10月12日(日)曇りのち晴れ
4:30起床、車の外気温度計は3℃となっています。まだまだ風が吹いて寒い!
暗いうちから沼山休憩所へ向かうシャトルバスや登山者(ハイカー?)が慌しく動いています。
車の中でパンとスープの朝食を済まし、明るくなりかけた5:40に出発。登山道へ入っても紅葉は今ひとつ、昨夜からの風で落ちてしまったのでしょうか。
振り返ると雲の晴れ間から駐車場付近紅葉真っ盛りの森が望めます。
紅葉の山
1時間ほど歩くと広沢田代という池塘へ着きます。夏のシーズンであればワタスゲやキンコウカが楽しめるところです。
このあたりでは「草紅葉」という言葉があるようです。樹木の紅葉に加え、湿原などの草地が茶色くなっている様を「草紅葉」というようです。
広沢田代 草紅葉
もうしばらく登ると新たに熊沢田代という湿原が現れます。ここまで来ると昨夜の寒気の影響で草や樹木に氷がついています。靄がかかったような霧の中で幻想的な風景です。
熊沢田代
さらに登り続け8時頃になると霧も晴れ、ダケカンバの霧氷が見られました。天気はどうかなと心配していましたが昨夜からの寒気のおかげですばらしい贈り物です。
霧氷
チリが払われた真っ青な空と純白の霧氷。
霧氷
紅葉と霧氷をミックスした景色、なかなか見ることができない風景です。
霧氷と紅葉
登山道から東側、帝釈山地?方面を望む。
東側の山稜
尾瀬の最高峰「燧ケ岳」の2つのピークの一つ「俎ぐら(2,346m)」(ぐらは漢字変換できません)。ハイ松のトンネルをくぐって頂上へ登ります。駐車場から4.5km、3時間ほどで着きました。
燧ケ岳・俎グラ
こちらは霧氷に覆われた最高峰「柴安ぐら(2,356m)」です。
燧ケ岳・柴安グラ
山は紅葉には少し遅かったようですが、思いがけずすばらしい景色に出会うことができました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/217-4efd5d49