今日も暑い1日となりそうなので早起きして4時出発。
またまた針畑郷は霧の中、先日よりも濃い・・・。
朝の涼しい時間は大事ですが、誘惑に勝てず林道をあがります。

秋の雲海とは違い、上空は晴れていませんでした。南から湿った空気が入り込んでいる為、朝の冷え込みで雲海となったのでしょう。
なんといってもこの素晴らしい風景を独り占めしているのは最高の気分です。(誰にも会いません、鹿もいません。)
雲海

急いで下り、生杉の風景を。
茅葺民家と朝靄と青空・・・、なかなかいい雰囲気ですね。
朝靄の生杉

靄の中に森のシルエットが浮かび上がる様子も幻想的です。
朝靄の生杉

ところで8月に入り、暑い夏がやってきてからナラ枯れが目立つようになって来ました。小入峠への林道脇にもたくさん見られます。
林道脇のナラ枯れ

生杉でも周りの山を見渡すと容易に枯れた木が見つかります。昨年もあったのですが、かなり増えているようです。
芦生の研究林まで広がっているという話や、ブナへの影響もでているとの話も聞きます。
カシノナガキクイムシという虫が原因なのですが、今のところ手のうちようがないのが現状です。
鹿の食害といい、ナラ枯れといい、森は瀕死の状態にあります。
生杉のナラ枯れ

7月の異常低温と日照不足で生育が悪かった畑もやっと「野菜畑」らしくなってきました。トマトの赤い実が沢山つき、キュウリも数日で大きくなってしまいます。
収穫

カボチャ1個と小玉スイカ(初物)も収穫できました。スイカ、おいしかったです。(平)
収穫

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/135-dccfe136