1月25日(日)

最近は試行的にいろんな高速道路の割引が実施されているようです。

「深夜割引」は以前から知っていました。0時から4時までの間に入るか出るかすると5割引になります。そのために3時起きで4時までには高萩ICを通過する必要があります。時間だけでしたら5:30出発でも全く問題ないのですが・・・。(\3,650 → \1,850)

「休日昼間割引」、土日祝日の9:00-17:00の間に100km以内の距離を通過する(100kmを越えると全区間通常料金)と5割引。1日2回まで割引可能。(\3,250 → \900+\900)

そのため温泉はパスして2時半には高速へ、距離を区切るため途中の小野ICでいったん降りてすぐに乗り返します。中には何枚ものETCカードを使い分け長距離区間を半額で利用する猛者もいらっしゃるようです。(厳密には違法行為ですが)

あわせて\3,250の節約、以前は帰りの半分を高速利用、残りを下道利用で節約したりしていました。
もちろんおにぎりやお茶も持参で食事代も節約します。

今日(1/27)の新聞には景気対策としての高速道路割引案が載っていました。「休日は1,000円で乗り放題・・・」など。実現するのでしょうか?
そういえば昔「費用償還が済んだ高速は無料化すべき。」との議論もあったような。こちらを実現していただいた方が良いのでは・・・。

温泉はパスしましたが蕎麦は猪苗代のそば屋をちゃんと探索。
今日は「いわはし館」へ行ってみました。そば粉の加工・保存施設が併設されており、蕎麦による町おこし施設(財団法人猪苗代振興公社)のようです。地元のおじちゃん・おばちゃん(結構若い人)が中心で働いています。店も広く、農産物などの直売所もあります。
いちはし館

ここでは焼き味噌と大根おろしのたれで食べる高遠風蕎麦が名物らしいのですが、先日の卵蕎麦の経験もありやはり蕎麦は「もり蕎麦が基本(\700)」です。
蕎麦はコシもありまずくはないのですが、なにか均一で個性がないような感じが・・・。もしかして機械打ち?とも思いましたが暖簾には手打ちと書いてあります。共同運営で複数の方が打つために個性がなくなるのでしょうか。
「手打ちでないと蕎麦はうまくない。」などというつもりはありません。機械打ちでもおいしいものはおいしいです。但し手打ち(個人営業)の場合は良くも悪くも個性が出ます。そのあたりがそば屋めぐりの楽しみなのでしょうか。
もりそば
いちはし館
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/237-0d21d830