2月28日(土)
水戸では2/20~3/31まで梅まつりが行われています。今年は暖冬の影響で梅の開花がかなり早いようです。例年ですと3/10~20あたりが見ごろのようですが早八分咲きとの話を聞き出かけてみることにしました。昨日の雪模様から今日は快晴の天気となっています。

こちらは「偕楽園」ではないのですが周辺の公園でも梅がたくさん咲いています。
偕楽園

「偕楽園」の梅はさすがに来週あたりが一番の見ごろかなという感じでした。それでも10時頃にはたくさんの人出で賑わっていました。
「偕楽園」は1842年徳川斉昭公が造り、100種類、3000本の梅があるといわれています。古木もおおく、幹がねじれている木が樹齢が高いそうです。
偕楽園

偕楽園

偕楽園

「偕楽園」の中に建てられた「好文亭」。戦火で焼けたため現在の建物は昭和30年頃に再建されたもののようです。
好文亭

「偕楽園」の中ではご存知水戸黄門様ご一行が歩いています。
水戸黄門

こちらも1841年に徳川斉昭公が造った水戸藩の藩校「弘道館」です。弘道館

ここにも梅がたくさん植えられていますが、見事な百日紅もありました。
弘道館
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/246-649b1892