12月15日(土)曇り時々雪
年末年始は大阪へは帰らない予定なので、畑の終いと年賀状準備の為帰りました。
夜行バスで京都駅に着き、そのまま家内が乗ってきた車で生杉へ。

京都あたりでは良く晴れていたのですが、針畑郷では雲が出てきました。花折峠を過ぎると、昨夜の雨で道(R367)が凍っていたようでスリップと思われる事故が2件。下り坂となっており、車の少ない早朝は皆70~80km/hで飛ばすところです。おそらくノーマルタイヤで飛ばしていたのでしょう。1件は木戸口へ下る橋のところで軽自動車が対向車線に完全に横転していました。幸い運転手は無事のようでしたが・・・。
うちの車はすでにタイヤ交換を済ませていたので問題なかったのですが、用心、用心・・・。

針畑郷では前日は雪だったようです。麓で積もるほどの気温ではないようですが、山の高いところでは白く雪化粧して輝いています。
小川よりイチゴ谷山方面

畑から眺める芦生方面も白くなっていますが、風がないためさほど寒くは感じません。
畑から芦生方面

畑の作物は先日大方片付けていたので、残っているネギや辛味大根を抜きます。
その後、電柵の電線を巻き取っていきます。ポールは除雪の邪魔になる道際の分だけ片付けました。
昨年は秋に植えたラッキョウを片付けた後鹿に食べられたので、不織布をかぶせその上から蕎麦藁を乗せておきました。先日の沢庵ダイコンの件もあるので油断はできませんが。
これでいつ雪が降っても大丈夫です。
冬じまいを終えた畑

小入谷奥の茅葺民家でも冬支度がされていました。普通は廻りに板を張って雪囲いとするのですが、刈り取った吹き替え用の茅を雪囲いとして周りに立てかけてあります。ほっとする景色ですが、維持管理が大変な為針畑郷でも茅葺の家は少なくなりトタンをかぶせた家がほとんどです。
小入谷の茅葺民家

昼頃には作業が終わったので、帰りにはてんくう温泉に寄り温まって帰りました。てんくう温泉から蛇谷ケ岳方面を眺めると変わった雲が・・・。
てんくう温泉から
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/154-650696f2