2/12(木),13(金)と三重県四日市出張、2/14(土)は伊豆修善寺で大学時代の仲間や先輩と(時期はずれの)新年会。茨城や枚方へ帰るのももったいないので東海道本線普通列車の旅。これまで静岡はほとんど縁のない土地でした。
まず2/13は浜松まで。人口80万、意外と大きな街です。綺麗な駅ビルと高層ビル、展望台もあるようですが有料です。
浜松

ホテルへチェックインしてから浜松城へ。もちろん徳川家康ゆかりの地ですが、意外とこじんまりとした城でした。2月の半ばというのに暑い日ですでに梅も咲いています。
浜松城

ここは五社神社です。
五社神社

やっと暗くなったので飲食街へ・・・。
浜松の夜

ぶらぶらと面白そうな店を探し、入ったのがこの店「日本海・太平洋の海の幸 十五間長屋」。
入ると細長いカウンターが店の奥まで続いています。カウンターの前には活魚の水槽や氷の上に3枚に卸した鮮魚が並んでおり、年配のご夫婦と若者3人で切り盛りしています。奥のほうは座敷もあるようですが魚市場に迷い込んだような雰囲気です。
客は私一人(少し時間が早いかも・・・)。
十五間長屋

「一人来客盛り」メニューの名前も変わっています。わさびは本わさびを鮫皮でおろします。
鰯が泳いでいる水槽もあり、「鰯を泳がしているのは難しいのでは?」というと大将が「人間の方がもっと難しい!」、店の若者の方をチラッと見て私も「会社も同じですね・・・」
カウンターのみかんや潮汁は無料。あまり愛想のない対応でしたがなかなかのお店でした・・・。
近くにこんなお店があれば通ってしまいそうです。
20090213-15静岡・伊豆 019

浜松といえばやはり「うなぎ」。
「曳馬野」というお店、「関東風で蒸してから焼くため時間がかかります。」との貼り紙。確かに脂っこくなくおいしいのですが値段が高い(2,310円)。
うな重

ホテル(3,800円)へ帰ってバタンキュー!夜中は大雨だったようですがほとんど関係なし・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/242-844b02cc