12月2日(日)晴れ
11月30日から大阪へ帰っていましたので、生杉へ行ってきました。
早いもので今年も12月になってしまいました。あっという間に新しい年がやってきます。

今年の生杉は雪は早かったのですが、その後は暖かい日が続いており厳しい冷え込みはないようです。杣の会の作業小屋はすでに雪囲い作業が済んでいます。ほかの家でも少しずつ冬支度が進んでいるようです。
12月に入ると何度か雪が降り、末ころには根雪となり永い雪の季節が始まります。

久しぶりの生杉です。
赴任して2ヶ月ほど、茨城の山間地や会津の磐梯山あたりなど結構うろうろしています。それぞれいいところがありますが、針畑郷へ帰ってくると改めて針畑のすばらしさを実感します。(唯一鹿に荒らされまくっているのが気がかりですが。)
美代次さんご夫妻にもお会いしましたが相変わらずお元気そうです。

古屋での朝靄の風景。
朝靄

抜けるような青空、我が家の畑から芦生方面。
芦生方面

住人がいない家では柿の実も取る人がいないため沢山ついています。熊が来なければ良いのですが・・・。
畑の方も冬支度です。大根やカブ、にんじんなど残っている野菜を片付けていきます。電柵も片付けようかと思っていたのですが、まだ雪は降りそうにないし少し野菜も残っているのでそのままにしました。
柿木

ところで、家内が作業小屋の炭釜のところに干していたたくあん大根十数本がすべて鹿にやられました。昨年も同じところに干し、大丈夫だったのですが油断していました。せっかくの大根が・・・。特に家内の怒りは尋常ではありません・・・!!
茅原

紅葉もほとんど終わっていますが、樹によってはまだ綺麗な樹もあります。
紅葉

今日も京都駅で車を降り、新幹線で茨城へ向かいます。(平)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/152-a9d77bba