2月1日(日)くもり

本当は生杉へ行く予定だったのですが、息子のスキーのため車が使えず京都の町をぶらり散歩。冷たい風がふき、肌寒い京都の町でした。比叡山もうっすらと白くなり、北山の奥は真っ白になっていました。

京福電車

もちろん蕎麦屋めぐりも目的のひとつです。京都は昔から蕎麦屋は多いようですが最近は新しい店もたくさんできています。
京都の奥宝ヶ池に近い一乗寺にある「蕎麦切 塩釜」へ行ってみました。出町柳から30分あまり歩き11:40頃についたのですが、すでに席待ち状態。和紙の灯りなどを使った和風のお店で、座敷1席とテーブル5席程度の小さなお店です。
家内は「鴨すきせいろ(\1,310)」、私は「二八せいろ(\750)」を注文。ここは味もさることながら量が多いことでも有名のようです。たしかに出てきたせいろ並盛りは他店なら大盛り以上の量です。これで\750はお値打ちです。蕎麦の香りはありますが味は特段の物ではなく、普通?かなと思います。
丼物とのセットも人気メニューのようで若い女性が丼と大盛りせいろ(ほんとに山盛りです)を平気で食べているのにはびっくりしました。
鴨すきせいろ

できれば蕎麦屋をもう一軒・・・と思っていましたが、満腹でその気にはなりません。さらに30分ほど歩き白河通り、知り合いのSさんがやっている喫茶店「東西南北」へ。
東西南北
喫茶店の前まで来ると知り合いのAさんが・・・。彼女もたまたま食事に来たようですがバッタリです。
店へ入ってもSさんのお人柄か、嗜好の合いそうな人が多く横の席の人とおしゃべりになったりして家族的な雰囲気のお店です。
無農薬などこだわりの食材を厳選した食事もおいしそうです。

岡崎神社
帰りはさらに京阪三条まで歩きましたが、途中で岡崎神社に寄り道。
5時間ほどの京都ぶらり散歩でした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/238-34054bad