この時期見る事が出来る花は少ないだろうと思っていましたが、意外にたくさんの花に出会いました。林道沿い、樹林帯、尾根筋など林相や標高により変わる花の種類が印象的です。
サラシナショウマ?
サラシナショウマ
     トリカブト
     トリカブト
          ???
          20080913三本槍岳 015
               イワオトギリ
               イワオトギリ
                      アキノキリンソウ
エゾリンドウ(オヤマリンドウ?)尾根筋の登山道沿いにはリンドウやウメバチソウ、ハクサンフウロなどがお花畑状態で咲いていました。
     エゾリンドウ
ウメバチソウ
ウメバチソウ
     ハクサンフウロ
     ハクサンフウロ
          ???
          20080913三本槍岳 063
               ウツボグサ
               ウツボグサ
                    ツリフネソウ
                    ツリフネソウ
山の後はいつもの通り「そば」と「温泉」へ。
まず「そば」は登山口から国道沿いまで出る間にある「ばんない」というお店に寄りました。途中で野菜などの直売所があったので枝豆1袋を買い情報をもらいました。地元の老夫婦が自宅を使ってやっている蕎麦屋です。12時前に入ると先客が1組(3人)、タイミングはよかったようです。私の後に次々と3組の客が入り満席になりました。固定客も結構あるようです。
ばんない
お品書きはざるそば(\700)とざるそば大盛り(\1,000)のみ、大盛りを注文します。税込みできっちりは得したような気がします。
ざるそば大盛り

この店の特徴はざるそばにてんぷらが付くこと(もちろん並でも付きますよ)。町のそば屋のように洒落たてんぷらではありませんが地元の野菜を使い、具がたっぷりのてんぷらです。そばも素朴な味でまずまず、量も充分にあり、これでこの値段は驚きです。
夫婦2人でやっており、てんぷらの分接客が追いつかないのは致し方ないですね。常連の客は自分でお茶をつぎ、台所まで注文を伝えに行っていました。

このあたりではそばの栽培もかなりやられているようです。林道沿いの荒れた畑地や区画整理された田んぼでも白いそばの花が普通に見られます。
20080913三本槍岳 086

今日の温泉は天栄村・岩瀬湯本温泉「湯の口屋」。国道118号線沿いの小さな温泉町で旅館も数軒のみですが、古くからの温泉地のようです。「湯の口屋」大きな茅葺屋根で内部も雰囲気のよい旅館です。但し3連休なのに客の気配はせず温泉(\500)も貸切だったのは少し気になります。
個人的には熱めのお風呂は苦手ですが、雰囲気もありなかなか良い温泉だと思います。
岩瀬湯本温泉
岩瀬湯本温泉湯の口屋

旅館の前には新しい共同浴場があるのですが、ここは純粋に地元のための浴場で「地区外の人は利用禁止」となっていました。
ところで「天栄村」は福島県南部の小さな村です。いくつかの温泉と自然以外は何もないようなところですが、住んでいるだけでも幸せになれるような良い名前です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/211-f5f8c7ce