良い天気になりました。
20120428-0501生杉 039

昨日と比べるとカタクリの花も新たに咲いています。
20120428-0501生杉 046

里ではもう終わっていますが、上針畑では今が桜の見頃です。先ずは古屋集落の桜から。
20120428-0501生杉 049

京都精華大朽木校舎の桜です。その昔は中学校だったそうです。
20120428-0501生杉 056

その後は道を戻り、小入谷の桜見物。今が一番いいときです。
20120428-0501生杉 061

小入林道をバックにした古屋の桜。
20120428-0501生杉 063

集落の奥にある八重桜、見ごたえがあります。
20120428-0501生杉 089

林道でシャクナゲが綺麗との話を聞き、早速林道をあがって見ました。
20120428-0501生杉 066

言われたとおり、綺麗な時でした。
20120428-0501生杉 069

20120428-0501生杉 082

トクカワソウ
20120428-0501生杉 077

タムシバ
20120428-0501生杉 087

オオカメノキ?
20120428-0501生杉 088

春の花モクレンも生杉では今見頃です。
20120428-0501生杉 096

スポンサーサイト
昨年の記録では5月に入ってから咲いたようですが、気温が低いと思われる今年のほうが少し早いようです。さすがに綺麗ですね。
20120428-0501生杉 004

近くではイワナシも咲いています。小さな花でよく見ないと見つけられないくらいです。
20120428-0501生杉 013

今年はミヤマカタバミがあちこちでたくさん見られます。2年続きの大雪で鹿がかなり少なくなっていることが関係しているのでしょうか。
20120428-0501生杉 017

スミレの類も例年に無くたくさん咲いています。
20120428-0501生杉 003

ヒメエンゴサク
20120428-0501生杉 033
4月28日
5月2日の出勤日をはさんで4連休*2のGWがスタートしました。前半は家内が帰省のため単独でのきままな生杉通いとなりました。
すっかり春になった畑ではアスパラの初物が顔を出していました。
20120428-0501生杉 002

畑の脇ではコゴミも顔を出していました。軽く湯がいて食べれば春の味です。
20120428-0501生杉 035

久しぶりに山へ入ってみました。今冬の大雪のせいかかなり山が荒れています。途中の林道でも倒木が道をふさいでいます。
20120428-0501生杉 030

本当はなめこ用の原木を調達にいったのですが、わざわざ伐採する必要はありませんでした。数本のブナが倒れており、根元をチェーンソーで切り原木として使うことにしました。大きな杉と一緒のところに生えていたブナが倒れています。根が3mくらいまで跳ね上がっていました。
20120428-0501生杉 021

こちらも根元径30cmくらいはある結構大きな木です。
20120428-0501生杉 027

夜はかつおのたたきに加え、たけのこやカンゾウ、コゴミなどで一杯・・・。
20120428-0501生杉 038
21日(土)の午後から風が強くなり、夕方頃からはゴォーゴォーと猛烈な風が吹き荒れます。トタン板などが家の周りを飛んでいきます。とても危なくて外へ出られる状態ではありません。針畑では年に数回このような風が吹きます。
20120421-22生杉 023

一晩中、風の音が止まず、時々家がミシッときしむ音がします。明け方になると少しは収まってきましたが、帰る頃まで強い風が吹いていました。隣の別荘の屋根が壊れていました。
20120421-22生杉 022

天気が悪いので早めに山を降りて、木戸口の「風」に寄りました。入り口の桜は満開でした。天気のせいか客も少なく、オーナー夫妻も接客の合間におしゃべりしたり本を読んだりと和気藹々の雰囲気でした。
20120421-22生杉 028

先日から開催している裂き織りの作者も来店されており、体験も出来るようになっていました。早速挑戦・・・?
20120421-22生杉 031

作業自体は難しいものではないようですが、細かく裂いた布地をデザインを考えながら一本一本根気よく織り込んでいきます。
20120421-22生杉 032
大阪・京都ではソメイヨシノが終わり大阪造幣局の通り抜けが行われています。
朽木(安曇川沿い)ではソメイヨシノがやっと見頃になってきました。
先ずは朽木・大野の桜です。30本ほどの桜並木で数は多くないのですが、安曇川の土手と田んぼに沿った桜並木で見ごたえがあります。
20120421-22生杉 002

20120421-22生杉 008

さらに車で5分ほど進むと朽木・市場いつも朝市をやっているところですが、桜祭りの準備をしています。
20120421-22生杉 010

こちらもちょうど見頃です。もうしばらくするとたくさんの人が訪れるのでしょう。
20120421-22生杉 011

山ではショウジョウバカマに加え可憐なイワナシが咲いていました。
20120421-22生杉 018

イカリソウも咲き始めました。
20120421-22生杉 027

雪が解け、カタクリの花芽も出てきました。来週には花が開いていることでしょう。鹿に食べられないことを祈ります。
20120421-22生杉 020

2012.04.19 春の息ぶき
4月18日 天気は良いのですが、針畑筋へ入ると霧模様になってきました。
20120418生杉 001

今年はフキノトウがたくさん顔を出しているのですが、場所によって様子が違います。下の段の畑では茎が短く全体に丸っこくなっています。
20120418生杉 004

一方上の段の畑に出ているフキノトウは茎が長く先っぽのふくらみも少ないようです。種類が違うのか単に場所による違いなのか。距離にすると数mしか離れていないのですが。よく分かりません。
20120418生杉 006

つくしも数本出ています。
20120418生杉 007

土手のアサツキ。
20120418生杉 009

Yさんが生駒から持ってきてくれたノビルも増えてきました。
20120418生杉 008

ギョウジャニンニクも雪の中で準備をしていたようです。
20120418生杉 011

フキノトウを少し頂き、フキ味噌を作ってみました。
20120418生杉 014

以前作ったのと比べると味噌そのものの味が違うような・・・。
酒のつまみにもなりますし、御飯に付けて食べると他のおかずはいりません。
20120418生杉 015


2012.04.15
4月15日(日)
生杉もすっかり雪がなくなりました。我が家の畑も雪解け水の後とモグラの散歩跡が目立ちます。土が乾くまでしばらく手は付けられませんが。
20120415生杉 021

例年よりフキノトウがたくさん出ているような気がします。今年は大雪の影響で鹿の姿を見ていない(足跡も無い)のですが、油断していると一気にやられてしまいます。
20120415生杉 028

そのほかギョウジャニンニクやラッキョウ、ニンニク、ニラなどあるため電柵の設置作業をやります。本日は一人なので4時間ほどかけて何とか電柵を設置しました。好天に恵まれラッキーでした。
20120415生杉 031

先日から我が家の向かいの谷あいでチェーンソーの音が聞こえていました。伐採作業も一段落したようなので見学に行って見ました。
20120415生杉 025

写真では分かりづらいかもしれませんが、根元径で80cm以上ありそうな大木です。切り株の年輪をざっと数えてみると120-130あります。計算すると明治の中頃になります。地元の方によると材の質は良好だそうです。昭和の中頃に田んぼなどに植えた木はなかなか使い物にならないと聞きますが、江戸末期に生まれた先祖が残してくれた宝物ですね。
20120415生杉 026
出町柳から宝ヶ池へ向かう道沿いでも桜が満開になりました。
20120415生杉 002

針畑地区ではソメイヨシノはまだまだですが、マメザクラは咲いています。
20120415生杉 040

山野草は一気に咲き始めました。
可憐なキクザキイチゲ
20120415生杉 036

オウレン
20120415生杉 006

オウレンの群生
20120415生杉 007

スミレ
20120415生杉 009

ヒメエンゴサク
20120415生杉 037


トクカワソウ
20120415生杉 015

ショウジョウバカマ、いかにも山野草のような
20120415生杉 016

昔はいたるところにいろんな山野草が咲き誇っていたのでしょうが、今では鹿の食害の影響で限られた場所でわずかに生き延びているのが現状です。今年は2年続きの大雪のため針畑地域では鹿が激減(移動?)していますがこのくらいで山野草が回復するとは思えません。鹿の復活のほうが早いのではないかと危惧しています。
いずれにしても雪が解け、わくわくする時期となりました。
2012.04.08 4月8日の生杉
雲一つ無い快晴となりました。東の山から太陽が昇ってきます。
電線がなければといつも思うのですが・・・。
20120407-08生杉 037

20120407-08生杉 045

かなり冷え込んだようで氷が張っていました。
20120407-08生杉 042

朝のうちに作業小屋の整理をし、Mさんに手伝って頂き、我が家の雪囲いも一気に片付けました。ようやく春が来たような気分です。
20120407-08生杉 052

お昼前にMさん、近所のU子さんと窓辺でティータイム。
20120407-08生杉 048

ティータイムの後、先日残した薪木を切りに行って来ました。思ったほど簡単にはいかず、またもや切り残してしまいました。薪の調達は思うようには行きませんが、無理をして怪我するよりは少しずつやっていきましょう。
20120407-08生杉 050

帰りの京都はほぼ満開。行楽客で川端通りも渋滞でした。日が長くなったこともあり、帰る時間を少しずらさないといけません。
20120407-08生杉 055
4月7日(土)
第2京阪を京都へ向かっていると北山の高いところは白くなっています。
朝はゆっくり目に出発して木戸口の風に寄りました。裂き織りの展示中です。作品を見ながら、コーヒーを飲んでいるうちに雪がちらほらしてきました。
20120407-08生杉 007

国道から針畑筋に入ると本格的な雪になり吹雪状態です。何時までこんな天気が続くのでしょうか。
20120407-08生杉 010

生杉についた頃には晴れ間も出てきましたが、まだまだ一面の雪景色です。
20120407-08生杉 014

雪解けの進んだ田んぼの様子です。
20120407-08生杉 019

Mさんと一緒に作業小屋の雪囲いを片付けました。軒先には1m近い雪が残っているのですが。
20120407-08生杉 021