燃焼効率に優れゆっくりと燃やせるため、針葉樹を燃やせることも大きなメリットです。
また、炉内が広く、ピザを焼いたり調理が出来るようなセットも付属しています。
部屋の断熱がしっかりしていることもあり、しばらく燃やしていると広い居間がすぐに暖かくなります。やはり薪ストーブの暖房能力はたいしたものです。
20101223生杉 018

こちらは作業場に設置した少し小さめのストーブ、同じくネスターマーチン製S80。少し前の型のようで、現在ラインナップに載せていないとのことで格安で分けてもらいました。
このタイプもクリーンバーンと言う2次燃焼方式を採用しているのですが、S43と違い荒々しい炎が特徴のようです。
いずれも二重煙突を使い、まっすぐ高く上げているので排気の引きが良く、効率よく燃えてくれます。
20101223生杉 008
この冬は完工できないため出来ませんが、次の冬には薪ストーブライフを充分愉しみたいと思います。

この冬は暖かく雪が遅れていますが、今日は電柵を片付けました。夏から畑に置きっぱなしの耕運機も小屋の中に格納しました。これで今年の畑作業もほぼ終了です。あとは鹿の遊び場となります。
20101223生杉 001

今年も12月になるとかなり鹿や猪の被害を受けましたが、電柵をはずした後もフキやギョウジャニンニクにはネットを掛けておかないと根こそぎやられてしまいます。
20101223生杉 021


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/410-3db87bbb