2014.01.26 真冬の雨
昨日の真冬とは思えない陽気に引き続き、夜中から雨が降っていたようです。4時頃には屋根をたたく雨音も聞こえていました。
昨夜は寝るのが早かったので6時頃から起きだし、うどんを打ちました。手順としてはそばと大して違いませんが、捏ねてから3時間ほど熟成してから伸ばすのですが、生地に弾力がありなかなかうまく伸ばせません。
IMG_4485.jpg

何とか5人前のうどんを仕上げました。
IMG_4487.jpg

早速お昼に頂きました。確かにおいしいのですが、もう少し腰のあるうどんにしたいなと思います。
IMG_4489.jpg

たくあんも追加で干していたのを上から漬け込みました。
IMG_4483.jpg

朝から雨模様だったですが少しずつ寒気が入り、10時頃には雪に変わってきました。昨日の陽気で地温が高く、すぐには積もりません。
IMG_4488.jpg

それでも帰る16時ころには一面真っ白で、10cm位の新雪が積もっていました。冬の生杉の景色に逆戻りですね。積雪105cmまで回復。
IMG_4490.jpg

凍るほどの冷え込みではないですが、いつもと違い少しツルツルヒヤヒヤ(うどんではありませんが)しながらの帰り道で、慎重に運転しました。
IMG_4495.jpg
スポンサーサイト
2014.01.26 暖かい生杉
金曜日の夜は学生時代のサークルの先輩と飲み会。久しぶりにお会いする方もあり、楽しく過ごしました。
土曜日の朝、ゆっくり目に出発です。家内は所用のため今週は一人での生杉通い。

木曜日あたりに20-30cmほどの新雪が降ったようで、道沿いの除雪された雪が高くなっています。
IMG_4458.jpg

我が家の入り口はこの通りです。
真冬とは思えない暖かな天気でした。まるで春が来たようです。
IMG_4462.jpg

台所の窓からは外の景色が見えません。
IMG_4468.jpg

早速、窓から外が見える程度に除雪しました。作業をしていると汗ばんでくるほどでした。
IMG_4470.jpg

今夜は冬の定番料理、おでんで一杯・・・ですね。薪ストーブに乗せて温めるとちょうど良い加減です。
IMG_4471.jpg

先日作った「こっぱ餅」も焼いて見ました。初めてにしてはまずまずの味です。もう少し「こっぱ」の分量を増やしても良いかなとも思いますが、昔懐かしい味がしました。何とか自分でもできることが分かったので、いろいろトライしてみたいと思います。
IMG_4480.jpg
実は枚方でも3回ほど焼いて食べたのですが、3回とも食べるのが先で写真を撮るのを忘れてしまいました。今回はしっかりと食べる前に「パチリ」です。
1月も後半に入り、何度かの降雪でやっと生杉らしい冬景色になってきました。今日昼間も降り続いた雪も帰るころには120cmほどになっていました。
住人のいない家には重そうな雪がかぶっています。
IMG_4354.jpg

写真スポットのIさん宅。今日はほとんどカメラマンは入っていないようです。
IMG_4355.jpg

時々雪が強く降っています。
IMG_4384.jpg

生杉のお寺さんです。冬は雪に埋まってしまいます。日本昔話の風景ですね。
IMG_4388.jpg

たまに陽が差すと綺麗です。道路もフラットで舗装されたようですが、気温が低いのでツルツルです。大宮神社の往復で何度も転びましたよ。
IMG_4400.jpg

普段はなんてことはない植林ですが、雪が着くと違った風景になります。
IMG_4433.jpg

筋のように雪が張り付き、幾何学的な模様が印象的です。
IMG_4435.jpg
2014.01.19 今年の銭まき
昨年の1月19日は土曜日、今年は日曜日とカレンダーのめぐりが良かったおかげで2年連続で参加できました。
この日は大宮神社の八幡社厄神祭、地元の皆さんは「銭まき」と言っています。厄年の皆さんが厄を払うために境内で銭や餅などをまく珍しい行事です。
こっぱ餅作りを済ませて、10時過ぎあわてて大宮神社へ向かいます。すでに数十人の方が集まり、手にかごや袋を持って始まるのを待っています。
IMG_4373.jpg

雪が降りしきる寒い中、厄年の方が小銭を撒いていきます。小銭といっても中には100円や50円も結構入っていますよ。
IMG_4370.jpg

皆さん、必死で拾いまくっています。
IMG_4369.jpg

今年は日曜日なので、結構たくさんの方が集まっていますが、普段の年は平日の開催になります。もちろん学校は始まっている時期なのですが、地域密着型の西小では授業の合間を縫って生徒は参加できるようです。なかなかいいですね・・・。ほかの学校だとPTAなどから苦情が出そうですが。
IMG_4367.jpg
雪の上にまかれたお金が見えますね。これからしばらくは西小の子供は学校帰りに神社の雪に埋まった小銭を探してから家へ帰ります。

我が家もそんなに一生懸命拾ったわけではありませんが、それでも2人で2,000円あまりありました。たくさんの紅白餅を撒いた方もいましたので、うちも頂きました。子供たちにとっては結構なお年玉ですね。
IMG_4401.jpg
お金をばらまくというのは少し違和感がありますが、お金と一緒に厄も皆さんに少しずつ受けて頂くということでしょうか。
来年からは1月第3日曜日の開催と決まったようですので、続けて参加できるかな。
2014.01.19 こっぱ餅作り
土曜日は会社の仲間で「芝刈り大会」、時々雪が舞う大変寒い一日でした。結果が良いはずもなく・・・。
そのまま有馬温泉の奥から京都へ向かい、出町柳で家内を拾って生杉へ移動。針畑筋へ入ると雪模様に、いつものように生杉に着くころには本格的な雪になっていました。

朝起きると20cmあまりの新雪、雪は相変わらず降り続けています。
IMG_4336.jpg

南側軒下の雪も雪除けネット(2m)を越えてきました。南側までは雪かきの手が回りません。隣の別荘も雪に埋もれていますね。お隣さんは我が家と違い、除雪してくれる道から離れているので家にたどり着くだけでも一苦労です。
IMG_4345.jpg

先日(2日)作った「こっぱ」を使って「こっぱ餅」に挑戦してみました。
蒸して乾燥させたこっぱ(730g)は、しばらくお湯に漬けてから蒸し直し軟らかくしておきます。
IMG_4338.jpg

新しく購入した餅つき機でもち米(5合を前夜から水に漬けておきました)を蒸して、こっぱを加えてつきあげていきます。もち米とこっぱの割合は極めて適当、もち米5合にあるだけのこっぱ(730g)を入れてみました。
初めてのためいろいろと不手際もありましたが、何とか出来上りました。
IMG_4348.jpg

出来上がったこっぱ餅はトレーに移し、外で冷やします。まだ柔らかいのでしばらく放置して固めないといけないようです。
IMG_4425.jpg
はたして昔懐かしいおふくろの味になっているのか、出来上がりの報告はまた改めて・・・。
正月明けの3連休ですが、10,11日は他の用事があり生杉には行けませんでした。9~10日にかけてかなりの雪が降り、100cm近い積雪になったようです。連休最終日、雪かきに行って来ました。
11日の夜生杉入り、着いた頃には再び雪になり、翌朝には新たに20cmの新雪が積もっていました。早朝4時頃、除雪車が稼働している音が聞こえていました。
夜が明けてからも雪は降り続き、終日降っていました。
IMG_4275.jpg

積雪は大したことはありませんが、屋根雪はごらんの通りです。
IMG_4279.jpg

9時頃から昼過ぎまで雪かき作業、雪が降り続いているので昼前に除雪車が2回目の出動です。IMG_4285.jpg

屋根雪を道路際へ出しておくと道路の向かい側に片付けてくれます。
IMG_4286.jpg

これが来てくれると大助かりです。特別サービスでかなり内側まで掻いてくれました。
IMG_4291.jpg

やっと窓から光が入るようになりました。但し、屋根雪が落ちるとまた塞がってしまいますが・・・。
IMG_4294.jpg

結局、雪は1日降り続き、積雪は昼ごろに110cm、夕方帰るころには115cmほどになっていました。このくらいなら、生杉では大雪の部類には入りませんが。
帰りの古屋の様子。
IMG_4302.jpg

いつもと違い、運転も少し緊張しながら。
IMG_4303.jpg

IMG_4298.jpg

昨日、一昨日と天気が良かったようなのでカメラマンも多かったのではないかと思いますが、雪の3連休最終日はほとんど人が入ってきませんでした。
IMG_4311.jpg
休みも今日で終わりです。9日間もあったはずですが、いつもながら休みはあっという間です。
昨日からの雪がうっすらと5cmほど積もっていました。庭の積雪は40cmあまり。
IMG_4185.jpg

IMG_4201.jpg


午前中、昨日の続きのホゾ穴加工をやりました。角ノミ盤を使っての加工、微調整を残して終了です。
IMG_4205.jpg

天板の小口を丸鋸でカットしようとしたのですがうまくいきません。それほど使っていないので大丈夫と思っていたのですが、廃材などカットしたので釘を拾ったのかもしれません。古い刃は切断面が焦げてしまってまっすぐ切れませんでした。
IMG_4197.jpg


新しく買ってきた刃に交換すると抵抗もほとんどなく、綺麗にカットできます。やはり刃物はよく切れるものを使わないといけませんね。怪我の元にもなります。
IMG_4198.jpg



生杉でもPCからインターネットへアクセスできるようになりました。
生杉では光ファイバーの契約をするとインターネットへアクセスできるようになるのですが、料金が高くとても契約する気になりません。
一年程前にドコモのスマートフォンに替えたので、生杉でも一応の情報は入るようになりました。ブログの閲覧も問題なく出来ますが、スマートフォンからブログのアップをするのはかなり面倒です。そのためこれまでは枚方へ帰ってからアップしていました。
スマートフォン経由で「テザリング」という方法を使えば、アクセスできるということは知っていましたが、IT音痴の為実際には使えませんでした。年末に息子に使い方を教えてもらいやっと使えるようになりました。

この休み3回目の生杉入り(今回も1人)。家内の趣味ははパッチワーク、水彩画、東海道ウォーキングと生杉へ来なくても出来るものばかりですが、私のやりたいことはこちらへ来ないと出来ません。
大原を過ぎるあたりから雨模様に、生杉では午後から雪に変りましたが、大雪になりそうな雪ではありません。
IMG_4174.jpg

雨でかすんでいる生杉です。
IMG_4175.jpg

作業場の薪ストーブの取っ手が熱くなり素手では触れません。本来は皮手袋をして操作するのですがめんどくさいので包帯を巻いていたのですが、やはり焦げてしまいました。そこでガラスファイバーの耐熱バンテージというのを購入し、巻いて見ました。かなり厚手なので少し巻きづらいです。これで何とか素手で触れるようになりましたが、チクチクしないか心配ですね。
IMG_4178.jpg

外には出れないので午後は木工の時間です。テーブル脚のホゾ加工をやりました。昇降盤とスライドソーを使ってやるのですが、結構時間がかかりました。(1人なので怪我をしないように気をつけて・・・)
IMG_4182.jpg
朝起きた時は曇りでしたが、朝飯を食べるころには雨が降り出しました。結局一日中降りつづき、みぞれになったり、夕方頃には雪に変わりました。
雨なので家内は「こっぱ」を作ることに。「こっぱ」とは天草の田舎で作っていたサツマイモの輪切りの干しイモです。まずは芋を輪切りにして蒸します。(少し手順が違うようですが、家内は聞き入れません。)
IMG_4168.jpg

外は冬の雨なので、ファンヒーターの前で乾かします。そのあとは枚方で干しましょう。
IMG_4169.jpg
「こっぱ」が出来上がったら、もち米と「こっぱ」を混ぜて「こっぱ餅」を搗きます。懐かしい田舎の味を求めて・・・。

私のほうは、作業場で木工。今日はテーブル脚の木取りです。
IMG_4171.jpg

帰り道、桑原の道端に積んである薪、素晴らしいですね。芸術的で機能的な美しさです。年季が入っています。
IMG_4172.jpg
2014.01.01 初詣
元旦は年末と違い暖かい日になりました。
昨日の忘年会を済ませ、今日は生杉へとんぼ帰り。今回は2人で。
朝起き、雑煮を食べてから9時前に枚方から生杉へ移動します。道路もすいているのでいつも使う第2京阪を使わず下道で京都まで。

11時頃生杉へ着くと先ずは大宮神社で初詣。ここには小さな社がたくさんあり、5,6箇所お参りします。終わったら社務所でお神酒を頂いて帰りました。生杉も昼間は正月とも思えないほどの陽気でした。
IMG_4155.jpg
IMG_4154.jpg

30日の木工の続き、ストーブ横に置く薪棚の塗装です。ただ雑然とストーブ脇に薪を置くだけだったので整理のために作りました。普段余り着色はしないのですが、ストーブに合せてオイルステイン(ウォールナット)で塗装しました。
あとは先日作成した洋服ハンガーのワックス処理も。
IMG_4158.jpg

左上に板を張り、道具類を置けるようにしました。せっかく作ったのにもう少し美しく置かなくてはいけませんね。
IMG_4164.jpg

夕方は早めに風呂に入り、昨日の残り物で一杯・・・。(といっても元旦ですが)
IMG_4163.jpg











新年あけまして 
  おめでとうございます

     本年もよろしくお願いいたします

IMG_3913.jpg

近年は一年があっという間に過ぎてしまいます。
昨年は年初から息子二人の結婚、3月には家内の定年退職などが相次ぎ、変化の多い年となりました。昨日の大晦日には6人が揃い、ご近所のKさんも飛び入り参加で楽しい年納めとなりました。

今年は予定された大きなイベントはないのですが、どんな年になるのか。
個人的には、木工を含めた生杉生活の比重を増やしていきたいのですが、現状の仕事の状況などを考えるとなかなか難しそうです。

今年も皆健康で無事に過ごせますように!