12月15日(土)
京都では晴天でしたが生杉に着く頃には曇り空。天気予報でも「弱い冬型のため、北部は雨模様」とのことでした。

途中の山が白く輝いているのを見て、小入峠の付近の雪景色を見に行くことにしました。小入谷の集落を過ぎると少しずつ雪景色に変わってきます。
もちろん、雪の積もった林道を上がってくるような物好きはいないため雪景色を一人占めです。まっさらの雪道をタイヤの跡を付けながら走るのは、若干の緊張感もあり気分がよいものです。

おそらく早朝は青空が広がっていたのではないかと思われます。あと1,2時間早ければもっと素晴らしい景色が見られたと思います。
紅葉が終わり、年末年始を待つだけのこの時期針畑郷を訪れる人は極めて少なくなります。麓も山も静かな風景です。
小入林道から百里ケ岳方面

小入峠付近で約15cm程の積雪です。雪はしまり気味で快適に走れます。
小入峠付近

峠のお地蔵さんも訪れる人もなく、寒そうです。
小入峠

峠の北側を見ると、冷たい風が吹きつけるため「純白の霧氷」状態で見事です。
遠く日本海の島も見ることができます。視界が良いと白山も見えるそうですが・・・。
小入

今日はたまたま林道を上がることができましたが、これから本格的な雪の季節が始まると林道へは入れませんのでご注意ください。(平)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/155-fb2f4310