結構冷え込んだようで霜が降りていました。木の枝も真っ白に。
曇り空のうっとおしい天気でしたが、気温は低めで肌寒い。
IMG_7477.jpg

先日バンドソーで欅を切ったときに着いたヤニ?を手作業で少しずつ落としていきます。
IMG_7478.jpg

切った板の方は自動鉋で厚み調整。41mmまで削りました。きれいな欅の木目が現れてきます。
IMG_7480.jpg

帰るころには雨になってきました。
今年は除雪作業によるガードレールの破損が目立ちます。特に国道梅ノ木から桑原の間で。
IMG_7482.jpg

本当にひどい状況です。
IMG_7483.jpg

道路状況を把握していない人に変わったからでしょうかね。それにしても・・・。
カーブミラーもあちこちで傾いたり、川に落ちたりしてすごいことになっています。(一部はポールの根元が錆びているのもあったようですが)
IMG_7485.jpg
スポンサーサイト
金曜日の夜、生杉で1℃、積もるほどではないですが、着いた時には雪が舞っていました。
土曜日の朝、いい天気なのでデジカメ散歩を。積雪はまだまだ80cm程度あります。
IMG_7450.jpg

真冬の新雪の時の雪景色も素晴らしいですが、春の雪解け時の風景もそれなりに・・・。
IMG_7456.jpg

今日は10時から生杉区の年度末惣集会。
今年度の活動報告と来年度に向けて、住民数や自治体からの補助金等が減る中で、どうやって活動を維持していくか・・・、が課題です。

集会の後、帰る途中で除雪機談義をやってました。最近は農機具メーカーの物よりホンダの除雪機の性能が良いそうです。但し、値段はそれなり・・・、バイクも儲からないようですしね。除雪機も大きいの小さいのそれぞれ得手不得手があるようです。
IMG_7462.jpg

夕方、奥の林道の様子を見に行ってみました。
IMG_7464.jpg

ブナ原生林の付近の東屋、トイレ付近。道路脇はまだまだかなりの積雪です。
IMG_7466.jpg

ところどころ、倒木が邪魔していたり、脇の雪が崩れたりしています。
IMG_7469.jpg

何時崩れてもおかしくないような崖もあり、ちょっと注意が必要です。降雨時などは行かないほうが良いかもしれませんね。
IMG_7471.jpg
2017.03.20 黄砂?
朝から青空が広がって良い天気なのですが、ちょっと靄がかかったような感じ。そろそろ黄砂の季節ですかね。
IMG_7416.jpg

天気に誘われて、朝からデジカメ散歩。
IMG_7429.jpg

長老が小屋の前の除雪をやっています。そろそろ動き出す準備でしょうか。
IMG_7433.jpg

IMG_7434.jpg

欅テーブルの板厚を調整しようとバンドソーで挽いてみたのですが、うまく切れずかなり波打っていました。
IMG_7438.jpg

刃もかなり鈍っているのかもしれませんが、欅は刃の部分に脂が絡まって切れにくくなることもあるようです。どうしたもんでしょう。
IMG_7440.jpg

先日は長老が老体に鞭打って屋根のペンキ塗りをやっていましたが、この連休はそのお向かいさんも。ご注意願います。
IMG_7443.jpg
3連休でしたが、夕方京都駅から茨城への出張に。駅の周辺は観光客などで大変な混雑、551(蓬莱)には長蛇の列が・・・。
2017.03.19 自転車で散歩
家の周りはまだまだ軒先に届きそうな雪です。
IMG_7348.jpg

昼頃には日差しも出て暖かくなってきたので、自転車でブラブラ散歩に出かけました。
中国製の折り畳み自転車を2台買っているのですが(国産は高くてとても無理)、片方の自転車は空気がすぐに抜けてしまいます。足踏みの空気入れで入れようとしてもなかなか入りません。コンプレッサーで圧力をかけるとすぐに入るのですが。やはり中国製は品質にばらつきがありますね。
IMG_7389.jpg

日差しが当たると若干春の雰囲気も感じますが、この辺りでは土手の桜が咲くのは4月の下旬くらいです。
IMG_7362.jpg

古屋地区の集落。
IMG_7363.jpg

湿地帯のところはすでに雪が解けています。
IMG_7368.jpg

歩きと違って自転車は行動範囲が広がるのでまた違った景色を見ることが出来ます。
IMG_7381.jpg

今シーズンは大雪のおかげで古い小屋がつぶれている光景をあちこちで見かけます。
このアングルではよくわかりませせんが、右の小屋は奥の屋根が完全につぶれています。
IMG_7384_20170323200916d09.jpg

南桑原まで片道7kmほどのサイクリング、帰りは山帰来でコーヒータイムして帰りました。
IMG_7395.jpg
久々の三連休、夜着いたときは星空が広がっていたのですが、朝起きるとどんより曇り空。時々小雨も。
中牧のTさんが、散歩を兼ねて鹿の見回りに・・・。(毎日歩いている様子)
この冬、針畑筋では200頭余りの害獣が捕獲されたそうです。お孫さんも猟をやっていますが、鹿の場合2万円/頭ほどの補助金が出るようなので結構な収入になるとのこと。

連休初日は市場でイベントが2件あるので、おにぎりを持ってお昼前に山を下ります。
丸八百貨店では「第6回トチノキ発表会」、巨木と水源の里をも守る会の活動報告と熊谷道夫氏の講演「琵琶湖は呼吸する。」琵琶湖環境科学研究センターで嘉田前知事などと一緒に仕事されていたようです。こちらは13時から家内が出席。
IMG_7332.jpg


一方やまびこ館大ホールでは「しこぶちフォーラム」、安曇川流域では昔から川の神様として「しこぶち神」が祀られてきました。
「しこぶち」には思子淵、志子淵、志古渕など様々な漢字が当てられていますが、神社が15社、神社跡が2社、講が2つあるそうです。昔、流域で行われていた筏流しなどの安全を祈願したものと言われています。
古くからの山村文化を見直し、過疎化が急速に進行する朽木地域の活性化につなげていけないかとの趣旨のようです。
滋賀県のブランディングディレクターを務める服部滋樹氏の基調講演と「しこぶち神」に関わる4人の方々のパネルディスカッション。安曇川流域の山村文化をしるきっかけにはなりました。
IMG_7331.jpg

生杉は今週も15-20cmの積雪があったようで、いまだに100cmを超す積雪です。車で30分の国道沿いにはもうほとんど雪はないのですが。
IMG_7336_2017032320050139f.jpg

帰ってから薪の搬入など。あらかじめ家の周囲に準備して置いた薪はこれで終了です。4月初めまでの分くらいでしょうか。あとはガレージ周りの薪を使わないといけません。
昨シーズン使った薪は1.1tくらいでしたが、今シーズンは1.5tくらいになりそうです。
昨年2株植えた畑わさびを、今年はたくさん植えようと10株購入してきました。
IMG_7337.jpg

しかし、まだまだ雪がたくさんあり、植えられないのでプランターに仮植えしておきます。
IMG_7341_2017032320050431f.jpg
2017.03.12 快晴の青空
7時頃目覚めると快晴の青空が広がっていました。我が家の庭で100cmを超える積雪。
IMG_7297.jpg

北側はまだまだこんな状態です。
IMG_7304.jpg

お客さんに手伝ってもらい、ガレージの前を除雪しました。外には出しませんでしたがバイクのエンジンを始動します。セローの方はなかなかかからなかったので充電後始動しました。来週位からはそろそろ乗ってあげましょうかね。
IMG_7300.jpg

そこそこ冷え込んでおり、ツボ足で雪面に乗っても足が埋まるようなことはありません。
IMG_7305.jpg

この時ばかりはスノーシュー無しでも、あちこち快適に雪原散歩が出来ます。
IMG_7311_2017031218491114f.jpg

雪かきの後は小入谷まで散歩、軽トラがすっぽり埋まっています。
IMG_7318.jpg

大谷神社にも寄り道、参拝できるようにきちんと雪かきしてあります。これは除雪機でしょう。
IMG_7322.jpg

本殿前の屋根雪の切通を通って参拝できるようになっています。
IMG_7323.jpg

散歩の帰りに空を見上げると、方向転換している飛行機雲。珍しい!
IMG_7326.jpg

山を見上げるとすっかり春の装い。よく見ると木々にも新芽が着いています。
IMG_7329_2017031218491867d.jpg
今週は「雪遊びを・・・」とのお客さんお二人、金曜日の夜に京都駅で待ち合わせして生杉入りです。生杉では雪が降っていました。
朝起きると5-10cmほどの新雪、午前中は時々雪も舞っていました。
IMG_7243_20170312184656fa0.jpg

雪が舞う中メインのイベント、スノーシューを付け4人で登り始めます。朝のうちは雪も締まって快適な登行です。
沈むのは新雪分くらい。
IMG_7252.jpg

広い斜面を登っていきます。
IMG_7260_201703121846598c6.jpg

皆さん余裕の表情ですね。
IMG_7268_201703121847007c5.jpg

1時間余り登って標高680mほどで休憩タイム、風もなく快適です。
下りは長靴にスノーシューだとバンドで締めた足先が痛くなります。やはり登山靴が良いようです。
IMG_7279.jpg

最後の斜面、上部から雪が玉になって落ちてきています。大丈夫とは思いますが、急いで下ります。
IMG_7287.jpg

適度な運動をして、昼間から持って来て頂いたお造りとビールで乾杯・・・。
いい気分になり、「昼寝でも・・・」と行きたいところですが、夜に備えて我慢してもう少し散歩してもらいました。
IMG_7289.jpg

夜は夜で、牡丹鍋と地元の上原酒造・不老泉で楽しく過ごしました。
IMG_7291.jpg
2017.03.05 -6℃
昨日に引き続き快晴の夜明けです。
IMG_7216_2017030521322714b.jpg

放射冷却で冷え込み気温は-6℃、車は真っ白です。
IMG_7217_20170305213228782.jpg

窓ガラスには氷の結晶が。
IMG_7221_201703052132302d2.jpg

バックミラーにも霜柱。
IMG_7225.jpg

朝の雪面はキラキラ輝いていました。
IMG_7237_201703052132365e2.jpg

昼間は気温も上がり、結構暖かい天気になりました。
屋根から落ちた雪もかなり解け、こんな状態に。
IMG_7226_2017030521323305e.jpg

土曜日いなかったので、日曜日だけだとバタバタしている内にすぐに夕方になってしまします。
どういうわけか先週に引き続き、今シーズン2回目のスキーです。きっかけがあると、何回も行くようになるんですね。
場所は昨夜泊まった敦賀の市内からわずかに30分の「今庄365」、このあたりの人は思いついたらすぐにスキーに行けます。
結構冷えこんだようですが、朝から青空が広がっています。
リフトが動き出す8時から滑り始めたのですが、最初の2,3本はガチガチの雪面でした。
IMG_7180.jpg

朽木スキー場とは違い、最長1200mを超えるクワッドリフトをはじめとして4本のリフトがあります。狭い部分もありますが、長いコースも楽しめる少し本格的なスキー場です。大阪近辺からも3時間かからず来れるので、関西のナンバーがほとんどでした。
上部から東の方向に見えるのは福井/岐阜県境の山のようです。残念ながら白山の姿は見えませんでした。
IMG_7182.jpg

天気も良く、リフトもすいているのですが、10時を過ぎると雪も腐り、足の踏ん張りも効かないようになってきました。本日も怪我をしないうちに11時には終了です。先週と違い10本は滑ったので上出来ですかね。
スキーの後は食事、今庄はそば処で有名なのでもちろん蕎麦屋へ。スキー場から15分くらいの「そばの里」です。
IMG_7183_20170305212933272.jpg

お客さんは少なく「どこでもどうぞ。」と言われ、大きな囲炉裏(時計薪ストーブが置いてありますが)の席へ。
お話し好きのおばちゃんが、お試し蕎麦掻の作り方など丁寧に教えてくれます。注文を聞くよりお話のほうに気持ちが言っているような・・・。都会のお店ではこんなわけには行きませんね。
IMG_7184.jpg

ここのそばは太打ちでした。おばちゃんの話では「この辺りではここだけ。社長のこだわりで、いくら言っても効かないんですよ・・・。」と。細打ちとは違いますが、腰もあり美味しく食べました。
「風と土の交藝・・・そば屋のおじちゃん」「敦賀のホテル、居酒屋五味」「今庄のそば屋のおばちゃん」などわずかに1泊2日ですが出かけるといろいろな出会いがあるものです。やはりたまには出かけないといけません。
IMG_7188.jpg

昼食後、高速を使って賞味2時間ほどで生杉へ帰りました。
すると近所の長老が梯子を3本つないでアクロバット?ではなくて上部トタンの塗装をやっているようです。大丈夫ですかね?下では奥さんが心配そうに見上げています。
IMG_7192_2017030521293783c.jpg

生杉はまだまだ105cmの積雪があります。
IMG_7196.jpg

畑の雪が解けるのは何時になるのでしょうか。
IMG_7205_20170305212942379.jpg
金曜日ですが会社を休み、普段なかなかできない高島めぐりを。丁度「風と土の交藝」と言う個人の工房などを巡るスタンプラリーのようなものをやっていました。

IMG_7239.jpg


朝一に観光物産プラザで「風と土の交藝」のチケット(1,000円/人)を購入、ツアーへ行く前にまずは「上原酒造」へ。メジャーな酒蔵ではないですが、通の人には人気の高島の酒蔵です。
はじめての訪問、なんだか表は普通の民家のような感じですが、中に入るとタイムスリップしたような古い酒蔵そのものです。
IMG_7143_20170305204234af3.jpg

日本酒好きの息子の分も含めて3本(4合瓶です)購入、右上の赤いラベル(参年熟成)がお勧めのようです。
IMG_7145.jpg

そのまま湖岸に出て写真撮影など、今日は結構風が強く荒れています。
IMG_7152.jpg

焼き物の工房に寄り、案の定家内の衝動買いにつき合わされ・・・、次は小浜方面の県境近く天曽川へ。標高はありませんが、針畑川のような雰囲気の良い川沿いに集落があります。
IMG_7154_20170305204238491.jpg

川(釣り)が好きで移り住んだというご主人のそばを頂きます。古民家を自分で修復してお店をやっているとのこと、話好きのおじさんでした。
IMG_7155.jpg

ザゼンソウの時期なので途中で少し寄り道、まだ咲き始めでした。
IMG_7161.jpg

「巨木を守る会」で中心的に活動されている方も登録されていました。マキノの古民家をうまくリフォームして機能的な住居にされています。
IMG_7162_201703052042434bc.jpg

青空も出てきました。せっかくマキノまで来たので「さらさの湯」へ入ってから、もうひとつパンフレットの表紙になっている木工房を訪問。なんと我が家の長男と同い年だそうです。
IMG_7167_20170305204244546.jpg

本日はそのまま敦賀へ行き、「ビジネスホテル泊、魚の旨い居酒屋で一杯・・・」です。ホテルはめちゃくちゃ安く、ツインで5,700円ですが500ポイントあったので実質5,200円でした。
フロントで紹介してもらった居酒屋さんへ5時半には入り、開店直後で一番乗り。
双子の兄弟でやっているお店ですが、接客も丁寧で気さくに話してくれます。期待通り美味しい地魚が売りの店でした。
人気店なのでしばらくすると一杯になっていました。わかりやすいイラスト入りのメニューもお兄ちゃんの手作りだそうです。
IMG_7172.jpg

まずはバイ貝の刺身、なかなか手に入らないメスで肝も調理してくれます。大変おいしいです。
IMG_7173.jpg

そのほかにもアコウハタ、ホウボウの刺身を注文。いずれも新鮮です。
IMG_7174.jpg

地元で上がったハタハタのから揚げ、ニシンすしなども頂き、最後は雑炊で締めました。
お値段も良心的で大満足!これなら安いホテルに泊まって敦賀まで時々飲みに来ようかなと思いました。
IMG_7177_20170305204250f4d.jpg