今年は閏年で2月が1日多いとは言え、2月のうちに春の準備をしなくてはいけないなど思っても見ませんでした。
今日は高気圧に覆われ良い天気に・・・との予報。朝のうちは霧がかかっていましたが、次第に晴れてきました。予報通り、上空は青空が広がっています。
IMG_2051.jpg

まずはカタクリの様子を見に。谷筋なので雪も残っているのではと思っていましたが、意外と日当たりが良いようで雪は全くありませんでした。さすがにまだ芽は出ていなかったので何とか間に合いました。
IMG_2053.jpg

鹿に食べられないように寒冷紗を張って行きます。
IMG_2055_2016022821521634a.jpg

その後、家の庭周りのネットを補修し、良い天気に誘われ今年の初乗りです。近所をほんの30分(15km)ほど乗って見ました。久しぶりなので少し緊張気味ですが、2月の生杉でバイクを乗り回しているとは考えられません。
例年なら道路わきは雪の壁になり、日陰の場所では路面に雪が残り凍っている状態です。
IMG_2062.jpg

IMG_2058.jpg

我が家の畑もこの土日ですっかり溶けてきました。新芽が出てくる前に鹿除け柵をやらなくてはいけません。
IMG_2066_2016022821523487d.jpg

午後から道路側に電柵用のポールを3m間隔位に立てて行きます。来週電線張りや電源の設置と丸太杭でのネット張りをやるつもりです。例年なら4月半ば以降の仕事なのですが・・・。いったいどうなっているのでしょうか。
IMG_2071.jpg
スポンサーサイト
今週は月曜から金曜まで出張、出町柳で落ち合い生杉へ。9時過ぎには着きました。
もう雪はなくなっているのでは・・・と思っていましたが、一応まだ残っていました。積雪10-20cmほどでしょうか。
IMG_2031.jpg

昨夜着いた頃には雪がちらほらと舞っていました。積もるような雪ではなく、土曜日の朝屋根にもうっすらと・・・ですね。
天気の予想を聞いていても、これから本格的に積もるような雪にはなりそうにないですね。
IMG_2030.jpg

先週作った棚をセットしました。V字に開く桟に棚板を渡しただけですが、組み立てや移動が簡単で大変便利です。
陶器を作っておられる方の展示会用の棚を真似させて頂きました。イベントなどの簡易テーブルなどにも応用できそうです。
IMG_2038_201602282147492fb.jpg

暖かいのでバイクのエンジンをかけて見ました。大きい方は昨秋の車検時にバッテリーを交換していることもあり、2台とも問題なく始動できました。
IMG_2040.jpg

バイクに乗りたいのを抑えて、畑の雪が解けてしまいそうなので、春の準備をしなくてはいけません。今年は庭と同じように畑の半分は丸太杭にネットを張ろうかと考えています。半割丸太に防腐剤を2回塗りました。
IMG_2041.jpg

雪がなくなるとフキノトウがやられるのでとりあえずネットをかけて保護しておきます。すでに畑の中には鹿の糞がたくさんありましたよ。
IMG_2043_20160228214811c47.jpg

地面が出ている所にはすでにフキノトウが、少しだけ頂きました。
IMG_2044_20160228214813b80.jpg
2016.02.21 いろいろと
夜中にも屋根を叩く雨音が聞こえていました。結局、昨日の朝からの雨量は30mmを超えています。
朝には雨もやみ晴れ間が出たりしていました。
もう少しで畑の土が出てきそうです。
IMG_1998.jpg

屋根雪はけっこうたまっていますが、道端の雪の嵩が正味です。
IMG_2004.jpg

廻りの樹木も春の準備をしているようです。
IMG_1993.jpg

靴ベラつくりも毎週少しずつやっています。
IMG_2011.jpg

先週から作っている棚組を組んでみました。
IMG_2017.jpg

登山靴の手入れなども。今年はスノーシューを履く機会がないので殆ど出番がありません。夏はバイク用のブーツになります。
IMG_2018.jpg

今週は早めに帰ろうかと思っていると、近所の長老Nさんから声がかかり、「鯉が来るから取りに来い。」とのこと。小入谷のYさん宅で飼っていたのが死んでしまったそうです。3枚におろして半分ほど頂き、枚方へ持ち帰りました。
IMG_2021_201602212108206c9.jpg
金曜日は大学の同級生7人で飲み会。関西在住の人を中心に、年に数回集まって呑んでいます。
あらかじめ、土曜日朝移動にしていたのですが、少々呑みすぎました。二日酔い気味での移動になりました。(運転は家内)
ゆっくりついでに「大原の里の駅」に寄り道して野菜を買い込んでいきます。もうすでに春の野菜がたくさん出ていました。

生杉へ着くとどんより雨模様。結局、終日結構な雨が降っていました。30-40cm以上あった雪もかなり減ったようです。
IMG_1978.jpg

雨なので家内はストーブの前に陣取って本読み、パッチワークなど。
IMG_1980.jpg

こんにゃくを作ったり。手抜きの工夫をして、かなり楽に作れるようになってきました。
最近は団子も作っています。下味をつけてカレーに入れるとおいしいです。
IMG_1984.jpg

我が家の薪ストーブ、ネスターマーチンは前面のところから灰が落ちてきます。
設置してもらった輸入代理店で灰が落ちないような治具を作って販売していると聞き、購入して2,3週間前に付けて見ました。(下部についている丸い穴の開いたバー)
確かに落ちる灰の量は少なくなったのですが、なんか燃え方がおかしい?このストーブは上の方からガラス面を経由して、暖められた空気が入って来るしかけになっているのですが、そこに灰除けのバーをつけたもので、空気の流れが少しおかしくなったようです。
IMG_1988.jpg

底に熾きがたまりやすく、ガラス面の底部にも煤が付いています。きちんと燃えていない証拠ですね。来週は外すことにしましょう。灰が落ちやすいのは諦めて、掃除をまめにするしかなさそうです。
IMG_1986.jpg
土曜日の夕方から本格的に降り始めた雨、0時頃が一番降っていた(10mm/hrほど)ようですが、朝までの雨量は50mm近くになっていました。冬の雨にしては大雨です。
全国的にも低気圧の影響で大荒れの天気でした。
IMG_1953.jpg

10時頃に外へ出るとなんと気温は16℃、生暖かい南風が吹いていました。2月半ばの生杉で考えられない気温です。
さすがに朝は薪ストーブを焚きましたが、日中は全く必要ありません。
我が家の前の田んぼも雨水がたまり、雪が融けかかっています。
IMG_1961.jpg

雪解け水と相まって、川は豪雨並の水量です。
IMG_1964.jpg

我が家の庭も一気に融け、土が見えてきました。
IMG_1971.jpg

畑も夕方にはこんな状態に。
天気も景気も、世の中どうなっていくのでしょう。
IMG_1972.jpg

今日の作業、材料取りとホゾ加工。
IMG_1973.jpg

組立はわりと単純なのでそれほど時間はかかりません。これで1/4位でしょうか。
IMG_1974.jpg
2月の半ばでこの景色、本来なら一番雪の多い時期なのですが。
少し降っても、雨が降ったり、気温が高かったりですぐに融けてしまいます。明け方にはかなりの雨音が聞こえていました。
生杉でももう雪がなくなりそうです。
IMG_1939_2016021420564305e.jpg

茅(かや)が倒れずに冬が明けてしまうなど考えられないことです。
IMG_1944.jpg

午前中は蜂蜜の小詰め、綿ズボンの裾上げ加工など。
午後から山帰来までコーヒータイムの後、竹の靴ベラ加工。昨年やりかけてそのままになっていたので1,2時間ほどやりました。
サンダー加工で細かい粉が舞うのでマスクはもちろん、集塵口をそばにセット。こうすればかなりましです。
IMG_1945.jpg

夜はアオリイカの刺身とこんにゃくステーキで一杯。
今年はこんにゃく芋が結構取れたので、こんにゃく料理のレパートリーも増やしてどんどん消費しなくてはいけません。
あらかじめ表面に切り目を入れて下味をつけておくことがポイントのようです。
ニンニクを入れた油で少し炒め、タレ(醤油、めんつゆ、みりん、蜂蜜など)を漬けてさらに焼きます。
出来上がったら、適当な大きさに切り、おろし大根をかけて頂きます。
下味をつけているのでこんにゃくと思えないほどおいしいです。(少々呑みすぎました。)
IMG_1946.jpg
2月11日祝日、長男家の孫に会いに行って来ました。
次男家は横浜ですが、長男家は車で1時間もかからないので、その気になればいつでも行けます。
生まれて80日ほど、ご対面も年末以来です。(家内は会っていますが。)
生育も順調なようで丸々と太っています。
IMG_1929.jpg

目が覚めると結構ご機嫌で、泣くことも少なく笑顔で応えてくれます。
IMG_1926.jpg

人見知りもなく、我々が抱っこしても嫌がりません。
さすがにお母さんは良くわかるようで、話しかけると反応が違います。
IMG_1935_20160214203808e53.jpg

約2時間半遊んでもらい、失礼しました。
次に会うときはどんなお出迎えをしてくれるのでしょうかね?
昨日から「冬型に・・・」と言っていたのですが、やっと明け方から降り出したようです。
8時前に起きだすと20cm位の新雪、気温は-3℃です。午前中は降っていましたが、陽が上がると雪嵩が増すようなことはありませんでした。
IMG_1880.jpg

薪ストーブでは前日作ったこんにゃくの調理など。貴重な熱を有効に使います。
IMG_1884.jpg

積雪も大したことないので、除雪車の出動もゆっくり目、奥へ行く林道には何台かのタイヤ跡がありました。
IMG_1890_201602072029427f9.jpg

時々陽が差して明るい風景に。
IMG_1895.jpg

山帰来までコーヒータイムの散歩に行く途中、カメラを構えた団体さんと出会いました。皆さん私よりは年上のように思いますが、元気です。
IMG_1903.jpg

例年に比べ雪は格段に少ないですが、新雪のおかげで一応雪国の景色です。
IMG_1917.jpg

午後からは気温も上がり、お向かいさんの屋根の雪も落ちてしまいました。
IMG_1918.jpg

ついに枚方でも100円を切りました。もう遠い昔のような気がしますが、何時以来なのでしょうか。
IMG_1920_20160207203135647.jpg
「朝からてっちり」の贅沢な朝食。
他にもおかずはたくさんあるので、卵や海苔など残しても問題なさそうなものは残させて頂きました。
IMG_1860.jpg

お宿は阿納の「下亟(しもじょう)」という民宿です。平日ということもあり、夫婦で4組のお客さんでした。機会があればまた来たいと思います。
朝食後一服して、いつもの小浜のお魚センターで新鮮なイカ(まだ透き通っていました)やクロムツの醤油漬けなど買い出し。
IMG_1861.jpg

スーパーでも少し買い出しして生杉へ帰ります。
途中も雪が少なくほとんど解けかかっています。
IMG_1863.jpg

我が家の周りで20cm程度の積雪でした。
IMG_1868.jpg

まずは買い出し品を先日購入した真空パックで処理し、冷凍保存へ。
IMG_1873.jpg

夜は買い出しのイカやエビと冷凍庫に眠っていたイワナを出して、パエリアに挑戦しました。じっくりと火が通るスキレットとは合うようです。初めての挑戦にしては味もまずまずでしょうかね。
今回はガスで調理し最後の蒸らしのみ薪ストーブを使いましたが、次は炊くところも薪ストーブを使って見たいと思います。
IMG_1874.jpg
今日は金曜日ですが、仕事を休んで若狭へ。いつもと違い、名神から湖西道路へ。時間はたっぷりあるので、真野ICで下りてR161経由で北へ向かいます。曇り空でしたが、琵琶湖の湖面はキラキラと輝いていました。
IMG_1819.jpg

途中で昼食をとり、安曇川の道の駅にも寄り道。R161から小浜方面R303へ左折すると、すぐに「ザゼン草」の看板があり、ここも寄り道です。
今年は暖冬気味とはいえ、まだ少し早かったようです。
IMG_1823.jpg

ボランティアらしき人が言ってましたが、この時期葉っぱが一緒に出ることはないそうです。
IMG_1824.jpg

福井県に入り、熊川宿にも立ち寄り。
以前にも歩いたことはあるのですが、冬場の平日でもありほとんど人影がありません。
IMG_1832.jpg

まるで無人の映画セットのようです。
IMG_1839.jpg

一応土産物など出しているお店も数軒ありました。
IMG_1840.jpg

中にはこんな崩れかかった家も。隣の家は大変な迷惑だと思いますが、連絡が取れなかったりですかね。
IMG_1841.jpg

若狭湾の阿納という集落、この辺りは養殖フグの一大産地とのこと。フグ三昧で有名な民宿にやってきました。
IMG_1846.jpg

まずはヒラメの姿造り、イカ、甘エビの舟盛り。
IMG_1848.jpg

厚めのてっさもたっぷりと。てっさも舟盛りもこれで2人前です。
IMG_1850.jpg

芋焼酎のお湯割りもなんとジョッキで出て来て400円はお安いです。
IMG_1851.jpg

宿の名物焼きフグ、プリプリの身がたっぷりとついて食べ応えがあります。ほかにも茶わん蒸しや、フグ皮、フグのから揚げ、蟹、牡蠣、鯛の塩焼きなど本当に食べきれないほど。
もちろんてっちりも用意されていたのですが、とても食べれそうになかったのでまるまる朝食に回してもらいました。
IMG_1854.jpg

普段日本酒はあまり飲まないのですが、ひれ酒も注ぎ酒をお替りして2杯頂きました。この薫りはたまりませんね。
お腹一杯食べて、飲んで、8時頃には夢の中。朝までぐっすりで、満足でした。
IMG_1859.jpg