11月30日(日)
初すべりは早々に切り上げ蕎麦屋めぐりに・・・。
まずは女将さんが高萩の居酒屋のマスターの同級生という「まるひ」。民家の納屋を改装したような店舗です。マスターに場所を教えてもらったのですがなかなか分からずかなりうろちょろしました。
中は座敷が1部屋のみで15~16人も座ればいっぱいになりそうなこじんまりしたお店です。観光シーズンはかなり込み合うようですがこの時期は地元の常連さんが顔を見せる程度でゆっくり食事ができます。
まるひ
メニューは天盛り(\1,000)と天盛りとろろ(\1,100)の2種類のみのようです。席に座ると小鉢にたっぷり白菜の漬物が出てきます。これだけでもご飯が2,3杯は食べられそうです。車でなければゆっくりと酒でも・・・。
蕎麦は少し太めですが新そばの香りも強く、なかなかおいしい蕎麦です。厨房は息子さんらしい若い人が一人で切り盛りしています。接客が女将さんでしょうか。
てんぷらはいらないのですがセットしかないので仕方ないです。
まるひ・天盛り

次はこの近所で「まるひ」と並ぶ有名店「おおほり」へ。こちらも古民家を活用したお店です。そば粉や製粉はもちろんてんぷら用の菜種油まで自家製でまかなっているそうです。
客も結構入っており、一人ではいると相席になりました。
おおほり
ここでもてんぷらが人気のようでほとんどの人が天盛りを注文しています。中でも特上天盛り(\1,780)は店の名物のようです。普通の天盛りの3,4倍はあろうかというてんぷらの量には圧倒されます。これを一人で平らげる人もいますがどちらが主役なのか・・・。
私は2軒目ということもあり、盛り蕎麦(\680)を注文。細めの蕎麦で喉越しもよくおいしい蕎麦です。量も結構あります。ここも常連さんが多いように感じました。特に一人で来る中高年男性が結構いました。
おおほり・盛り蕎麦
茨城のそば屋は「入ってがっかりする。」パターンが多いのですが、福島のそば屋はあまりはずれがないようです。

往きは高速を使いますが帰りは節約のため4時間ほどかけて下道を帰ります。途中の天栄村(すごくいい名前で気に入っています。)にある村営の天栄温泉に寄道。
天栄温泉
日曜日というのにほとんど客はいません。温室のようなお風呂で外の景色は見えるのですが、4,5人も入ればいっぱいになりそうな浴槽です。カランも2箇所しかなく、混雑時には大変そうです。最も泉質の関係で石鹸の泡が立たないようですが。
天栄温泉
これで立ち寄り700円は少し高いかな・・・。村民はいくらか安いのでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/228-e23c9755