11月24日(土)快晴のち曇り
今日は常磐道から磐越道を使って、磐梯山・会津若松方面へ。朝はかなり冷え込みました。高萩でも1℃、磐越道の標高の高いところでは温度計がー5℃を示していました。なかなか車が温まりません。
磐越道はいわきから新潟まで東北地方南部を横断する道路です。東北道と郡山で交差するのですが、ここを過ぎ東北道の東側に抜けると一気に雪国となります。高速のSAから眺める磐梯山もすでに雪景色でした。
磐梯山

まず朝一番に会津地方でも人気の観光スポットである「大内宿」へ向かいます。茅葺の家が立ち並び、昔の風情をのこしている宿場町として有名です。こちらでも雪の風景を見ることができました。10~20cmの積雪でしょうか。
確かに雰囲気は悪くないのですが、朝早くから沢山の観光客・・・。街道沿いには土産物屋がずらり、地元のおばちゃんたちの店は漬物や味噌、山菜、工芸品など定番商品。ところが所々若い娘さんたちが切り盛りしているお店もあります。ここはほかの店とは商品が少し違います。このあたりでも町の資本が入ってきているのかな・・・と思いました。
雪の大内宿

1時間ほど散策して帰るころには駐車場へ入る車の行列ができています。やはり朝一番に来て良かったと思いながら5kmほど離れた湯野上温泉へ。まだ11時、小さな民宿で風呂に入れてもらいます。露天風呂もありもちろん貸切です。
だいぶ気温も上がってきたので、ぬるめのお湯と太陽の光で気持ちよくゆっくりと入りました。
お風呂から上がり、駅前のホテルで「手打ち蕎麦」を。家内は「腰があっておいしい。」といっていましたが、つなぎが多目なのに切れており固め、どうも昨日打った蕎麦かな・・・という雰囲気です。いつ客が来るかわからない状況なので仕方ないかも。確かに「手打ち」には違いないようだし。
湯野上温泉

会津若松市へ戻り、鶴ケ城を見学。有料の天守閣には登っていません。
会津若松・鶴ケ城

次に猪苗代湖方面へ。湖畔にある野口英世記念館に入りました。野口英世は福島の偉人です。もちろん日本の偉人もありますが、やはり地元の思い入れは違うようですね。
野口英世記念館

そろそろいい時間ですので今日の宿へ。安達太良山のふもとにある中ノ沢温泉の花見屋という旅館です。それほど有名な温泉ではありませんが泉質の良さでは評判の温泉のようです。見た目は透明ですが、呑むと酸っぱく炭酸のようなお湯です。胃腸に良いそうです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/150-c38cb420