生杉では稲刈りもほとんど終わっています。天気もよく涼しい風が吹いています。暑くもなく寒くもなく作業していても苦にならず気持ちの良い天気です。一年で一番いい時でしょうか。
3週間ほどにわたって続いた「山水人」のイベントもようやく終了、設備は一部残っているものの関係者の姿は全く見えません。元の静かな生杉に戻っています。
蕎麦

蕎麦の花

畑の蕎麦は花がほぼ満開。ハチがブーンブーンと忙しく飛び回って蜜を集めています。よーく見ると花の下に薄緑色の実がたくさんついています。私にとってはこの2年間ほとんど収穫のない蕎麦つくりとなっていますので今年こそは満足な収穫をしたいものです。
芽が出た頃はちょっと薄いかと思っていましたがこの位でちょうど良かったのかな。
チカラシバ

        ススキ

                  ススキ

ススキも逆光で風に揺れていると大変綺麗です。休耕田に我が物顔ではびこっているのを見ると少し複雑ですが景色は見事です。これも秋の針畑の風景の一つですね。
下の写真は朝行きがけに撮った桑原の風景です。このあたりはもやがかかっていました。これから秋本番となり朝が冷え込むと針畑郷一帯に霧がかかり、小入峠への林道を登ると雲海が見られるようになります。昨年も一度上がりましたが最近はインターネットですぐに情報がいきわたる為たくさんのアマチュア写真家が朝早くから集まりさながら「写真会」の様相です。
朝もやの桑原

この花は「ミゾソバ(溝蕎麦)」でしょうか。この時期針畑では道端でよく見られます。小さい花ですがよく見ると色といい形といい綺麗な花です。
ミゾソバ

こちらの花は名前がわかりませんが綺麗に撮れたので載せて見ました。
不明

(平)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/40-cf6ead61