午後から晴れ間も出てきました。雪面が輝いてまぶしいです。
IMG_4950.jpg

なめらかな雪面と日差しの陰影が大変きれいです。なんだか色気たっぷりの雪の景色ですね。
IMG_4953.jpg

屋根材のパターンが雪に写っています。
IMG_4958.jpg

我が家の状況はといえば、美しいとは言えない悲惨な状況。夕方になって緩んだ氷を砕いてやっとこの状態まで・・・。
IMG_4961.jpg

何とかつながった屋根雪を始末することができました。来週は暖かくなりそうなのでさらに雪が積もるようなことはないと思います。
終わったのは5時頃、日が長くなりました。もう帰る時間ですね・・・。
IMG_4965.jpg
スポンサーサイト
2014.02.23 蟻桟加工
蟻桟とはテーブルの天板などの裏側に反りを防ぐために埋め込むもの(桟)です。今回の板はもともと相当反って(ばかりかねじれまでも)いるのですが、これ以上反らないようにつけておきます。
天板側に台形状の溝を掘りますが、写真は丸鋸で粗加工したところです。この後ルーターで台形状に加工していきます。
溝も桟も1/300程度にテーパーを付け、先に行くほど細くなるようにしています。スムーズに入り、きっちり締まるようにするためです。このあたりの調整が結構大変ですね。(丸鋸の左端の切跡は途中でなくなっているのがわかるでしょうか。)
IMG_4968.jpg

両側の蟻桟は互い違いに入れます。これも蟻桟の緩みを防ぐためです。
きちんと入るか心配ですね。
IMG_4969.jpg

生杉の冬もピークは過ぎたようですが、薪が少し心細くなってきました。北側のシャッターの外にストックしておいた分もなくなりました。
IMG_4936.jpg

乾燥した薪はないわけではないのですが、雪に埋もれてしまっています。とりあえず南西側の取りやすいところから少し掘り出すことに。
IMG_4937.jpg

右側にぶら下げてあるキャリーで4回ほど搬入、これで2,3週くらいは大丈夫でしょうかね。
いろいろと来年の冬への課題が出てきます。
IMG_4938.jpg
家内は昼間パッチワークだったので、夕方大原まで出迎え。といっても往復で2時間近くかかります。

先日、こっぱ餅を作りましたが、再度やってみます。前回は餅米が多かったように思いますので今回はこっぱを多めにやってみたいと思います。
先ずはこっぱつくりからですね。スライスして蒸したからいも(と九州では言います)をストーブの熱で乾かします。簡単には乾燥しないので枚方へ帰ってから1週間程天日干しです。
IMG_4935.jpg

先週はスキーだったので2週間ぶりです。金曜日の夜移動のはずだったのですが、急遽呑み会になり、土曜日朝ゆっくり目の出発となりました。
夜のうちに少し雪が降ったようで、大原あたりから屋根がうっすら白くなっていました。
IMG_4859.jpg

花折峠を越えると木にびっしりと雪がつき、まるで雪の花が咲いているようです。
IMG_4865.jpg

一面真っ白、白黒の世界です。
IMG_4877.jpg

IMG_4879.jpg

生杉では5-10cmほどの新雪があったようです。
2週間ぶりの我が家は大変なことになっています。すっかり屋根雪に埋まってしまっています。
IMG_4904.jpg

南側も今年は雪かきをサボっていた為、屋根から落ちた雪がネットの内側に落ち込んでいます。窓のシャッターやドアが開けられません。来年は南側も軒下までネットを張らなくてはいけませんね。
IMG_4896.jpg

ネットの外の雪は除くことができますが、内側はどうしようもなく溶けてなくなるまで待つしかなさそうです。来週は暖かくなるようなので期待しましょう。
IMG_4902.jpg

北側は屋根に接するところが解けて再び凍っているためガチガチでなかなか崩せません。アルミスコップでも刃が立たないくらいです。今日は一人なので明日に回しましょうか。
IMG_4908.jpg

2014.02.16 良い天気に
南岸低気圧の影響から冬型の気圧配置に変わり、朝から猛吹雪。いやいやながら出かけたのですが・・・。
IMG_4788.jpg

ところが11時頃には晴れ間も出てきました。やっとスキー場で写真を撮る余裕が出てきました。
IMG_4802.jpg

お昼過ぎにはすっかり良い天気に。はるかかなたには雪煙たなびく白馬連峰の姿も。
それにしても食事時とはいえ、このガラガラ状態はスキー場にとっては死活問題ですね。これで2週続いてキャンセル続出です。この辺りでは1m位の雪が積もっても全く問題はないのですが、都会の大雪の影響は深刻です。
IMG_4823.jpg

今日の昼食は定番の「ジンギスカン」。これを食べないと栂池へ来た気がしません。
IMG_4828.jpg

お腹がいっぱいになった後は、白馬のAコープで買い出し。冬季オリンピックの真っ最中ですが、かつてのオリンピック会場も覗いて見ました。国内のスキー人口は減るばかりで、当時のにぎわいはないのですが、最近白馬では海外からの客を積極的に誘致し、まるで日本ではないみたい(地元の人談)とのことです。但し、今回は関東方面からの交通網が途絶えているので、外国人の姿もそれほど多くはありませんでした。
IMG_4830.jpg

南への高速はまだ通行できないので再び北陸道経由で大阪へ。
開通まじかの北陸新幹線、黒部の駅も外観は出来上がっています。そろそろ車両の試運転も始まるとの記事もありましたね。帰りは車の量は多くなっていましたが、渋滞もなく順調に帰ってきました。
IMG_4832.jpg
2014.02.15 白馬へ
東海から関東・東北にかけての沿岸部や内陸部では大変な騒ぎに。枚方あたりでも朝から雪が積もりはじめ、夜には止みましたが、東へ移った雪が降り続け関東甲信を中心に記録的な大雪となりました。高速道路はほとんど通行止めとなり、電車もかなりの影響を受けていました。

久しぶりに栂池へスキーに行く予定をしていました。中央高速、長野道は通行止めになっていますが北陸道は通行可能のようです。深夜、枚方から豊中で長男夫婦を拾って名神へ、京都東ICから湖西経由で敦賀ICへ、糸魚川ICまで雪は降っていますが、車も少なく順調でした。
白馬近辺は大きな湿った雪が降っていました。この辺りでは通常木の枝にこれだけ雪が着くことはないのですが。
IMG_4781.jpg

吹雪の中、一応スキーに出かけます。先月、久しぶりのスキー(アルペン)で車山高原へ行きしたが、今回は久しぶりの(4年ぶり)テレマークスキー、元々下手なのにすっかり感覚を忘れてしまい大変でした。
IMG_4782.jpg

キャンセルの客が多いようで、普段は席取りで込み合うレストランもガラガラです。
IMG_4784.jpg

スキーは早めに切り上げ、白馬乗鞍の若栗温泉へ。
あとは豪華な夕食で一杯・・・。
IMG_4786.jpg

この宿には30年来お世話になっているのですが、オーナーは最近お父さんの介護などで家にいる時間が多いとのこと。
空いた時間に真空管アンプを製作したり、スピーカーボックスを製作したりしているようです。
IMG_4794.jpg
2014.02.11 日帰りで
4連休の最終日、今日はまた日帰りで生杉通い。最近では珍しく早起きして5時過ぎに出発でした。
R367までは曇り空でしたが、やはり針畑筋に入ると雪が舞ってます。昨日の夜も少し積もったようですね。
IMG_4738.jpg

この辺りは湿った雪なので、屋根に積もった雪がつながったままずり落ちて来て写真のような状況に・・・。雪の重みで屋根が引っ張られ、屋根を傷めたりすることもあるようです。
庭の積雪計は145cmほどに。
IMG_4759.jpg

いろいろとやることがあります。まずは今年はまだストーブの灰を取り除いていないので朝一にやりました。
今年は廃材薪を中心に燃やしているので、釘などが着いた材料もそのまま燃やしています。
IMG_4761.jpg

網を通して釘などを分別します。結構入っていますね。
IMG_4762.jpg

その次は笊の脚が取れていたので修理を。溶接でちょっとだけ付けてあったのですが簡単に取れてしまいます。八幡の某DIYで購入したのですが、買い替えしてもらうために溶接を弱くしているとしか思えませんね。
IMG_4770.jpg

とりあえず、ステンレスの針金で縛りつけました。先日、代わりにとステンレスの打ち抜きタイプの笊を2つも購入したのですが・・・。
その他には玄米を精米し、ご飯を炊いて、小分け冷凍保存したり。
IMG_4771.jpg

木工のほうは蟻桟の材料の準備を。写真では簡単そうですが、木目を見ながら試行錯誤し、平面や直角を出したりと実際にはかなり手間がかかります。
2つに割ったらまっすぐだったのが反ってしまったり・・・?
IMG_4773.jpg

帰りは5時半を回っていました。かなり日が長くなりましたが、路面はアイスバーン状態です。慎重に運転を。
IMG_4777.jpg

IMG_4778.jpg
2014.02.10 今日は枚方へ
飛び石連休、間の10日は有休をとりました。
今日はたまたま、二男の奥さんが帰って来るとのこと(実家は京都)なので朝から枚方へ移動です。

今日も4時頃から除雪車が稼働する音が聞こえていたので、夜中に降っていたようです。新雪が15cmほど、積雪は140cmほどになっていました。8時頃、本日2度目の除雪車出動です。
IMG_4709.jpg

お向かいさんもすっかり雪の中です。昨日も来られていたのですが、とても一人で雪かきする気にはなれなかったようですね。
IMG_4710.jpg

いつもの写真スポット、Iさん宅。
IMG_4715.jpg

針畑筋を下るにつれ、雪が少なくなり湿雪になってきます。雪が木に張り付き、まるで雪の華が咲いたようです。
IMG_4720.jpg

谷筋の木すべてが白く雪の華状態なのですごいです。
IMG_4721.jpg
木工(テーブル)もやらなくてはいけないのですが、どうしようかと少し迷っているところもあり、なかなか取りかかる気になりません。
暇つぶしに廃材薪の整理をしました。鉈で細く割って燃えやすくします。結構あるので早めに使ってしまわないといけません。
IMG_4693.jpg

夕方、外へ出ると煙突から結構な煙が出ています。少し前に薪を追加したところですが・・・。
確認すると、案の定空気を絞りすぎているため、温度も上がらず燻っていました。
IMG_4695.jpg

取り込む空気の量を増やし、燃焼状態にするだけでこのくらいは違ってきます。もう少し温度を上げて最適な燃焼状態にすると、ほとんど煙は出なくなるのですが。
ちなみに先の煙突も、火が入っていますが、熾き火状態なのでほとんど煙は出ていません。燃焼状態でもこの程度にはできます。もちろん、良く乾燥している薪であることが前提条件ですが。
IMG_4697.jpg

これが上の煙が少ない状態です。
IMG_4699.jpg

薪ストーブ関係のブログを見ていると、中で魚を焼いているのを良く見かけます。うまそうなので一度やって見たいと思っていたのですが、トライしてみました。
まずキャンプなどに使うステンレス製の五徳(?)を置き、その上で焼き網で挟んだ魚を焼きます。2枚の網で挟むのは簡単に裏表返せるようにするためです。
IMG_4703.jpg

ちょっと火加減が強すぎたようで少し焦げ気味ですが、「西京焼き」なのでこのくらいでもおいしかったです。確かに煙や油を気にする必要がないので、火加減の調節さえ間違えなければ結構使えそうですね。今後も時々やりたいと思います。
IMG_4705.jpg

生杉では夜は早く寝るのですが、最近は朝がなかなか起きる事が出来ません。昨夜も10時前には寝たのですが、起きたのは8時頃、途中薪を足したりしていますが10時間くらいは寝ている計算ですけどね。
朝起きると、雪は降っておらず、どんより曇り空。庭の積雪計は130cmを少し越えています。
IMG_4690.jpg

蜂蜜が残り少なくなっているとの事なので、久しぶりに山帰来へ蜂蜜の納品に。今日は10人余りのグループがスノーシューを借りて雪遊びとの事なので足りなくなるかも・・・とのこと。寒いので蜂蜜が結晶化して白くなっています。
今日は林道から奥へも結構人が入っていたようですね。
IMG_4671.jpg

納品の後、ついでなので小入谷や古屋までデジカメ散歩です(車で)。
IMG_4675.jpg

日が射すと綺麗なのですが。
IMG_4684.jpg

関東から東北にかけての大雪、大変な騒ぎになっているようですね。土日だからまだよかったですが、受験生は大変だったでしょう。
生杉なら30-40cmの積雪は普通なのですが、普段積もらないところは混乱するのも仕方ないですね。


2014.02.08 生杉も大雪
このまま春が来るのかと思ったのですが、そうは問屋が卸さなかったようです。
水曜日から木曜日にかけての寒波は針畑にも大雪をもたらしました。古屋にある積雪計の情報を見ると60-70cmの新雪が降ったとのこと。滋賀県の北部は日本海からの湿気により雪の多い地域ですが、風向きにより降る地域が違ってきます。敦賀湾から湖北、関が原へ抜ける風の場合は針畑辺りはあまり降らずに、湖北の積雪が多くなります。
今回は、小浜湾のほうから県境の山を越えて吹く風だったようです。この場合は針畑や湖西の方に多くの雪を降らせます。(もちろんどちらにもドカ雪を降らせるようなケースもありますが。)

土、日曜日は「太平洋岸を中心に大雪に!」と天気予報が騒いでいるので、金曜日のうちに移動します。(街中で雪が積もると動けなくなりますので。)
道路わきのツララが2m位になっていました。
IMG_4639.jpg

生杉に近づくにつれ雪の量が増えてきます。
IMG_4641.jpg

生杉に着くと玄関前も雪に埋もれ、軒先は屋根から落ちたブロック雪が屋根まで・・・。
とりあえず、玄関前だけ除雪して入り、薪ストーブを点けて寝ました。(-2℃なのでそれほど冷え込んではいません。)
IMG_4644.jpg

0時過ぎから降りだした新雪が10cm位あり、庭の積雪計は125cmに。我が家は完全に雪に埋もれています。
IMG_4650.jpg

軒先の高さが3m以上ありますので、1m50cm位の所からスノーダンプを使って屋根雪を道側に落としてゆく状況です。
IMG_4652.jpg

11時頃になると除雪車が来てくれました。今日は大サービスで道路からかなり内側まで雪を掻いてくれ、大助かりです。除雪車が帰ってくるときには家内はお礼のお土産を渡していましたよ。感謝、感謝!
IMG_4659.jpg

我が家の道向かい、除雪された雪が軒よりも高くなっています。
IMG_4667.jpg

ドカ雪ではありませんが、一日中雪模様の生杉でした。
IMG_4669.jpg
朝方は雨模様でしたが、昼ごろには晴れ間も出て午後から良い天気になりました。昼飯を食べてからスノーシュー散歩に出かけて見ました。
雪原を軽い足取りで・・・?
IMG_4578.jpg

スノーシューでも10-15cmほど沈みますが、長靴だけならずぼずぼと埋まりとても歩ける状態ではありません。スノーシューは実に快適です。
IMG_4582.jpg

長老Sさんが炭釜に火を入れているので、御挨拶に行って来ました。上部の斜面から木を切りだし、雪を利用して下ろし、釜に詰めたそうです。本当に元気ですね!恐れ入ります。
IMG_4597.jpg

雪解けが進み、沼状態です。
IMG_4606.jpg

何もない雪の斜面にトレースを付けながら歩くのは気持ちが良いものです。
IMG_4610.jpg

スノーシューなら急斜面も快適に登れます。
IMG_4613.jpg

雨と気温が高いので川の水嵩も多めです。
IMG_4630.jpg

もうすぐ花粉の季節ですね。アレルギーの人は写真を見ただけでおかしくなるかもしれません。
IMG_4626.jpg

積雪は70cm強まで減っています。来週初めには寒波が来るとの予報ですが、あまり期待はできませんかね。このまま春がやって来るのでしょうか。
冬の生杉は寒いのでストーブの前に布団を敷いて寝ています。(昨夜はそれほど冷え込んでいなかったのですが・・・。)
但し、うちは針葉樹中心の薪なので火持ちが悪く、3時間毎くらいに薪を追加しなければならないのが辛いです。隣の人はぐっすり寝ていますけど・・・。
IMG_4560.jpg

朝4時頃に屋根をたたく雨音が聞こえていました。5時過ぎにラジオをつけたのですが、時々ラジオの音が聞こえないくらい降っていました。
IMG_4564.jpg

起きた後も小雨が残っていました。
IMG_4566.jpg

土曜日、テーブルの脚を組みました。大きいクランプがないので、荷物用のラチェット式締めベルトを使って固定してみました。大きさの制限はあるようですが、ラチェットできっちりと締めることができるのでなかなか良いです。(2本で980円と値段も安い!)
檜なのできつく締めると型が付きますが、自家用なので問題ありません。支障がある場合は当て木をすれば問題ないでしょう。
IMG_4556.jpg

日曜日、オイルを2度塗りし、脚のほうは一応終了です。
IMG_4573.jpg

天板を乗せてみました。雰囲気が出てきましたかね。
天板がかなり反っているので、調整は必要ですが。あとは天板の加工に取りかからなければいけません。
IMG_4576.jpg




金曜日の夜は飲み会だったので土曜日朝の出発となりました。
天気も良く、かなり冷え込んだようです。生杉に着いた9時過ぎ、日が当たる状態で-3℃。早朝は-6,7℃位になったのでは。
木の枝は凍って朝日に白く輝いています。
IMG_4513.jpg

先週末から積雪はなく、午前中は雪が固く締まり、スノーシューなしで長靴だけでもどこでも歩ける状態でした。積雪は80cmほど。
IMG_4517-1.jpg

昼間は気温も上がり、まるで春が来たような陽気です。雪が少ないのは楽なのですが・・・。
林道を少しだけ散歩してきました。
IMG_4522.jpg

夕方は夕焼けが綺麗でした。
IMG_4547.jpg

本当に春の雪解け時期の景色ですね。
IMG_4553.jpg