木曜から金曜日にかけて茨城、東京へ出張でした。金曜日の夜京都駅に帰り着き、出町柳まで移動し家内に拾ってもらい、そのまま生杉へ。結構ハードですが、京都から枚方まで帰り、翌朝早く移動することを考えるとこの方が楽です。生杉で2℃でした。

先週やり残した北西側の雪囲いネットを張りました。ここは薪を置いたりするのですが昨年は雪が吹き込み大変でしたので、今年は軒のところまでと妻側もネットを張り、雪が入らないようにします。
IMG_3604.jpg

この雪囲いなら十分に光が入り、景色も透けて見えます。板囲いでは冬は穴倉の生活です。
IMG_3610.jpg

山はすっかり葉が落ちてしまいました。
IMG_3612.jpg

薪の準備もしなくてはいけません。少し肌寒いですが、天気が良いので家内に手伝ってもらいながら廃材薪を2時間ほど、かなりはかどりました。
IMG_3614.jpg

もっともっとストックしておかなくてはいけませんね。
IMG_3619.jpg

朽木の山歩きマップが出てきたので壁に貼りました。
IMG_3608.jpg

夜はNPOのMさんが明日の作業に備えてお泊り、一杯飲んだ後、ストーブの前でおしゃべりタイム・・・。
IMG_3621.jpg
スポンサーサイト
「全国的に良い天気に・・・。」との天気予報だったので、生杉も晴れるかなと思っていたのですが、夜中に雨が降ったようです。期待した雲海も「なし」ですね。
IMG_3580.jpg

もうすぐ12月、今年は暖かいですがそろそろ雪囲いもしなくてはいけません。単管を縦横に組んでいきます。単管は結構重いので組んでいくのは少々重労働です。10時頃から天気が良くなったので毛布などを干しています。(もともとこの部分だけは春以降も洗濯物干しとして残していました。)
IMG_3584.jpg

単管を組んだあとは順番にネットを張って行きます。この作業はそれほど大変ではありません。天気も良く、暖かくなったので、まだ使用する北西側のシャッター部分を除いて雪囲いも終了しました。いつ雪が降っても大丈夫です。
IMG_3586.jpg
廻りの家は厚めの板で雪囲いしているのですが、ネットで雪の圧力が耐えられるのか不思議なようですね。板の場合は雪が逃げるところがないので直接板に圧力がかかってしまいます。ところがネットの場合は目の間から抜けたり、たわんで圧力が抜けたりするので大した圧力はかからないのです。
その上、我が家の雪囲いの面積はかなり広く、これを全部板でやるとすると、相当な量になり保管する場所も確保しなければなりません。ネットならほとんど場所を取りません。

我が家の窓から見える向かいの別荘の針葉樹黄葉。
IMG_3581.jpg

本日の夕焼け、秋空で空気が澄んでいるためか飛行機雲がたくさん見えました。
IMG_3596.jpg
何ともはっきりしない天気です。
IMG_3516.jpg

朝からなめこを見に行きました。少しずつはありますが、もう終わりでしょうか。
ところで以前から鹿がなめこを食べているのではないかとの疑念を持っていましたが、今日は確信に変わりました。鹿が倒木を齧って飢えをしのいでいるという話も聞いており、実際に冬場に解体した鹿の胃をみると木の皮などしかないのも見たことがあります。しかし今回はなめこを選んで木ごと齧って食べているようです。
IMG_3532.jpg

鹿がなめこを食べるようになってきたら、山へ行く楽しみがなくなり困りますね。穴が見えるのは菌駒を植えるためにあけた穴です。
IMG_3533.jpg

おいしそうなクリタケを見つけましたが、これも鹿が好んで食べているようです。小さいのは食べられないように杉の葉をかぶせておきました。来週来た時にまだあるでしょうかね。
IMG_3539.jpg

IMG_3535.jpg

今年はたくさん実が付いています。黄色く色づいた柿が印象的です。通りがかりのアマチュアカメラマンがたびたび写真を撮っていました。
IMG_3548.jpg

本日の夕焼けです。
IMG_3563.jpg

今日は金曜日ですが、いろいろと用事があり仕事はお休みです。
まずは朝一に、車のタイヤ交換。10日ほど前に初雪が降ったようですが、針畑ではもういつ雪が降ってもおかしくありません。冬用のスタッドレスタイヤへ交換しなくてはいけません。

次に廃材薪を頂く約束をしていたので引き取りに。後ろの座席を倒して目いっぱい積み込みました。
IMG_3485.jpg

次はバイク屋へ。先日出した車検の引き取りです。
そこから家内は車で、私はバイクで生杉へ移動します。私はちょっと遠回りして市場経由で給油してから生杉へ。生杉からガソリンを入れに行くのには往復50kmかかります。機会があれば給油するようにしておかなくてはいけません。
IMG_3488.jpg

能家の神社では銀杏の葉が一面に広がっていました。
IMG_3492.jpg

生杉近くでもまだまだ落ちる前の紅葉が残っています。
IMG_3495.jpg

今年は暖かい日が続いていますが、やっと薪ストーブを使うほどの寒さになりました。今年の初焚きです。まだまだ本格的な寒さではないので少し焚くと部屋の中は温まります。
IMG_3511.jpg

やはり火を眺めているといいですね。長い冬の始まりです。雪囲いもしなくては・・・。
IMG_3513.jpg
本日日曜日は在所の普請、9時から萱刈りとお寺雪囲いの連絡が来ていました。雲海見物を終え、急ぎ朝飯を食べて集会所へ向かいます。
生杉には雲海の余韻が残っています。霧が深い日は、霧が晴れるときの風景も素晴らしいです。
IMG_3448.jpg

杉木立から差し込む朝日と田んぼから上がる朝靄。限られたタイミングです。
IMG_3450.jpg

霧を背景にした柿木も風情がありますね。
IMG_3434.jpg

普請のあとは皆で恒例の懇親会・・・。
私は早めに切り上げて、とり残したなめこを見に行きましたが。
IMG_3466.jpg

ススキも綺麗です。
IMG_3473.jpg

紅葉ももう終わりです。
IMG_3479.jpg
土曜日夕方は月が輝いていましたが、夜になると気温も下がり霧が広がってきました。明日が「雲海日和かも。」との期待。
朝6時頃生杉でも2℃、小入林道の雲海スポットで1℃と冷え込み、上に上がるときれいな青空が広がっています。「日曜日から下り坂に・・・」との天気予報に惑わされたのか、「今シーズン一番の雲海日和」にも関わらずカメラマンの数も少なく、普段の1/3くらいでしょうか。
IMG_3369.jpg

朝一番の写真を撮り、車の中で日が差してくるまで30分ほど待ちます。普段より深めの雲海が漂っています。
IMG_3376.jpg

日が差してくると一気に雲海が動き出すのがわかります。カメラマン、ここが勝負どころと忙しそうです・・・。
IMG_3384.jpg

本当に海の波が動いているようです。
IMG_3400.jpg

刻々と様子が変わって行きます。
IMG_3402.jpg

シーズンに何度もない感動的なシーンを見ることができました。先日の雲海と比べると違いが判ると思います。
IMG_3409.jpg

紅葉のピークが過ぎているのが残念です。
IMG_3414.jpg

夜中から何時間もかけて雲海見物に来る人もいるようですが、朝起きて行こうか行くまいかと判断できる生杉住人の特権ですね。
IMG_3418.jpg
朝の天気は今一つでしたが、日が上がると青空が広がってきました。
今日は車検のため枚方までバイクを移送させなくてはいけません。あまり余裕はないですが、天気が良いので小入林道まで登って見ました。
さすがに紅葉のピークは過ぎているようです。それでもそれなりにでしょうか。
IMG_3333.jpg

上から見ると一段と紅葉の景色ではないですね。
IMG_3339.jpg

道々紅葉を楽しみながら、枚方へ向かいます。桑原の神社の銀杏が見ごろです。
IMG_3343.jpg

小川の酒屋さんの前です。
IMG_3345.jpg

同じく小川の風景、先日の台風の傷跡がよくわかります。
IMG_3347.jpg

武奈ケ岳の頂上付近、まだまだ綺麗ですね。
IMG_3350.jpg

生杉を出たのが11時前、寄り道しながら枚方のバイク屋に着いたのが1時20分。なめこのお土産つきです。
すぐにバス、京阪電車で出町柳へ、京都バス、高島市のコミュニティバスと乗り継ぎ生杉へ戻ったのは5時半近く。京都バスは午後から1本しかなく遅れると帰れなくなるので少し焦りました。
帰ったら月が明るく輝いていました。
IMG_3355.jpg

今週は一人なので手軽なキノコ汁。今朝採ったなめこ、ムキタケ、クリタケに冷凍していたシイタケやマイタケも加えて具たくさんのキノコ汁です。
IMG_3356.jpg
金曜日の夜、移動するころにはすでに霧が出ていました。これは今シーズン一番の雲海日和かと期待していました。が4時頃目覚めると霧が晴れていました。6時頃目覚めると再び霧が出ていますが、薄く上空も曇っているようです。結局雲海見物はパスし、7時前まで寝てしまいました。
IMG_3307.jpg

8時前からキノコかりに出かけました。今週も一か所で大量にというわけではありませんが、あちここちで少しずつ取れました。
IMG_3313.jpg

この木も去年はたくさん出ていたのですが。
IMG_3315.jpg

2,3日前には雪が降ったようです。冷え込みのおかげで形の良いなめこがたくさん採れました。そこそこ大きくなっても傘が開かず丸い形を維持しています。
IMG_3317.jpg

何とも愛嬌がありますね。
IMG_3319.jpg

鹿はなめこは食べないと聞いているのですが、最近は食べ始めているのではないかと危惧しています。どう見ても人間が採った跡には見えません。先週は木を齧ったような跡も何か所か見ました。毒のあるアジサイまで食べる鹿のことなのでなめこを食べても全然おかしくはないのですが・・・。
IMG_3321.jpg

IMG_3325.jpg

結局、本日の収穫はなめこ4kg弱とムキタケ0.5kg、クリタケ少々でした。
IMG_3327.jpg
2013.11.10 雨の日曜日
雨の日曜日、用事で大阪へ帰る家内を国道沿いのカフェギャラリー「風」まで送ります。「風」は12月15日で閉店となるそうです。最終日にはさよならコンサートが開催されるとのことで、早速申し込みました。ご夫婦の人柄も良く、のんびりくつろげる場所なのですが残念です。

たくさん取れたなめこのうち痛みが早そうなものを鍋に入れ佃煮にしました。日持ちもしますし、たくさんできたら冷凍保存もできます。
IMG_3294.jpg

雨の中、たくあん大根の大きくなったものを引き抜き、2階の窓から干します。形がかなりおかしいですね・・・。作った人の性格が反映されているわけではありません。我が家の畑は石ころが多く、成長時に石ころに当たるとあちこち変なほうへ延びるのでこのような形になってしまいます。以前は種をまく前に石ころを除いたりもしていましたが、大変です。
IMG_3297.jpg

外作業ができないので、台所のタオルハンガーを作って見ました。といっても型取りした板を糸鋸で切り、トリマーで縁加工、サンドペーパーで磨くだけですが。オイルまでは塗る時間がなかったので来週の宿題です。
IMG_3298.jpg
例年春と秋の時期に恒例となっている花背広河原H邸の改修工事です。最初10月に予定されたのですが皆さんの都合が合わず今回実施となりました。
築20年余りがたち、ベランダ廻りを中心に痛みが目立ちます。大型車が入れない山の傾斜地を利用しているので致し方ないのかもしれませんが、家を作るときは基礎をしっかりしておかないと後々大変だと実感します。
IMG_3263.jpg

工事内容は以前に設置した階段の拡幅と奥に見えるベランダ基礎の改修です。そこらへんにあったものを利用しているので、見た目は今一つですがメンバーには土木・建築の専門家が2名おり抑えるべきところは抑えているので実用的には問題ないでしょう。
IMG_3261.jpg

お昼はHさんが作ってくれたカレーライスをおなか一杯頂きました。運転しない人は缶ビールで乾杯・・・。午後の作業に差し支えない程度に。
IMG_3257.jpg

バイクで出かけたので行き帰りは紅葉を楽しみながら、ミニツーリング気分でした。バイクを運転していると本当に楽しいですね。
IMG_3267.jpg

梅の木あたりから見える比良・武奈ケ岳の紅葉が大変きれいでした。だいぶ長いこと登っていませんね。この近辺で一番高い山です。
IMG_3277.jpg

市場で給油して能家から生杉へ越える峠、夕焼けが綺麗なので眺めていると・・・。
流星ではありませんよ。夕日に輝く飛行機雲がはっきりと見えます。
IMG_3287.jpg

あわや「ニアミス!」とも見えますが、高さが違うので大丈夫なのでしょう。この辺の上空は飛行機の航路になっているようで飛行機雲をたくさん見ることができます。写真ではわかりませんが、実際にはこの画面内でもあと2本くらい確認できました。
IMG_3289.jpg
一応「雲海」となったようですが、あまり濃い霧ではありません。日が昇るとすぐに消えてしまいました。
IMG_3217.jpg

家の前の紅葉もきれいになってきました。
IMG_3220.jpg

今日は「雲海」には行かず、朝一番になめこを見に行ってきました。
倒木から少しずつですがあちこちに出ていました。おいしそうな天然なめこです。
IMG_3227.jpg

ムキタケもかなり出ています。毒キノコのツキヨタケにも似ていますがおいしいキノコですよ。
IMG_3228.jpg

去年菌を植えた倒木からたくさん出ていました。この天気で一気に出てきたようです。
あまり期待せずに行ったのですが、予想に反して全部集めると4.5kgの収穫となりました。収穫に時間がかかり、花背のほうへ出かける用事があるのに遅くなってしまいました・・・。
IMG_3241.jpg

出始めたところですが、来週まで待つと開き過ぎかな?と迷うところです。
IMG_3293.jpg

葉が落ち始めた山の紅葉も綺麗です。
IMG_3231.jpg

バイクで出かける途中で撮った道々の紅葉です。
IMG_3247.jpg

IMG_3248.jpg

鮮やかに色づいています。
IMG_3252.jpg

こちらは山を越えた京都市花背広河原の紅葉です。
明日は天気も崩れるとの予報なので、紅葉も今日が美納めでしょうかね。針畑、北山の紅葉を満喫しました。
IMG_3253.jpg
3連休の最終日、家内は大阪で用事があるとのことで朝一番に大原まで送ります。
まだ台風の爪痕も残る早朝の葛川・梅の木の様子です。
IMG_3197.jpg

奥山渓谷の紅葉、来週くらいが見ごろでしょうか。
IMG_3199.jpg

IMG_3201.jpg

IMG_3204.jpg

この紅葉は2日、晴天の時のものです。
IMG_3150.jpg

なめこを探しながら紅葉の写真を撮ります。
IMG_3164.jpg

三連休もあっという間に終わりました。
2013.11.03 そばの脱穀
連休中日、午後から雨との天気予報です。朝からどんよりした空模様。そばの脱穀が残っていますので、雨が降り出す前にやってしまわないと・・・。
IMG_3178.jpg

収量も少ないので手でしごいて脱穀します。もう少し多いと千刃こぎなどを使ってやるのですが、この量なら手作業でも大丈夫ですね。
IMG_3182.jpg

しごいたら、唐箕を使って実が入っていない粒やほこりを飛ばします。3回ほどかけてかなりきれいになりました。いつも思いますが、唐箕はなかなかの優れものです。収穫したものがだんだん仕上がっていく工程は楽しいものです。
IMG_3186.jpg

昼過ぎには雨が降り出しましたが、何とか午前中で処理が終わりました。石ころなどを除き、しばらくロフトで乾燥します。
昨年は10kg以上採れたのですが、今年はその半分以下でしょう。やはり台風で水に浸かり茎が倒れてしまった影響が大きいようです。福知山かどこかでは台風でそばが全滅したので改めてまき直し、花だけでも楽しんでいるとのニュースも流れていました。
今年は新しく石臼も入手したので新そばを楽しみましょうか。
IMG_3187.jpg
今年はなめこの収穫が少ないです。冷え込みが少ないせいでしょうか。出て来ても大きく開く前に枯れてしまいます。気候のせいか、病気がちなのか・・・。表面に張りがなく、皺がよっています。色も黒っぽく。
IMG_3134.jpg

ここ数年ナラ枯れの木にびっしりと出ていたなめこもそろそろ終わりのようですね。この木も昨年はたくさん出ていたのですが、かろうじて皮が残っている所に少しだけ出ています。ナラ枯れ自体も収束傾向にあるようです。
IMG_3140.jpg

ムキタケも少し出ていたので頂いて帰りました。家内は「ツキヨタケじゃないの!」といいますが、おいしく頂きましたよ。
IMG_3143.jpg

これはスギタケでしょうかね。いかにも毒キノコのような。
IMG_3132.jpg

本日の収穫、数か所分を集めるとそこそこの収穫にはなりました。
IMG_3170.jpg

ご近所にシイタケの榾木を置いているNさんから「採りきれないので採っていいよ。」とのお声がかかりました。いつもなら終わりのはずが3回目のシイタケが出ているとのこと。これも気象異常の影響でしょうか。
家内と二人でこの倍くらい採らせて貰いました。
大きく育ったお化けシイタケもありますが、一部はおすそ分け、水分が多いので少し乾燥させて冷凍や、完全に干しシイタケにしたりといろいろやって見ました。シイタケも冷凍できるとは初めて知りました。
IMG_3171.jpg

山帰来の駐車場、なんと生杉に大型バスが6台(1台はマイクロですが)やってきました。朝日新聞主催の「三角点トレッキング百里ケ岳ツアー」で200人が山に入っているそうです。前代未聞ですね。山帰来にも客が入るとのことで急きょお手伝いに。結果はトイレ休憩+α程度でそれほどの混雑にはなりませんでしたが。
IMG_3176.jpg

今日は家内がいつもお世話になっているNさん夫妻も生杉に来て頂きました。道中と生杉の田舎ぶりにびっくりされたようですね。療養中と聞いていましたが、お元気そうで安心しました。ご主人は大型バイクに乗り、薪ストーブに興味があるとのこと。いつでも遊びにお出で下さい。お待ちしています。

途中でそばの脱穀、芋ほりなども入り、慌ただしい連休初日となりました。
2013.11.02 雲海日和騒動
3連休です。金曜日の夜は飲み会でしたが、「雲海日和は土曜日しかない。」と飲み会終了後出町柳まで移動し、家内に拾ってもらい生杉入りしました。
今年は例年と違い、霧が薄いように思います。いつもなら車で走っていると前が見えないくらいの濃い霧になるのですが、今年は消化不良のような霧しか出ませんね。全体的に気温も高いように思いますし、気象パターンが崩れているとしか思えません。
それでも何とか「雲海日和」になりました。紅葉のピークにはまだ早いですかね。
IMG_3094.jpg

空の南側は薄曇りだったので条件も良くありません。
IMG_3100.jpg

IMG_3103.jpg

最近は「雲海スポット」としての情報が広まり、アマチュアカメラマンがたくさん押し寄せます。日の出時間あたりに行くと、車が20台くらい、人は30人以上います。このように朝早くから(中には泊まりの人もいるとか)三脚の場所取り合戦の様子です。中には複数台おいている人もおり、脚立なども使っているので車で通過するのにも気を使う状況です。こういう人たちは人の迷惑はあまり考えないようですね。
もう一か所十数人が並ぶポイントがあります。
IMG_3096.jpg

天気も今一つなので早々に下ろうとしていると、数人の集団。よく見るとテレビクルーのようです。近づくとチラシを渡されます。「琵琶湖放送 11月8日放送・・・」とのこと。大阪では見れませんね。若いリポーターが大袈裟な表現でカット収録し、上のポイントへ移動していきました。
リーダーは年配の男性でしたが、あとはカメラ、ライトなど女性ばかり、女性が活躍できる業界のようですね。
ここで近所の長老Nさんにもお会いしました。

IMG_3118.jpg

さらに下ると、集団から離れ一人で撮影している人がいたので少し話していたら、同じ枚方から針畑へたびたび通っているとのこと。そういえば生杉のうちの近所でも何度かお会いしているようです。話しているうちにアクセントから「熊本ですか?」「そうです。熊本はどこ?」「天草の松島・・・」「えぇっ・・・私も」という話になりました。また一人お知り合いができましたね。

生杉の風景
IMG_3127.jpg