今日は福岡からのお客さんも一緒なので、買い出しの後に小浜見物など。
定番ですが、まずは奈良・東大寺へのお水送りの寺として有名な「神宮寺」へ。静かでよい雰囲気です。ちなみに苔むしたこの石段は通行止めです。
IMG3_0193.jpg

まだ紅葉には少し早いようです。立派な桧皮葺の本堂です。
IMG3_0169.jpg

IMG3_0190.jpg

こちらは境内にある樹齢500年と言われる椎の巨木、胸の高さでも直径3m位はありそうです。
IMG3_0171.jpg

こちらも何度か訪れている「明通寺」、原発反対で有名な住職がいるお寺です。
IMG3_0198.jpg

「神宮寺」よりも本堂は大きく、桧皮葺の厚さも倍くらいあります。さすがは国宝指定ですね。2,3年前の葺き替えには2億円かかったそうです。お客さんがまとまったら、名物住職が本堂でお寺の説明をしてくれます。
IMG3_0211.jpg

このあと小浜からJR安曇川へ移動、2人目のお客様をピックアップして生杉へ向かいます。
昼食後、奥の生杉ブナ原生林へ散歩に。
IMG3_0217.jpg

紅葉のピークではありませんが、それなりに・・・ですかね。
IMG3_0220.jpg

IMG3_0229.jpg

先週刈り取ったそばも好天続きで良く乾燥しているようです。
IMG3_0235.jpg

今週もススキが綺麗です。
IMG3_0238.jpg
スポンサーサイト
この週末は学生時代の同級生が5人集まります。関西在住の方がほとんどですが、中には福岡から参加してくれる人も・・・。
金曜日の夜、京都駅で福岡からのお客さんをピックアップし生杉へ向かいます。
生杉の気温は7℃で肌寒い、当然今シーズン初の薪ストーブ火入れとなりました。厳寒の時期と違い、薪ストーブも部屋も割と早く暖まります。やはり炎を見るといいですね。
IMG3_0128.jpg

7時半過ぎに9月に復旧した林道越えで小浜へ買い出しに行きます。天気はあまりよくないので雲海にはなっていませんが、紅葉は綺麗です。
IMG3_0132.jpg

峠近くの標高の高いところはもう裸になっている木も見られます。
IMG3_0146.jpg

IMG3_0143.jpg

福井側の最奥の集落「上根来(カミネゴリ)」の様子。
IMG3_0152.jpg

人が住んでいる様子はなく、ほとんど廃屋集落状態です。
IMG3_0155.jpg

いつものように小浜の市場で買い出し。アオリイカのシーズンになったようでいっぱい並んでいました。もちろんGET、そのほか刺身や蛸、干物などたくさん購入。
IMG3_0158.jpg

買い物の後は、またいつものように市場内の食堂で朝食。今日は焼き魚定食。
ところで隣に座った中高年ライダー、常連さんのようで表で買った惣菜のパックを2つ、食事が来る前に食べ始めています。頼んだのは刺身がいっぱいの刺身定食、おまけにご飯はお替りしていましたよ。
ちなみに我が家のお客さんもお替りしていました・・・。
IMG3_0161.jpg
昨夜の懇親会では少々飲み過ぎたようで二日酔い気味です。それでも早めに起きて木工作業をやってから栃の木祭りへ。
昨夜の雨風で、テントの支柱が折れたり、シートが破れたりと夜中に大変だったようです。
幸い日中は雨にはなりませんでしたが、一日中冷たい風が吹き荒れ、物が飛ばされそうになったり・・・。
IMG3_0053.jpg

ご覧のように「山帰来」の屋台もテントシートなしでの営業です。
IMG3_0065.jpg

最初はそうでもなかったのですが、栃の木ツアーに出かけた人たちが帰ってきたら一気にうどんやカレー、栃餅ぜんざいなど売れだし、てんわやんやの状態になりました。ちょっと段取りが悪かったかなと反省です。
IMG3_0070.jpg

こちらは地元の方が栃餅を臼で搗いているところです。つきあがった餅は振る舞い餅として皆さんに配られます。上の写真はそれに並ぶ人の行列です。
IMG3_0077.jpg

チェンソーアートの実演もありました。定番の熊さんや梟ですが、なんと気に入った我が家の??さんがゲットしました。まあ本当はオークションのところ、結局競合者がいなかったので割と安く買えたのでしょうかね?ちなみに熊さんの方が我が家の玄関に座ることに・・・。
IMG3_0091.jpg

強風はありましたが、大盛況の栃の木祭りになりました。
こちらは「ヤマネ」山に住むネズミの仲間のようです。撤収中のテントに迷い込んでいたものですが、大変かわいいです。
IMG3_0095.jpg

片づけが終わり帰るころには、陽が傾きススキがとても綺麗でした。
IMG3_0103.jpg

IMG3_0105.jpg

IMG3_0111.jpg
今週の金曜日もそこそこ冷え込み、星空が輝いていました。
しかし、朝起きると霧にはなっていません。今日も雲海日和ではありませんでした。
IMG3_0005.jpg

そのうちに霧がかかってきましたが、このところ良い天気が続いているためか本格的な雲海にはならないようです。
IMG3_0009.jpg

陽が上がると霧が晴れ、我が家の前の山も赤く色づいてきています。
IMG3_0018.jpg

そばはすでに75日目になっており、もう刈り取っても良い状態ですが、明日の日曜日に刈りとりします。
IMG3_0021.jpg

今週末は「栃の木祭り」(巨木と水源の郷をまもる会)です。
山帰来がメイン会場になっており、朝から会場準備や前夜祭(地元の方との懇親会)の準備などに参加しました。
懇親会の様子。
IMG3_0031.jpg

中でも興味深かったのが、「朽木の栃の実を食べるのは誰だ?」というのを現地の記録映像で観察した結果を発表されたFさんのお話でした。
朽木の人は皆「最近は鹿が栃の実を食べるのでなかなか採れない!」と言われます。ところが東北などでは鹿が栃の実を食べるという報告はないそうです。(現実に食べていない)
結論から言うと犯人は2人。片方はなんとネズミ(主に赤ネズミ)でした。ネズミが巣やその近くに持ち帰って埋めているようです。一部は発芽するのですが、苗木になったところで再び掘り返して種の部分を食べていました。まさか意図しているわけではないのでしょうが、新芽を埋めた目印にして食べているとのこと。びっくりです!
IMG3_0041.jpg

もう一方の犯人はやはり鹿でした。本来は食べなかったのでしょうが、このあたりの山は鹿密度が高いため、食べるものがなくなり毒素を持つ栃の実も食べるようになったものと思われます。人間は手間暇かけてあく抜きなどやっていますが、鹿はそれを胃の中でやっているようです。歯を器用に使ってあの硬い渋皮を剝いて食べていました。
IMG3_0043.jpg

こちらは栃餅ですが、ただの栃餅ではありません。
普通に市販されている栃餅は栃の実/もち米の比が1/3もあれば栃が多いほうではないかと。昔は栃の実よりは米のほうが貴重品でしたので、おそらく比率は逆(栃の実が多い)だったのでは。
この栃餅は栃餅好きのスタッフが搗かれた栃の実/もち米=3/1の貴重な餅です。ここまで来るとかなりあくも残っている感じですが、大変おいしいです。
IMG3_0044.jpg

懇親会後、帰って寝るころには雨が降り出し、風も吹いていました。
先日はガレージに棚を設置しましたが、作業場なども整理しなくてはと思いながら、ついつい雑然と物を置いてしまいます。
IMG_3373.jpg

ちょっと改善を。作業場にマルチネットを設置し、洗濯ばさみをぶら下げて見ました。
本質的な片付けにはなっていないかもしれませんが、針金を張るよりは少しはすっきりとしましたかね。
IMG2_3374.jpg

こちらは洗面所、脱衣かご(兼洗濯物かご)をそのまま床面においていたので、あまり見栄えも良くなく、余り物の材料で台を作って見ました。
IMG_3495.jpg

上からかごがすっきり納まるように、柱は角材を対角線に割り、三角形の柱にしました。かごの下には足ふきマットなど置けるように。キャスターを付けて普段は洗面台の下に納まるようにしています。キャスターも衣装ケースについていたあまりものの流用です。時間ができたら塗装もしましょうかね。
IMG_3493.jpg

他にもいろいろとやりたいことはあるのですが、少しずつ・・・。
目覚めると良い天気です。東の方は薄い霧模様。残念ながら雲海日和にはならなかったようですね。
IMG_3434.jpg

谷筋を流れる霧が朝日を浴びて良い感じです。
IMG_3443.jpg

雲海は見られませんが、2年前から大雨で福井県側が通行止めとなっていた小入峠越えの林道が先日復旧しました。紅葉の状況確認も含めてバイク(タンデム)で出かけて見ることに。
IMG_3460.jpg

陽はすでに高く上がっていますが、雲一つない青空に視界もばっちりです。
写真ではわからないかもしれませんが比良山系の向こうに琵琶湖を挟んで鈴鹿山系も見えました。
IMG_3467.jpg

こちらは小入峠から北側の眺め、めったにお目にかかれない白山もうっすらと見えます。直線距離で120kmほどあるようです。
IMG_3470.jpg

峠から福井県側根来方面へ下ります。
改修されているとはいえ、未舗装の砂利道が多く、ほとんどガードレールもない道です。下りのタンデム走行はめちゃくちゃ神経を使います。やはりこういう道は軽快なセローが良いですね。
福井県側は滋賀県側より色づいているようです。
IMG_3475.jpg

IMG_3477.jpg

麓まで下りると遠敷の直売所や熊川の道の駅に立ち寄り、帰りは国道経由で快適に飛ばして生杉まで帰りました。道々すれ違うバイクも多く、75km程、3hrの快適ミニツーリングでした。
IMG_3485.jpg




朝のうちは曇り空でしたが、徐々に日も差してきました。
IMG2_3379.jpg

山水人の稲刈りも始まりました。これだけ人数がいるとあっという間ですね。2,3時間で終了していました。
IMG2_3385.jpg

そばも刈り頃になってきました。我が家も来週のそば刈に備えて準備をします。70日近くです。
IMG2_3386.jpg

こんな感じで実が着いています。
IMG2_3397.jpg

風になびくススキは秋の風景です。
IMG2_3388.jpg

IMG2_3403.jpg

1年ぶりにこんにゃく作りです。今年は大きな芋がたくさん取れたので、何度もできそうです。
IMG2_3429.jpg

分量が多すぎて、餅つき機に一度に入らず、一時はどうなるかと思いましたが何とかいいこんにゃくができました。
IMG2_3430.jpg
3連休最終日、天気予報は「朝のうちは晴れ」でしたのでバイクでちょっとだけお出かけ。夜明けにはもうすでに怪しい雲が出ていますが、いつもの針畑筋~梅ノ木~市場~生杉の周回コースです。60km弱くらいでしょうか。
IMG2_3330.jpg

久々にR367梅ノ木~市場間を通りました。夏の大雨で被害を受け交互通行になっています。
IMG2_3338.jpg

以前に大規模な崩壊が起こって復旧まで数年もかかったところの一部が崩れたようです。
IMG2_3339.jpg

新本陣の土手から比良山系の日の出を眺めます。
IMG2_3343.jpg

お腹が空いたので、朝市のお店で刈った炊き込みご飯(250円)と鴨南蛮うどん(500円)を頂きました。思ったよりうどんの量が多く、おなか一杯になりました。
IMG2_3347.jpg

帰ってからこんにゃくとさつま芋を少々収穫しました。なんだかユニークな、豚さんのお尻のようなさつま芋でした。
IMG2_3355.jpg

秋本番までは行っていないと思うのですが、ススキがたなびいて綺麗です。
IMG2_3366.jpg

IMG2_3368.jpg

昨日から材料の準備をしていたガレージの棚を組み立てました。
元の状態はこんな感じです。
IMG2_3351.jpg

およそ2m*2m*0.5mの棚で、出来上がりはこちら。
母屋の作業場から普段あまり使わないシートやネットなどを移動したいと考えています。
材料はすべて購入品ですが、HCでなるべく安い材料を選んだので見栄えは今一つ。棚板などは10枚束ねてありましたが内側の板はまだ未乾燥。乾燥したらどんな状態になるのか、少し心配です。(材料代6,000円ほど)
IMG2_3370.jpg
2015.10.11 栗の皮むき
朝から曇り空、気温はさほど低くはないのですが、風が少しあり肌寒い天気です。

山の木が少しだけ色づいてきました。もう秋です。
IMG2_3310.jpg

栗がたくさんあったので、栗剝きをしました。
これまでは包丁と手を使いやっていましたが、爪が痛くなったりしてやりたくない作業でした。
今回、栗剝き器を購入。慣れるまで少し大変ですが(家内がちょっと怪我を・・・)、しばらくやっていると要領がわかってきます。なかなかの優れものです。(替え刃も1枚付いています。)
IMG2_3328.jpg

剝いた栗は家内が渋皮煮に。
私はあまり好みではなく、どちらかというと栗ご飯のほうが・・・。夜は栗ご飯でした。
IMG2_3325.jpg

フジの実を採ってきて食べてみました。虫が入っているのも多いです。
IMG2_3322.jpg

フライパンで炒めて食べます。
まあ食べられますが、わざわざ食べたいと思うような味ではないですね。素朴な自然の味です。
IMG2_3323.jpg

庭の花、マリーゴールド
IMG2_3314.jpg

ダリア
IMG2_3317.jpg

IMG2_3318.jpg

IMG2_3319.jpg

午後からはガレージ棚の部材加工など。
金曜日20時半に生杉に着くと満天の星で気温は10℃、このまま冷えると雲海・・・の予感。
朝目覚めると雲海にはなっていませんでしたが、その代わりにこんな景色が!
三日月、木星、火星、金星が勢ぞろいです。
月の左上が木星、その少し上に火星、一番上の明るいのが金星らしいです。
IMG2_3258.jpg

早い時間には良い天気だったのですが・・・。
IMG2_3260.jpg

陽が差す頃には雲が広がってきました。夜中のうちからすでに次の空気が入ってきていたので雲海にならなかったのでしょうか。
IMG2_3272.jpg

朝から栃の木祭りに向けて蜂蜜の小詰めなど。
なめこを見に行ったのですが、収穫は無し。
IMG2_3288.jpg

そばの実が黒くなってきました。
IMG2_3291.jpg

沢山実が付いているように見えますが、殻だけで実が入っていないものもかなりあります。
IMG2_3292.jpg

明日、明後日と天気は今一つのようなので、こんにゃくを一部掘り出しました。結構大きい玉もあります。来週くらいはこんにゃく作りですかね?
IMG2_3296.jpg

畑の花、ヨメナ(ヨメナ飯にするため残しています)。
IMG2_3294.jpg

ミゾソバ
IMG2_3295.jpg

綺麗な夕焼けが見られました。
IMG2_3298.jpg
この週末は横浜の二男のところまで出かけてきました。
7月に新居へ引っ越ししたので・・・。と言いつつ孫の顔を見るのが一番の目的でしょうかね。
出発は土曜日朝5:45、京滋バイパスから新名神~伊勢湾岸道路へ、ナガシマスパーランドを見るころには日が上がってきました。素晴らしい青空が広がっています。
IMG_3121.jpg

新東名経由で横浜町田ICが11:00頃、11:30には旭区の二男宅に到着。渋滞もなく6時間かからずに着きました。
まずは駅前まで出て昼食を。横浜はやはり本格的な中華が多いのでしょうか。「酢豚」結構おいしかったです。
IMG_3142.jpg

8月に会ってから2か月ほどしか経っていないのですが、さらに活発に動くようになっています。
新聞紙を持たせると細かくちぎり、喜んでいます。
IMG_3132.jpg

表情にも自分の意思が出るようになっています。
IMG_3153.jpg

つかまり立ちはできるようになりましたが、まだまだ歩くことはできないのでハイハイであちこち移動です。以前のアパートはかなり狭かったようなので、広々した新居で動き回れるのでうれしいのでは。
IMG_3158.jpg

IMG_3175.jpg

物を組み立てたり、積んだりするのはまだまだですが、壊したり、ほおり投げたりすることが楽しいようです。
こういうのも少しずつ勉強していくのでしょうね。
IMG_3190.jpg

天真爛漫な笑顔には癒されます。
IMG_3191.jpg

ちゃんとジイジとも遊んでくれます。
IMG_3194.jpg

この椅子に座ると「ご飯」ということも理解して、「早く頂戴!」という顔ですね。
IMG_3208.jpg

食欲もあり、体重も順調に増えてきているようです。
IMG_3219.jpg

基本は手づかみで食べるのですが、指や口の周りに着いたご飯粒も器用に食べています。
IMG_3221.jpg

日曜日はお昼前に横浜を出ました。帰りも逆方向で時間も早いので渋滞はなし。
両日とも天気は良かったのですが、残念ながら富士山のところだけは雲がかかり見ることはできませんでした。
IMG_3249.jpg

その代わりというわけではありませんが、富士川SAでの昼食は富士山8合目ラーメンとライスのセット。
量が多く、「5合目ラーメン」で良かったかなと。
IMG_3248.jpg

帰りは昼食休憩があったので少し余分にかかりましたが、スムーズに6時間強で枚方まで帰ってきました。
IMG_3252.jpg

天気にも恵まれ、孫の笑顔に癒され、充実した週末となりました。次に会えるのは年末かな・・・。