大阪は土曜日から断続的な雨模様。夜中には雷を伴い激しく降っていました。日曜日になると少しは回復するかなと期待していたのですが・・・。
朝4時半に目が覚めると雨は止んでいます。「大丈夫かな」と思いながら生杉へ向かいます。琵琶湖付近では青空が覗いているのも見られました。
ところが花折峠を越えると・・・。やはり・・・、生杉へ着く頃には小雨模様。畑に着いたら本降りです。

2時半生杉から帰る頃も雨は降っていましたが、針畑川を下るにつれ雨は止んでいきます。国道へ出て花折峠を越えると晴れています。京都からわずか1時間ちょっと、生杉の天気は特異です。

雨の生杉

今日は一部耕して大根の種でもまこうかと思っていたのですがこの雨では無理!
雨でもできるのは草刈くらい。8時頃から昼過ぎまでかかって(途中美代次さん宅への挨拶をはさみ)、何とか綺麗に刈りあげました。電柵周りは宮内さんが刈ってくださっていたので大助かりでした。お盆を過ぎると雑草の勢いも少しは衰えるのではと期待しているのですが。

8月10日に宮本さんが播いて下さった「そば」もこのお湿りで順調に芽が出ています。すでに5cmくらいでしょうか。種の密度もちょうど良いのでは。雑草もあまりはびこっていないのでこのまま育てば10月の収穫が楽しみです。
そば

気温が低めのせいか、今年は生育の悪かった「コンニャク」も何とか葉が茂ってきています。こちらも冬の「コンニャク作り」が楽しみです。
コンニャク

こちらは今年初めて植えた「落花生」。やっと土の中に落花し始めていますが、植えたのも遅かったため気温が下がり始める時期に果たして実がつくのか心配です。
落花生

一方、こちらは小玉スイカ。鹿の食害は電柵でほぼ完璧に防げますが、カラスの仕業には無防備です。今年はたくさんの実がつき、草で隠したりネットをかぶせたりしたにもかかわらず、半分以上はごらんのようにカラスのえさに差し上げた次第です。来年は本格的に対策を考えないと。今日も5,6羽のカラスが電線の上から笑いながら(?)見ていました。
カラスの仕業(えさ?)

雨で喜んでいるのはカエルでしょうか。見事に咲いたユリの上で気持ちよさそうです。
花の上で休憩

前回は「猛暑」で途中ダウン、今月は雨・・・と月一の生杉通いもなかなか大変です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/206-d777d67e