2008.06.24 総会・・・
6月22日(日)
年に一度の「杣の会」総会です。最近は生杉でやることが多かったのですが、今回は京都市内の喫茶店(ギャラリー)「東西南北」でした。
この喫茶店はメンバーの一人Sさんが経営するお店で最近開店したばかりです。オーナーは14年にわたって「不登校・引きこもり・知的障害などに悩む青少年や家族」の活動にかかわり、その一環として自ら高島市椋川で自然農法などに取り組んでいます。この喫茶店も活動の情報発信や交流の場としてオープンされたもののようです
また食材も安心・安全でかつおいしいものばかりを使っているだけでなく、店で使う食器や道具も手作りのものを使用するなどこだわりのお店です。
また椋川で栽培した酒米・山田錦で空気中の天然酵母と水だけで昔ながらの山廃純米吟醸酒『椋川』を作っており、お店で味わうこともできます。
東西南北

総会の議事は
 ・会の活動活性化
 ・経済的な問題
 ・小屋の整理整頓
などあまり面白くない話が中心ですのでおいておきます。

総会が終わり、懇親会に移るといろんな楽しい話が飛び出します。
「現役の新聞社員」「大学教授」「自然食品を生業としている人」「大ベテランの庭師」「自然食品にこだわりサラリーマンをやめた人」「学生時代はヘルメットをかぶっていた・・・」「水を極めたいと生杉へ移り住んだ35歳の若者」など実に多彩で個性的ななメンバーばかりです。最後にはメンバーではありませんが「京滋近辺で映画館のプロデュースをやっている方」まで入り、盛り上がります。私のような極普通のサラリーマンは逆に珍しい存在のようです。
総会の準備

今日はその多彩なメンバーの一人、Kさんの出版披露を兼ねています。Kさんは元京都新聞論説委員。専門は渓流釣りと野遊び、蕎麦?
定年後、自分の趣味や遊びなどをエッセイ風にまとめたりしていくつかの本を出されています。今回は野遊びの中で経験されたおいしい「道草料理」を紹介した本です。「道草」とは山菜よりも身近に手に入るその辺の雑草のことを意味します。その中でも本人一番のお勧めは「フキの葉柄の砂糖菓子」とのこと。一度お試しください。
Kさんの著書
道草いただきまーす

話は尽きませんが、夜行バスで茨城へ移動しなければなりません。中座して京都駅へ・・・。
茨城からのおのぼりさんとしては「京都タワー」の写真を1枚・・・。
京都タワー

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/197-01a48802