2013.02.23 挙式その2
今回は京都出町柳に近い式場でした。私にとっては「チャペルで結婚式」など想像もつきませんが、今は当たり前のように流暢な日本語を話す神父さんの前で結婚式の時代ですね。
IMG_0752.jpg

先月と同様で型にはまらない割とフランクな披露宴でした。最近はこのようなパターンが一般的なのでしょう。(他人事のようですが)
IMG_0784.jpg

JR京都駅の風景。
IMG_0787.jpg

親戚の泊まるホテルからは京都タワーも見えました。改修工事中で上部には塗料飛散防止のネットがかかっています。夜のライトアップ時にはいつもと違った雰囲気に・・・。
IMG_0786.jpg

夕方の錦市場も覗いてみました。
IMG_0791.jpg

IMG_0789.jpg

今宵は四条大橋のたもと南座を見下ろす「いづもや」で親戚と食事。長男夫婦もまじえ大いに盛り上がりました。
IMG_0794.jpg
スポンサーサイト
今週は次男の結婚式で生杉には行けませんでした。
先月の大阪に引き続き、今回は京都で親戚を案内し、おのぼりさんです。初めて二条城へ行きました。

IMG_0686.jpg

「城」とはなっていますが、小さな天守閣も今はなく本丸、二の丸の御殿が主となっています。徳川の世の安定を鼓舞するためでしょうか。
IMG_0692.jpg

玄関の彫り物も立派なものです。
IMG_0690.jpg

寒い冬日和でしたが、梅も少し咲き始めていました。
IMG_0698.jpg

祇園も20年ぶりくらいでしょうか。昔と比べると今風の店がたくさんあり、若い観光客もたくさん来ていました。
IMG_0702.jpg

八坂神社の上にはお月さんが・・・。
IMG_0713.jpg

夜は先月に引き続き来ていただいた親戚と一緒に「がんこ高瀬川二条苑」へ。ここは山県有朋の別邸だったようですが、立派な庭園があり手ごろなお値段で料亭の雰囲気が味わえます。幸運にも庭を見下ろす離れの二階で食事することができました。みなさん満足して頂けたようです。
IMG_0719.jpg
2013.02.17
早朝5時前から除雪車が稼働していました。夜のうちには降っていたのですが、朝起きると雪はやんでいました。
今年は市長選があるので除雪車がよく稼働すると言われていましたが、選挙が終わっても除雪車はよく稼働しています。(選挙は新顔が当選しました。)
IMG_0656.jpg

今冬は雪が少なく、楽な生杉生活です。このまま春へ向かうのかと思っていましたが、そうはいかないようです。昨日からの新雪が20cmほど、ここ数日の雪を合わせて庭の積雪は85cmになっています。例年に比べると半分くらいでしょうか。
IMG_0665.jpg

このくらいの雪なら、雪かきも追いつかないレベルではありません。
IMG_0667.jpg

あちこちでつららが見られました。雪が解けたり凍ったりの天気だからでしょうか。
IMG_0673.jpg

IMG_0682.jpg

今回購入した精米機と圧力釜を使い赤飯を炊いてみました。結構簡単に短時間で(おいしく)できました。頂きもののもち米がたくさんあるので・・・。
IMG_0671.jpg

2013.02.16 雪景色
さほど冷え込んでいる感じではなかったのですが、先週に引き続き京都はうっすらと雪景色。
大原から奥は本格的な雪になっていました。
梅の木から奥山渓谷へ入ると山の木々がびっしりと雪化粧です。
IMG_0635.jpg

IMG_0636.jpg

IMG_0639.jpg

IMG_0638.jpg

ご近所の長老から依頼されました。京都市内に所有するアパートに設置するとのこと。トリマーで文字を彫り、赤マジックで色を付けました。
IMG_0645.jpg

いろいろと事情があり精米機を購入しました。ネット購入ですが、こんなに安く買えるとは知りませんでした。
とても手軽にいろんなことに使えそうです。
IMG_0649.jpg

玄米の精米はもちろんですが、そばの磨きに使えないかと試してみました。少し殻が割れるみたいですが、磨きの用はできているようです。殻はどうせ石臼にかけて割るので問題ありません。
IMG_0648.jpg
2013.02.11 終日雪模様
朝起きた時は降っていなかったのですが、すぐに降り始め一日雪模様でした。
IMG_0622.jpg

時々向かいの山が見えないくらいに強く降ります。
IMG_0625.jpg

激しく降った後は木が白くなっています。
IMG_0630.jpg

今年は雪が少ないのと、ネットの雪よけのおかげで外の景色がよく見えます。
IMG_0623.jpg

今日は一日外へも出ずに作業台を作りました。260*60の細長い作業台です。棚や収納場所の整備をしないと作業場が片付きません。作業で出る木粉の処理も課題の一つです。
IMG_0626.jpg
2013.02.10 味噌仕込
昨夜は-8℃まで下がったのですが、朝起きると曇り空で気温は-6℃。「あまり冷え込みはなかった。」と言っていいのか・・・。
IMG_0599.jpg

結構晴れ間ものぞく天気でした。
IMG_0613.jpg


朝から味噌仕込み、麦麹を少し入れた合わせ味噌です。米麹だけの味噌と比べると美味しさが全然違います。蜂蜜の詰め替えをしながら、12kg仕込むのに8時過ぎから昼過ぎまでかかってしまいました。
米麹と麦麹を混ぜ所定量のあら塩を混ぜて塩切麹を作ります。
IMG_0587.jpg

水に一晩つけた3kgの大豆を何回にも分けて圧力釜で茹でます。普通に炊くと5時間くらいかかるようです。茹でた大豆は形がなくなるくらいまでつぶします。
IMG_0617.jpg

塩切麹とづぶした大豆をよく混ぜて樽に仕込みます。梅雨が明け夏が来ると食べれるようになるはずです。
IMG_0619.jpg

材料代だけでも結構高い味噌になりますが、市販のものとは違い大変おいしいですよ。
2013.02.09 三連休
雪模様の3連休になるとの予報です。
枚方では雪がチラホラ(1℃)、京都では賀茂川の河原や屋根が白くなっていました(0℃)。大原は雪景色(-2℃)、針畑筋に入り、古屋まで来ると雪が降り出し、生杉に着くと本格的な雪となりました。
IMG_0555.jpg

2時間ほどの距離ですが、本当に雪国へ向かっていることを実感できます。
IMG_0567.jpg

新雪は思ったより少なく、30cmもいかない程度。庭の積雪は60cm強となっています。
IMG_0576.jpg

雪の量は控えめの生杉です。
IMG_0578.jpg

夕方には日が差してきれいな夕焼けでした。
IMG_0593.jpg

夜は大原まで迎えに。18時45分出るときに-5℃、かなり冷え込んできています。帰ってきた21時前には-8℃となっていましたよ。満天の星がキラキラ輝いて印象的でした。
2013.02.03 記念プレート
朝から曇り空だったのですが、夕方には青空が広がっていました。少し冷え込んできているようですが、まるで春の風景ですね。
IMG_0541.jpg

夕日が沈むころには解けた雪面がキラキラと輝いて綺麗です。
IMG_0547.jpg

息子の結婚式のとき両家の両親に記念のプレートが送られましたが、昨日からそのプレートを納める盤を作っていました。何とか夕方までに両家の分仕上げました。
IMG_0551.jpg

いろいろと細かいところでは不手際もあり、もう一回やるときちんとできそうな気がするのですが、それが世の中というものでしょうか。とりあえずはこれで良しとしましょう。
IMG_0553.jpg
2013.02.02 2月2日の生杉
先週はいけなかったので2週間ぶりの生杉です。意外に積雪が少ないです。先週の日曜日から月曜日にかけて50-60cm位の積雪があったはずなのですが・・・。その後の雨と高温ですっかり溶けてしまったようです。
IMG_0522.jpg

我が家の庭の積雪は約50cm、例年の1/3くらいでしょうか。昨年の今頃は積雪は2m近くあり、家の周りの除雪も追いつかいない状態でした。もっとも寒いこの時期にこのような状態は・・・。雪かきは楽でいいのですが。
IMG_0528.jpg

京都からAさんが遊びに来ました。
最近、仕事や身の回りのことで少々疲れ気味のAさん。布団の中で悶々としている彼女を「お出で下さい。」と無理やり引っ張りだしたような・・・。
「生杉で是非この音を聞きたい。」と持ってきたのがオルゴール。スイス製の手作りですが、オルゴールとしてはそんなに高いものではないと言いますが、それなりのお値段はするようです。
IMG_0529.jpg

一回ねじを巻くと30分くらい演奏するそうですが、ドラムに小さな針が埋め込まれておりその針が手前の板をはじきながら演奏するようになっています。さらに曲の区切り区切りではドラムが横にスライドし違う針で演奏する仕掛けです。
IMG_0531.jpg

もっと細かく見ると手前の板のほうも先端が小さくなっています。この小さな先端と針の位置を合わせて、しかもスライドさせて曲をつなげていくという技術、手作りでこの精度を出しながら素晴らしい曲を奏でるというのは信じられません。それなりのお値段も無理はない気がします。スイスでは腕時計なども含めこういう手作り文化がきちんと受け継がれているというのも素晴らしいです。
一方で日本の伝統技術は・・・。機能満載、大量生産の電子機器では代替えできないものですね。豊かな生活?と引き換えに昔からの伝統技術がすたれていくようで・・・。
IMG_0532.jpg

真冬とは思えない天気です。Aさんにはこんにゃく作りの体験をしてもらい、お持ち帰り頂きました。
IMG_0536.jpg