どういうわけか先週に引き続き、今シーズン2回目のスキーです。きっかけがあると、何回も行くようになるんですね。
場所は昨夜泊まった敦賀の市内からわずかに30分の「今庄365」、このあたりの人は思いついたらすぐにスキーに行けます。
結構冷えこんだようですが、朝から青空が広がっています。
リフトが動き出す8時から滑り始めたのですが、最初の2,3本はガチガチの雪面でした。
IMG_7180.jpg

朽木スキー場とは違い、最長1200mを超えるクワッドリフトをはじめとして4本のリフトがあります。狭い部分もありますが、長いコースも楽しめる少し本格的なスキー場です。大阪近辺からも3時間かからず来れるので、関西のナンバーがほとんどでした。
上部から東の方向に見えるのは福井/岐阜県境の山のようです。残念ながら白山の姿は見えませんでした。
IMG_7182.jpg

天気も良く、リフトもすいているのですが、10時を過ぎると雪も腐り、足の踏ん張りも効かないようになってきました。本日も怪我をしないうちに11時には終了です。先週と違い10本は滑ったので上出来ですかね。
スキーの後は食事、今庄はそば処で有名なのでもちろん蕎麦屋へ。スキー場から15分くらいの「そばの里」です。
IMG_7183_20170305212933272.jpg

お客さんは少なく「どこでもどうぞ。」と言われ、大きな囲炉裏(時計薪ストーブが置いてありますが)の席へ。
お話し好きのおばちゃんが、お試し蕎麦掻の作り方など丁寧に教えてくれます。注文を聞くよりお話のほうに気持ちが言っているような・・・。都会のお店ではこんなわけには行きませんね。
IMG_7184.jpg

ここのそばは太打ちでした。おばちゃんの話では「この辺りではここだけ。社長のこだわりで、いくら言っても効かないんですよ・・・。」と。細打ちとは違いますが、腰もあり美味しく食べました。
「風と土の交藝・・・そば屋のおじちゃん」「敦賀のホテル、居酒屋五味」「今庄のそば屋のおばちゃん」などわずかに1泊2日ですが出かけるといろいろな出会いがあるものです。やはりたまには出かけないといけません。
IMG_7188.jpg

昼食後、高速を使って賞味2時間ほどで生杉へ帰りました。
すると近所の長老が梯子を3本つないでアクロバット?ではなくて上部トタンの塗装をやっているようです。大丈夫ですかね?下では奥さんが心配そうに見上げています。
IMG_7192_2017030521293783c.jpg

生杉はまだまだ105cmの積雪があります。
IMG_7196.jpg

畑の雪が解けるのは何時になるのでしょうか。
IMG_7205_20170305212942379.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://somanokai.blog65.fc2.com/tb.php/1206-9ffef385