2月6,7日
山形蔵王へ行ってきました。いわずと知れた樹氷で有名なスキー場です。十数年前?に会社のメンバーといったことがあります。
高萩から高速を使って3時間半、夜行バスでやってくる家内を待って、ゆっくり出かけてもお昼前にはついてしまいます。近いです!
蔵王

初日は曇り空、麓はそれほど荒れ模様でもない。頂上の樹氷を見に行こうと思いロープウェイを乗り継いで山頂まで行くとガスで周りは見えないし、ものすごい風で吹き飛ばされそうになるし、やはり麓とは別世界です。だからこそ樹氷が見られるのでしょうが。
樹氷?

それでも今年は暖冬のせいか樹氷はかなり控えめのようです。積雪も少なく、木が完全に覆われている樹氷は頂上付近のみ。体感的にはものすごく寒いのですが、地球温暖化の影響も切実に実感されます。(写真は2日目のものです。初日は寒くて写真どころの話ではありませんでした。)
樹氷

2日目のゲレンデ、2月の蔵王にしては良い天気?雲間から日がさし霧氷が綺麗です。
蔵王

快適に圧雪され、人がまばらなゲレンデ。下手なスキーでも自由に滑ることができます。
蔵王

2日目のお昼過ぎ、食堂の窓から頂上の樹氷原がやっと綺麗に見えました。まさに純白の世界です。
蔵王樹氷原
もう少し人が多いかなと思っていましたが、ボーダー(若者)も少なく地元の中高年が主なお客のようで空いています。新幹線が通っていても東京からは遠いのでしょうか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/239-c269105c