もはや大雪の峠は越えたのか。花折峠までは雪もなく、峠を越えた国道沿いもかなり雪解けが進んでいます。屋根と繋がっていた雪もこの一週間で切れています。それでも生杉の積雪は130cm。
2012025-26生杉 016
今日はゆっくり出発だったので久しぶりに木戸口の「Kaze」に寄ってみました。12月末から1月あまり休業でしたが久しぶりお二人にお会いすることが出来ました。

久しぶりの泊まり、寒いので夜はストーブの前に布団を敷いて寝ました。
朝目が覚めると「ザザッー」という音が・・・。そう、雪が屋根を滑り落ちる音です。明け方から降り出したらしい雪が10cmほど積もっていました。結局昼頃まで降り続き、145cmまで戻りました。早速除雪車が来る前に屋根雪を道路側へ落としました。
2012025-26生杉 020

除雪の合間に1時間ほど林道を散歩してみました。
2012025-26生杉 024

今日は奥へ入る人が多く、びわ湖高島観光協会のマイクロバスも入っていました。
2012025-26生杉 029

どんよりした曇り空と雪景色、モノクロの世界が広がります。
2012025-26生杉 039

国道へ出る梅ノ木の集落と背後に聳える比良山系・武奈ケ岳の雪景色。
2012025-26生杉 044
スポンサーサイト
平日ですが時間が出来たのでちょっとだけバイクに乗ってきました。寒い日が続いていましたが、天気も良く、この時期にしてはあたたかい陽気になりました。
いつもの半日コース、木津・信楽方面です。
信楽のたぬき君たちです。
2012025-26生杉 003

お昼は蕎麦屋があったので寄ってみました。古民家風のお店です。
2012025-26生杉 006

ざるそばの大盛り、まあまあのおいしさです。
2012025-26生杉 005

次はお茶の郷、和束。
2012025-26生杉 008

冬には時々行っている猪肉専門の「キザキ」。
2012025-26生杉 012

100gあたり200円から1,300円以上までのいろんな猪肉が冷凍庫に山積みになっています。
猪汁用のぶつ切り(400円)と鍋用(800円)をゲット。
2012025-26生杉 011

最後は家の近くの図書館へ寄って120kmのプチツーリングでした。



鹿肉料理の第2弾、今回は「赤ワイン煮込み」。普段からこういう洋風料理はやったことがないのですが、赤ワインで煮込むと独特の癖が抜けるとの情報でトライして見ました。
先ずは鹿肉を50g程度のブロックに切りニンニク、タマネギ、ニンジン、セロリなどの野菜と赤ワインに漬け込みます。世間ではマリネというのでしょうか。赤ワインは3Lで1,200円のチリワインです。めちゃくちゃ安いですが結構いけます。
20120219生杉 003

次に漬け汁を切った鹿肉と野菜をそれぞれいため(ソテー?)、フォンドヴォーを加えた赤ワインで煮込みます。あくを取り、弱火で2時間ほどでしょうか。ローリエやブーケガルニなど使い慣れないものも一緒に煮込みました。
20120219生杉 004

最後に煮込んだ野菜だけを取り出してミキサーでつぶし、再び鍋に戻してしばらく煮込むと出来上がりです。
20120219生杉 005

確かに独特の癖もなく大変おいしいと思います。合格点です。
しかし、これが牛肉だったらもっとおいしいのかなとつい思ってしまいます。
車の温度計を見ると枚方で-4℃、大変冷え込んだ朝となりました。京都は-3℃でたいしたことはないかなと思っていましたが、大原(-6℃)から葛川、梅ノ木(-8℃)と進むにつれ-10℃に近づきます。生杉では日が射していましたが-12℃と今冬一番の冷え込みです。
部屋の中の気温は1.0℃でしたが、台所の水道が凍っていました。洗面所は凍っていませんでしたが、凍結は始めての経験です。

大雪の後の厳寒の朝、山々の美しさは格別です。山全体が凍り付いています。
20120219生杉 041

60cmあまりの新雪が朝日を受け、輝いています。
20120219生杉 019

朝早くから除雪車が入ったようですが、道路際の雪の壁は2mをゆうに越えています。庭の積雪も190cm。屋根まですっぽり埋まっている感じです。
20120219生杉 028

雪の曲線美はなんとも言えません。電線がなければよい感じなのですが。
20120219生杉 032

雪かきの合間にコンニャクを作りました。最近はなれて、かなり効率よく出来るようになりました。
20120219生杉 043

雪が高く積もり重たそうです。
20120219生杉 026

小学校前の道路わき、確か小屋があったように思うのですが、雪の重さでつぶれてしまったようです。あちこちで雪の重みに耐えられない小屋が出てきています。
20120219生杉 045

先日、もうそろそろ帰ろうかと思っていると近所のIさんから電話が・・・。「鹿がかかっているので今から処理するよ。」Iさんは罠猟の免許を取っており、家の周りに仕掛けています。
行ってみると罠猟のベテランNさんも手伝いに来ていました。残念ながらこの時期の鹿肉は餌がない為痩せており、上質ではないとのこと。胃は食べたもので一杯でしたが、中に入っていたのは木の皮だけでした。
Nさん指導のもと、Iさんが解体するのを手伝いました。
一番おいしい時期は5,6月の新緑の餌を沢山食べた時期だそうですが、この時期の鹿はまだ食べたことがありません。もしかしたら禁猟期かも?
20120212生杉 007

分け前を頂いたのですが、鹿肉はどうしても独特の癖があり、煮ると硬くなります。刺身がおいしいという人もいますが、肝炎などに感染する可能性もあるのでこれは絶対に避けるべきです。おいしく食べるのはなかなか難しいのです。

そこでネットで見つけた調理方法に挑戦。「炭酸飲料で煮ると軟らかくなりおいしい」との情報。冷凍してあった鹿肉770gを半解凍で薄く切り。CCレモンとコーラで煮てみました。最初の泡とあくを取りながら弱火で煮ること3時間。確かに軟らかくて独特の癖もかなり低減されています。どちらかというとCCレモンの方が少し甘めですが良いように思います。
20120212生杉 009

ここまでは下ごしらえ、この肉を使ってすき焼き風に煮込んでみました。
これはなかなかいけます。独特の癖もなく、軟らかくておいしいです。最初のカットを5mmくらいにしたのですが、もっと薄くカットすれば煮る時間も少なく、さらに軟らかい肉になったと思います。
20120212生杉 018

家族からも「これならいける。」との評価でした。
但し、これだけ手間ひまかけて調理するだけの価値があるのか疑問はあります。やはり牛肉のすき焼きの方が簡単でおいしいかも。
2012.02.13 2月12日の生杉
京都、大原までは快晴、-2~-3℃でかなり冷え込んでいました。ところが、途中峠付近では曇り空、花折トンネルを抜けると雪がちらほら、梅ノ木まで来ると本格的な降雪になりました。典型的な冬型の天気ですね。
京都から30分あまりでこの景色です。
20120212生杉 002

生杉では道路の積雪が5cm程度、先週からの新雪は約20cm。意外と積もっていません。といっても我が家はご覧のとおり、屋根からの雪がつながり屋根に接する面が硬い氷になっています。早く処理しないと屋根のためには良くありません。
20120212生杉 004

今日は積雪も少ないので除雪車は来ないのかと思っていましたが、昼前に来てくれました。我が家を通り過ぎ再び下ってくるまでに屋根雪を道路際に落とし、処理してもらいます。いつもながらこれがないと雪の処理は大変です。感謝、感謝・・・。
20120212生杉 010
結局、雪は3時頃まで降り続きました。朝の積雪は155cmでしたが帰る頃には160cmを超えていました。何時まで雪が続くのでしょうか。屋根雪の除雪が追いつきません。南側は手付かずの状態です。

古の雪景色。
20120212生杉 017




天気も良いので在所を少し散歩してみました。雪に埋もれた生杉の風景をご覧ください。

現在は住まわれてはいないのですが、毎週末1時間ほどのところから雪かきに通われています。窓のところだけは何とか除雪されていますが、全体はすっぽりと雪に覆われています。見ている分には美しいのですが、家に入るのも一苦労です。屋根雪の上を小動物が歩き回っているようですね。
20120205生杉 025

こちらはいつもカメラマンの写真スポットとなっているお家、このあたりでも少なくなった茅葺屋根です。
20120205生杉 039

こちらは住まわれていますが、道路から少し距離があるため普段の雪かきも大変です。
20120205生杉 026

こちらのお家も半分は雪に埋もれています。
20120205生杉 022

田んぼの段差も見えなくなり、ただ一面の雪原に・・・。
20120205生杉 035

我が家の前からのいつもの風景。前の別荘もすっかり雪に埋もれてしまいました。今日も来ておられましたが、除雪する気にもならなかったようです。
20120205生杉 041
すべてのものを包み込んで、音もない純白の世界が広がります。町中で暮らしているだけではとても経験できない世界です。
日本海側を中心に各地で大雪となりました。ご覧のとおり、我が家もすっぽりと雪の中。
20120205生杉 003

今回の大雪、若狭湾から湖北・長浜から伊吹・関が原方面へ抜ける雪雲だったようで、長浜あたりでは記録的な積雪となりました。はずれ大雪でも生杉で1m近くは積もったのでは。これが小浜から直接生杉方面へ越えてきたらどんな雪になったのか・・・。積雪180cm、降雪直後は200cmを超えていたと思われます。
20120205生杉 009

あいもかわらずの雪かき、天気も良く、雪も割りと軽めですがなかなかはかどりません。作業のベースが道路からこの高さ、2mほどあります。
20120205生杉 015

あまり無理してもしょうがないのでやれる範囲で終了です。今日はこのぐらいに・・・。
20120205生杉 018

我が家の前の道路はこんな状況です。右側の除雪された雪の壁は3mほどになっています。本当にここが関西とは思えないような風景です。
20120205生杉 021