今日はNPO作業小屋の雪囲い作業です。
会とは直接関係はないのですが、毎年雪囲い作業を手伝って頂いているMさんの奥様とお友達、ありがとうございました。
IMG3_0921.jpg

人数も多く、省力化できるよう工夫した成果もあり、1時間ちょっとの作業で南北両面と玄関前のネットをキッチリ張り終えました。
これでいつ雪が降っても大丈夫です。
IMG3_0922.jpg

作業の後は我が家へ移動し、恒例のなめこ汁&蕎麦の昼食会。
なめこ汁を食べながら、台所ではMさんがそば打ちを。
IMG3_0926.jpg

初めてのお客さんにもそば切り体験をやって頂きました。
IMG3_0927.jpg
締めには準備して来て頂いたぜんざいと栃餅を御馳走になりました。

我が家の雪囲いも昨日の南側に引き続き朝のうちにやったので、ほぼ9割がたは終了です。後はもう少し薪を運び込んで残りのネットを張ったら冬籠りの準備完了です。
今年は暖かいのであまり実感がわきませんが・・・、雪深い生杉ではこれをやっておかないと大変なことになります。
昨年のブログを見ると、大体同じようなタイミングでやってますね。
IMG3_0929.jpg
スポンサーサイト
2015.11.28 冬籠りの準備
朝、綺麗な青空が広がっていました。確か「曇り時々雨」の予報だったと思うのですが、一日中青空というわけにはいきませんでしたが、雨が降ることはなく風もなかったので良い作業日和になりました。
IMG3_0900.jpg

まずは先週塩漬けしておいた赤カブを甘酢漬けにしました。収穫時期が遅くなりカブが少々固くなっています。
IMG3_0905.jpg

こちらも先週ピックル液に漬けこんでおいた鹿肉を金曜日の夜から塩抜きし、燻製の準備をします。
IMG3_0906.jpg

午後燻製が終わってから雪囲いの設置作業です。まずは南側から。
IMG3_0909.jpg

いろいろあり取りかかりが遅くなったので、南側を張り終えるころにはすっかり暗くなってしまいました。最近のカメラは性能が良いので暗くても明るく映してくれますが、実際にはヘッドランプを点けて作業していました。
IMG3_0911.jpg

夜は鹿の燻製で一杯・・・、上が脚の肉、下が背肉です。少し色合いが違いますが、温度のかかり方にムラがあるのでしょうか?
少し塩抜きが足りなかったようですが、味はおいしいです。
IMG3_0914.jpg

薪ストーブシーズンの定番となったスペアリブです。安い肉だったので脂身がおおいようです。少し弱火でじっくりと焼きました。
IMG3_0913.jpg
三連休も最終日、「最終日は全国的に雨・・・」の予報でしたが、起きてみると曇り空。そのうちに日も射してきました。
IMG_0877.jpg

今年は暖かい日が続いているのでなんか実感がわきませんが、例年通りこの連休でスタッドレスタイヤ交換です。
毎年やっていることなのですが、今年は後輪のタイヤのナットが固くなっておりなかなか緩みません。二人が刈りでハンマーでたたいたりと何とかはずしはしましたが、タイヤ周りに不具合がなければよいのですが・・・。
(結局、先日オイル交換&点検に出した自動車屋さんで締めすぎていたようです。プロなのに・・・?)

山帰来でコーヒータイムの後、午後からはまず鹿肉燻製の準備。先日の鹿肉燻製の出来が良かったので再度やって見ます。
背肉を4つと脚肉が1つ、すべて今年捌いたものです。
IMG_0880.jpg

半解凍し筋を取った肉をピックル液に2,3日漬けておきます。塩抜きする必要があるので、このまま枚方へ持ち帰ります。
IMG_0881.jpg

今日はもう一度孫の顔を見に行くので早めに退散ですが、帰る前にバタバタと1時間ほど雪囲いの準備も。支柱のセットと横管用のロープをセットしました。ロープに少し工夫したので、今年は設置作業もだいぶ楽になると思います。
IMG_0885.jpg

三連休、雨も降らず、すべてとは言いませんが、作業がかなり捗りました。
季節外れのスミレが咲いていました。暖かいからでしょうかね。
IMG_0884.jpg
久々の味噌仕込、大豆が3kg味噌にして12kgになります。枚方でクーラーボックスに入れ水に浸した大豆をそのまま生杉に運んできました。寸胴鍋と大きめの平鍋でほぼ満杯状態、あらかじめ水に浸しているので、これ以上嵩が増えることはないのですが、弱火でトコトコ3時間半ほど煮ました。(朝5時に起きて、家内が寝てる間に・・・)
IMG_0824.jpg

軟らかくなった大豆を餅つき機でつぶします。
IMG_0832.jpg

1分も回すとこんな具合に綺麗につぶれます。手作業に比べるとめちゃくちゃ楽ですが、餅つき機が小さいので何度も何度もやらなくてはいけないのが少々難点です。
IMG_0833.jpg

つぶした大豆は桶の中で塩切り麹と合わせます。煮汁を少しずつ加え、堅さを調整しながら手で均一に混ぜて、ビニール袋の空気を抜いて重しを置いて半年ほど寝かせます。
IMG_0830.jpg

昨日脱穀したそばの実はガレージで広げて乾燥です。計ってみると7.2kgほどありました。
IMG_0834.jpg

こんな感じです。
IMG_0837.jpg

次はこちらも長い間放置していた廃材の整理をしました。
板や細かい角材は焚き付け用に加工します。
IMG_0848.jpg

大きめの角材は薪割り機で4-6等分にして中割り薪にします。結構な量の薪になりました
全部とはいきませんが、かなり片付き、すっきりしました。
IMG_0864.jpg

畑の地主さんところの柿木です。地主さんが落としたところを少し分けて頂きました。干し柿にでもしましょうかね。
IMG_0851.jpg

こちらは我が家の前の山水人の田んぼ、遅めの脱穀がやっと終了し、藁の切りくずを燃やしています。
IMG_0868.jpg

暖かくて雨も降らないので、いろいろと作業がはかどりました。
日暮前、青空も広がり、月がはっきりと見えていました。明日の天気は?
IMG_0875.jpg
2015.11.21 そばの脱穀
今週は金曜日夜孫の顔を見に行ったこともあり、土曜日朝の移動でした。枚方での朝の様子、天気の下り坂を予感させるような空でした。
IMG3_0773.jpg

車検を済ませたバイクも生杉へ移動です。今朝もこの時期にしては異常なくらい暖かで、バイクに乗るのも全く苦になりませんでしたよ。
IMG3_0778.jpg

10月25日に刈り取ったそばですが、その後雨の週末が続いたり、来客続きだったりではさにかけたままでした。今週後半は雨が降っていないので、脱穀をしました。量が少ないので器具は使わず、手でしごいて脱穀します。結構大変な作業です。
IMG3_0780.jpg

午後から畑の地主Nさんとシイタケのホダ木を切りに行きました。冬の前のこの時期に切り、雪が解けた春に菌駒を打ちます。
写真では細かい枝のように見えますが、直径20cm前後の木を3,4本切りました。傾斜が急で崖もあり、足場が悪く危険な状況での作業でした。無理は禁物です。
IMG3_0787.jpg

近所を散歩、銀杏の黄色が鮮やかです。
IMG3_0791.jpg

近所の沢の流れ
IMG3_0802.jpg

枯れ木に生えたなめこ、高くて届きませんね。
IMG3_0792.jpg
こちらはヒラタケでしょうか。ちょっとかじっても何ともなかったので、クリタケと一緒にカレーに入れて見ました。全然大丈夫でした。
IMG3_0813.jpg

ススキももう終わりです。ススキの原の向こうの我が家。
IMG3_0815.jpg

昼間しごいたそばを夕暮れ、ガレージの灯りの中、唐箕を使って選別します。風を送りながら軽いごみと重い実を選別するシステムですが、昔からの道具はなかなかの優れものですね。
IMG3_0823.jpg
11月20日早朝、2人目の孫が生まれました。初孫は二男夫婦のところで昨年8月でしたが、今回は長男夫婦のところです。
朝のうちに連絡がありましたが、仕事を早めに切り上げ、夕方豊中の病院を覗いてきました。

元気そうな男の子です。男系家系の我が家系ではなかなか女の子は授かりませんね。
IMG3_0757.jpg

ほとんど眠ったままですが、良く欠伸が出ます。ちょっぴり目も開いているようですが、まだ何も見えてはいないのでしょう。
IMG3_0759.jpg

指も時々動かします。
IMG3_0771.jpg

こちらは23日夕方再訪したときの写真です。顔のむくみも取れてすっきりした顔になっています。髪も散髪に連れて行きたいくらい伸びていますね。
IMG3_0888.jpg

最近の産婦人科は出産のお祝いということで豪華なディナーコースの食事が出るようです。息子から写真が送られてきてびっくり。
健やかに育ちますように!
日曜日も生杉は雨が降ったり止んだり、なかなか天気が回復しません。
そばの脱穀もやらなくてはいけないのですが。
IMG3_0716.jpg

止みそうにないので、雨の中見に行きました。先週小さくてとり残した分がこんなに大きくなっていました。
IMG3_0725.jpg

紅葉ももう終わりかけですが、まだまだ鮮やかな紅葉も残っていました。
IMG3_0734.jpg

冷凍庫に生地が2枚残っていたので、今週もお昼はピザです。
IMG3_0742.jpg

熾火は少し弱めでしたが、じっくりと焼くことができました。
IMG3_0743.jpg

今月はバイクの車検のためバイク屋へ持っていかなくてはいけません。夕方には上がるかなと思っていたのですが、一向に止む気配なし。諦めて合羽を着て移動開始、気温はさほど低くなかったので助かりました。
IMG3_0747.jpg

途中、坊村の明王院を覗いて見ましたが、来週の三連休頃が見ごろですかね。
IMG3_0749.jpg
やはり花折峠を越え大原まで来ると青空が広がっていました。

土曜日、会社の野暮用の予定でしたが、朝から雨が結構降っていたためキャンセルとしました。
今週も生杉へお客さんが2名、家内の職場関係のお嬢様方です。「野暮用が終わってから生杉へ・・・」と思っていましたが、キャンセルしたので朝から同行することに。
まずは小雨の中、大原の散策を。紅葉は今一つでしたね。
IMG3_0698.jpg

三千院は拝観料が必要なので、勝林院前などお金のかからないところをぶらぶらと30分ほど散策しました。天気のせいか人出も思ったほどではありません。
IMG3_0701.jpg

朽木方面へ向かいますが、昼時でおなかがすいたので梅ノ木を通り過ぎ「キッチン四季」へ。この辺り葛川沿いは強烈な南風が吹きぬけていました。
私は和風ハンバーグを、おいしかったです。お客さんも「四季」の料理に満足頂けたようです。
IMG3_0703.jpg

2時頃到着、生杉の柿の木、いっぱい実をつけて重そうです。
IMG3_0707.jpg

結局、生杉では終日雨が降っていました。
IMG3_0708.jpg

夕方、お客さんとこんにゃく作り体験を。
IMG3_0711.jpg

何とかうまいことできました。
IMG3_0712.jpg

早めに宴会モードへ。鹿の燻製・ロースト、アオリイカ、鹿・猪の焼き肉、出来立てのこんにゃくなど。若いお嬢様方ですが、アルコールも結構いける口のようです。ビール、焼酎、ワイン・・・など、賑やかに。
IMG3_0713.jpg


2015.11.08 ピザに挑戦
7時過ぎゆっくり目に起きて朝食を。昨夜の残りのなめこ汁と小浜の一夜干しです。
IMG3_0656.jpg

男性ばかりですが、ピザ焼きに挑戦してもらいます。
小麦粉にドライイーストや調味料などを混ぜて生地をこねます。
IMG3_0664.jpg

捏ねた生地をストーブの周りで30-40分くらい養生すると倍くらいに膨らんできます。これで30cm位の生地6枚分です。
IMG3_0666.jpg

そのまま焼くと生地の中まで火が通らないので、一度生地だけ白焼きしてから好みの具材を乗せて行きます。少し乗せすぎですね。
IMG3_0670.jpg

薪ストーブの中に入れると、5分くらいでおいしそうに焼けます。結構ボリュームがあるのですが、焼きながら7人で6枚を食べてしまいました。
IMG3_0672.jpg

我が家の玄関前の紅葉です。
IMG3_0690.jpg

お客さんがお昼ごろに帰り、雨も止んできたのでちょっと散歩に。
IMG3_0682.jpg

久しぶりの雨に沢蟹も出て来ていました。気温が低いので動きは鈍いです。触ってもゆっくりと怒りのポーズだけ。
IMG3_0686.jpg

ご近所の長老S.Nさん、土曜日のお昼は焼いた炭を出して、夜には車のライトを点けて再び火を入れていました。本当に頑張りますね。
IMG3_0680.jpg

本日の我が家のお客さんは会社の若い人たち6名。私の息子たちと同世代の人達がメインです。
お昼頃我が家へ到着、途中の紅葉は今一つだったとのことで、もう一度小入峠まで登りました。
峠についてびっくり!車やマイクロバスまで停まり、たくさんの人が、まるで観光地のような賑わい。
針畑も雲海・紅葉スポットとして結構有名になっているようですね。
IMG3_0625.jpg

稜線付近はすでに落葉していますが、谷筋はまだまだ色づいています。
IMG3_0564.jpg

峠付近から谷底の紅葉を望みます・・・。
IMG3_0566.jpg

標高が下がると、葉が多く残り量感があります。
IMG3_0580.jpg

紅葉の景色に満足して頂けたでしょうか。
さて紅葉狩りの後はお待ちかねのバーベキュー。バーベキューセットに鉄板を乗せて焼きます。直火ではないので焦げにくく、焼く場所で火力の調整ができるので大変便利です。
IMG3_0635.jpg

若い人が多いので、肉もどんどんなくなりますね。
IMG3_0634.jpg

なめこも見に行きましたが、今日も少しだけ。
IMG3_0600.jpg

ムキタケもありましたが、まだ小さいので残しました。
IMG3_0605.jpg

ちょっと休憩して、刺身などで再び夜の部宴会が続きます。



2015.11.07 紅葉真っ盛り
土曜日、残念ながら曇り空ですが、周りの山々も色づき、生杉集落の紅葉も綺麗になってきました。
今週末も我が家は来客。
IMG3_0448.jpg

2週連続で小浜への買い出しに。
さすがに雲海は出ていないのでそれほど人は多くはありませんが、紅葉狙いのカメラマンが結構いました。
IMG3_0462.jpg

雲海スポットから焼尾地蔵あたりの紅葉を望む。陽が差していたらもっと綺麗なのでは。
IMG3_0490.jpg

IMG3_0554.jpg

今週も小浜の市場は大賑わいでした。連休でもないのに・・・と思ったら、蟹が上がる時期になっていました。蟹のトロ箱がたくさん並んでいましたよ。(買ってはいませんが)
IMG3_0537.jpg

福岡からのお客さんを京都駅まで送って行く途中どこかに寄り道・・・と思いますが、大原あたりは秋の観光シーズンで人が多そうです。
結局、まずは葛川坊村の「明王院」に寄って見ました。ここの紅葉も大変きれいなのですが。
IMG3_0368.jpg

人も少ないですが、紅葉もまだまだこれからのようですね。
IMG3_0375.jpg

次は大原の奥にある「古知谷阿弥陀寺」、大原の里からは少し離れているので訪れる人もほとんどいません。
以前からお寺があるのは知っていましたが、立ち寄るのは初めてです。
道沿いの駐車場からすぐかなと思っていたのですが、急な山道を500mあまり歩かなくてはいけませんでした。
IMG3_0382.jpg

奥深い山中に石垣を積み重ねてお寺を作ってあります。元々修行のための隠れ家的なお寺のようです。
IMG3_0391.jpg

京都の天然記念物に指定されているカエデ、800年以上の樹齢と書いてあります。
IMG3_0396.jpg

狭い敷地に建つこじんまりとしたお寺ですが、雰囲気があります。
IMG3_0402.jpg

有栖川家と縁があるようで皇室も何度か訪れているようです。
IMG3_0418.jpg

なんとも変わった造りです。
IMG3_0431.jpg

お寺のあちこちに大文字草が咲いていました。
IMG3_0421.jpg
ゴルフ組3人も意外と早く到着し、夕方明るいうちから呑み始めました。
呑んだり、懐かしい昔のことを話したりと結局12時近くまで賑やかに・・・。

それでも朝5時半には起床、気温は2℃で天気はまずまずですが、霧は遠くに少しだけ。雲海はあまり期待できないようですが、一応上がって見ました。やはりほんの少しだけ、気持ち程度ですかね。このところ好天が続き、空気中の水分が少なくなっているようです。
IMG3_0251.jpg

小入峠から見る日の出。
IMG3_0272.jpg

やはり今年の紅葉の色づきは今一つのようですね。
IMG3_0291.jpg

IMG3_0293.jpg

我が家の前の山もかなり色づいてきました。台所の窓や玄関からこの景色が眺められるのは贅沢ですね。
IMG3_0311.jpg

お昼前にそば打ち体験を。皆さんにも少しずつやって頂きました。ちょっと水加減が多かったようですが、何とか四角になりました。
IMG3_0317.jpg

包丁の方も。
IMG3_0323.jpg


自己満足の世界だとは思いますが、やはりおいしいですね(と言ってくれました)。
そばを食べた後、楽しい同窓会も無事解散となりました。
IMG3_0325.jpg

帰り道、久多川合の紅葉です。
IMG3_0350.jpg

こちらは国道に出る前の奥山渓谷の紅葉、最近はなかなか明るい時間にこの辺りを通ることはないのですが。
IMG3_0360.jpg