2013.01.26 挙式その1
1月26日(土)長男の挙式でした。
家の中に子供がいなくなり、30年前の二人だけの生活に戻りました。そんな年になったのかな・・・との実感です。
IMG_0437.jpg

式の事はともかく、遠い田舎から親戚にも来て頂いたので、少しは大阪の案内もしなければと市内をうろちょろしました。
まずは通天閣、前に行ったのは25年以上前でしょうか。昔と違い明るく清潔な街になっていました。通天閣は吉本などのキャラクターなどが入ったお土産やお菓子で埋もれています。観光客目当ての串カツ屋もたくさんあり、なんだか「新世界」ではないようです。
IMG_0498.jpg

心斎橋といえばやはりこれですかね。新しくなってはいるようですが・・・。しかし、夜ともなるとすごい人ごみです。
IMG_0517.jpg

もちろんなんば花月も覗いてみました。


最後は大阪城。いつも通勤電車から眺めてはいますが、天守閣に登るのはほんとに久しぶりです。外国からの観光客も多いようで、天守閣のエレベーターガールは日本語、英語、韓国語、中国語の4か国語で案内していましたよ。
IMG_0518.jpg

スポンサーサイト
2013.01.20 1月20日の生杉
夜中に少し降ったようで、朝起きると新たに5cmほど積もっていました。
IMG_0341.jpg

北東側はまだ雪かき出来ていなかったので朝から1時間半作業してやっと台所の窓から外の景色が見えるようになりました。南側は全く手付かずです。
IMG_0344.jpg

今日は雪のなかわざわざ京都から木工機械代理店のSさんが来てくれました。「たいした用もないのにこんな雪の時期に来て頂かなくても・・・」と言ったのですが。
車が見えたので外へ出てみると、なんと隣に若い女性が。吹奏楽の後輩でJTBの新米社員、「営業活動に協力・・・」との話なのですが、こんな人がいない雪国まで来て「営業」でもないと思います。
しかし、お客さん(特に若い女性)は歓迎しなければいけません。残り物のおでんでお昼を食べてもらい、スノーシュー体験もやっていただきましたよ。
IMG_0379.jpg

京都から1時間半とはいえ、こんな世界があるとは想像もできなかったのではないかと思います。少しは楽しんでもらえたでしょうかね。
IMG_0381.jpg
2013.01.19 銭まき
針畑大宮神社では毎年1月19日に「銭まき」という行事が行われます。今年はたまたま土曜日にあたり参加する事が出来ました。

いぜんにも報告したことがあると思いますが、厄年にあたる方々がお金を撒いて厄を祓うしきたりのようです。お金だけではなく、お餅や飴を撒く人もいます。
1m近くも積もった雪の中、厄年の方が前に並んで小銭を撒いていきます。
IMG_0261.jpg

皆さん、かごや袋を用意してどんどんその中に入れていきます。拾う方は30人くらいでしょうか。
IMG_0267.jpg

ちょうどお金が飛んでいるところご写っています。
IMG_0264.jpg

どんどん飛んでくるので、みんな必死で拾います。
雪の中に埋もれてしまう硬貨もあり、しばらくの間小学生は学校帰りに探すそうです。
IMG_0268.jpg

私は写真を撮りながらなので、あまり真剣には拾ってはいなかったのですが、それでも帰ってから数えてみると1,200円ほど拾っていました。
IMG_0339.jpg

子供達も含め数千円にはなりそうです。家族で来ると・・・。厄を拾ってあげるというのが主旨なのであまり金額にこだわってもと思いますが。
それにしても他ではあまり聞かない変わった行事ですね。

終わった後は山帰来から「甘酒」の出張販売が出ていました。さっそく頂いたお金でご馳走になりました。
IMG_0284.jpg
針畑筋、茅葺屋根が少なくなったとはいえ大雪が降ると「日本昔話の世界」になります。
古屋の民家
IMG_0191.jpg

小入の民家、現役の茅葺民家です。
IMG_0214.jpg

2,3年前までは茅葺だったのですが、今はトタンをかぶせてあります。中には囲炉裏が残っているそうです。
IMG_0221.jpg

こちらも現役の茅葺民家、風景も良く絶好の写真スポットとなっています。
IMG_0233.jpg

小屋も押しつぶされそう・・・。
IMG_0248.jpg

家主さんが現在入院加療中のため、雪に埋もれています。
IMG_0246.jpg

こちらは我が家が借りている畑の地主さんのおうち、やはり普段住んでいないので雪に埋もれています。
IMG_0312.jpg

茅葺屋根の維持管理は大変なのでかなり少なくなっていますが、この風景はいつまでも残したいものですね。
京都を抜け八瀬に入ると雪が積もり、大原で-5℃とかなり冷え込んでいます。
雪景色の大原、ちょうど山に朝日が当たり始めたところです。
IMG_0175.jpg

予報が外れた良い天気になったのであちこちで寄り道して行きます。
久多の雪景色
IMG_0180.jpg

桑原
IMG_0195.jpg

古屋(年賀状と同じパターンですが)
IMG_0205.jpg

やっと生杉
IMG_0228.jpg

昼前には曇ってきましたが大宮神社の銭まきのあとスノーシューをはいて1時間ほどデジカメ散歩をしました。
IMG_0291.jpg

午後には再び青空が広がりました。
IMG_0321.jpg


木金と降り続いた新雪が60-70cm、現在の積雪は95-100cmやっと生杉らしい景色になりました。
IMG_0241.jpg
楽しんだあとは、雪かきが残っています。年末に痛めた腰がよくならず慢性化しているようです。原因は不摂生と運動不足とわかってはいるのですが・・・。
2013.01.14 爆弾低気圧
「爆弾低気圧」の影響で太平洋岸を中心に荒れ模様との予報、明け方から雪になったようです。かなり湿った雪で木にびっしりとついています。関東などの都会では大変な混乱だったようですが、朝の時点で10cmあまり、その後昼過ぎに雨に変わるまでさらに10cmほどの湿った雪、このくらいなら生杉では降った内に入らないくらいですね。
「爆弾低気圧」とは昔「台湾坊主」と言っていた低気圧なのでしょうかね。
IMG_0146.jpg

カラーではなくモノクロの世界に。Kさん、朝早くから外へ出て写真を撮っていました。
IMG_0160.jpg

雪の割には視界があり、それなりに綺麗です。
IMG_0163.jpg

このくらい降ると除雪車が出動するので、その前に屋根雪を道路際まで運び出します。そうすると除雪車があっという間に片付けてくれます。大変助かっています。
IMG_0151.jpg

久しぶりに薪ストーブでピザも焼いてみました。生地はかなり前に冷凍していたもの、具も有り合わせでKさんに盛り付けて貰いましたが、やはり焼きたてのアツアツはおいしいです。
IMG_0165.jpg


宿題のレンジ台の仕上げはワックスで。
IMG_0145.jpg

テーブルの脚も何とか出来上がりました。枚方へ持ち帰り、ちょうど我が家へ長男の婚約者も来ていたので引き渡し、社宅へ移動しました。
IMG_0168.jpg

三連休もあっという間です。京都にもう一泊するKさんをホテルまで送り、連休も終わりました。
2013.01.13 写真撮影
-8℃とかなり冷え込みました。朝から晴れたのでKさんと中牧・古屋・小入と写真撮影に行ってみました。この時期夜明けが遅く、7時頃やっと明るくなります。今一つの青空でした。
IMG_0062.jpg

雪模様
IMG_0072.jpg

古屋の集落、やはり雪が少ないですね。
IMG_0067.jpg

やっと朝日が差し込んできました。
IMG_0084.jpg

Kさんスノーシューをはいて雪の中を移動しながら撮影です。
IMG_0082.jpg


IMG_0098.jpg

冷え込んだので落葉した木が真っ白に凍り付いて朝日に輝いています。
IMG_0112.jpg

我が家の畑では何やら動物の足跡が・・・。
IMG_0121.jpg

Kさん、撮影の合間にこんにゃく作りを体験してもらいます。
IMG_0134.jpg

少し柔らかめでしたが何とかできました。夜はこのこんにゃくで先週に引き続き冬の定番(手抜き?)おでんです。
IMG_0138.jpg

2013.01.12 再び三連休
年末の三連休、年末年始の休み、そして年明けの三連休と休みが続き、なかなか仕事のペースがつかめません。
この三連休、写真修行中のKさんが東京から雪景色の撮影にやってきました。「雪道の運転に少し不安が・・・。」とのことでJR京都駅で待ち合わせしてから生杉へ向かいます。朝一番の新幹線でやってきました。
IMG_0020.jpg

今年は雪が少ないのですが、木曜日から金曜日にかけて20cmほどの積雪があったようです。雪が少ないと雪かきは楽なのですが、なんだか生杉らしくなく寂しい気もします。
IMG_0024.jpg

それでも一面の雪原に動物の足跡が・・・。
IMG_0030.jpg

今日は生杉区の新年会、15名ほどの参加でした。私は初めての参加です。
本日のメインは来年度(4月から)の新役員の決定、主に選挙で決めて行きます。まだ新入りで週末通いなので何も任命されませんでしたが、そのうち協力しなければならなくなると思います。
議事の後はおでんや焼きそばが用意されており、懇親会となりました。
IMG_0033.jpg

夕焼けもきれいでしたよ。雪が少ないので田んぼの畔がはっきりとわかります。
IMG_0047.jpg

最近二人だけのときは居間のストーブはつけていないのですが、今日はお客さんなのでしっかりと燃やしました。IMG_0050.jpg

夜はお隣のKさんもお呼びして3人で楽しく食事しました。

2013.01.06 木工作業など
雪かきの合間に木工に専念します。
欅テーブル脚の加工、残っていたほぞ穴加工を角ノミでやりました。早く仕上げないといけないのですが・・・。
RIMG0951.jpg

こちらはレンジ台、時間がなかったので生杉で部材加工だけやり、枚方へ持ち帰って組み立てました。
RIMG0999.jpg

午前中は晴れ間も出ていましたが、昼過ぎに雪が落ちてきて、帰る頃には雨模様となりました。
RIMG0990.jpg
2013.01.05 雪かき
今シーズン、南側はまだ除雪しておらず、かなり雪がたまっています。ネットの高さ2m近くまできているので1m以下になるくらいまで除雪作業しました。と言っても、南側は長さ20m以上あり一気には出来ません。とりあえず半分ほどやりました。
RIMG0965.jpg

北側も新たに屋根から落ちた雪が積もっており、北東側のみ処理しました。
RIMG0986.jpg

こちらはお向かいさん、今シーズンはまだ雪が多いわけではありませんが屋根雪が落ちて軒近くまで来ています。まめに雪かきしないと家が埋もれてしまいます。
RIMG0988.jpg

夕焼けが綺麗でした。
RIMG0969.jpg

2013.01.04 写真日和
期待通り、朝早くから除雪車が稼働している音が布団の中から聞こえていました。夜のうちに雪かきした甲斐がありました。
30-40cmの新雪、このくらいでは生杉では「大雪」とはいえず、普通の雪ですね。
RIMG0889.jpg

朝のうちは曇っていましたが、9時頃には青空が広がってきたので写真日和と古屋あたりまで出かけてみました。
RIMG0896.jpg

もう少しすっきりした青空になればよいのですが、ぜいたくは言えません。
RIMG0903.jpg

RIMG0914.jpg

もう長年使われておらず、朽ちかけた小さな藁ぶき屋根の民家。
RIMG0921.jpg

降雪直後の晴れ間はシーズンに何度もないので貴重な時間です。
RIMG0934.jpg
1月4日午前中会社に出て夕方生杉へ移動。3日の夜から4日にかけて雪が降りました。
大原あたりから積雪が見られ、花折峠を越えると路面も雪が積もっており一面の雪景色です。
針畑筋に入ると雪が降り出しました。
RIMG0859.jpg

我が家の前は轍もなく10cmほどの積雪。
RIMG0865.jpg

明朝の除雪車に雪を片付けてもらうため夜のうちに雪かきをしました。本当は夜の単独での雪かきは危険なのですが、屋根雪もかなり落ちており大丈夫との判断。軒下の雪を道路側に落としていきます。
RIMG0866.jpg

おでんを仕込みながら、2時間ほど除雪作業。
RIMG0867.jpg
今年初の生杉通い、2日の夕方から1泊で行って来ました。
年末帰ってから新たな積雪はなかったようです。おまけに棟梁が小型ユンボで雪かきまでして下さったようです。
RIMG0838.jpg

天気予報は相変わらず「冬型で日本海側は大雪に・・・」と言っていますが、朝から青空が広がっていました。最近の天気予報はオオカミ少年のようです。「自らの責任を回避するため常に最悪の可能性をアピールしているだけで本当のことを言っていないのでは?」と勘繰りたくなります。
RIMG0841.jpg

これも長男からの注文、昔から使っていた本棚が汚いのでリニューアルの要請です。
RIMG0834.jpg

写真では変化がわかりにくいと思いますが、①ペーパー掛けして、蜜蝋ワックスで仕上げました。②棚板の後部に留め板をつけました。③中段に棚板を増設するために、棚受け用のダボを設置。
昨夜晩飯も食べず6時から11時半まで作業、3日の朝ワックス仕上げ。この材料、20年ほど前に会社で廃棄されるところであった材料を引き取り、子供用の本棚にしたものです。おそらく40数年間仕事をしてきています。まだまだ働いてもらいます。
RIMG0844.jpg

本棚の後はケヤキテーブルの脚を加工しました。
3度目のほぞ加工ですが少しずつ寸法取りや機械取扱いの要領も分かり、かなり加工精度も上がってきました。
RIMG0846.jpg

1時頃から急に吹雪模様になりましたが、本格的な積雪にはならず、帰るころにうっすらと白くなった程度でした。
RIMG0852.jpg

雪かきもなく、一人だったので木工に集中できた一泊二日でした。
明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は生杉での生活が何とかスタートしました。枚方と生杉の慌ただしい週末往復の中で、生活の基盤を整えることが中心となりました。
今年は3月には家内が定年退職する予定です。木工や在所とのお付き合いなど生杉での生活パターンを確立できる年にしたいと考えています。

今年の年賀状に載せた針畑・生杉の風景です。このような風景に惹かれて通っています。
20120219生杉 020

20120219生杉 032

RIMG0494.jpg