一人で土曜日の朝移動。生杉の気温-1℃、昨夜からの新雪が10cmほどあった様子で針畑街道では除雪車が稼動中でした。
20120128-29生杉 002

生杉の積雪は155cm、先週からの新雪は60-70cmほどあります。天気予報で雪マークが続いていた割りにはドカ雪にはならなかったようです。生杉では一晩でこのくらい積もることも珍しくありません。
20120128-29生杉 006

ストーブに火を入れると、あとは雪かきしかやることはありません。屋根から落ちた雪を道路側に落とし、除雪車が来た時に片付けてもらいます。一日かけて何とか北側の雪を始末しました。雪が軽かったのでいくらかやりやすかったように思います。曇りで時々雪が舞っていましたが、積もるような雪ではありませんでした。
20120128-29生杉 007

夜はストーブの前で一杯、雪かきの疲れを癒します。今夜は日本酒、燗酒と冷凍してあったマグロの切り身をストーブの火で炙り、たたき風に・・・。
20120128-29生杉 013

寝るのもストーブの前に布団を敷き、温かくして寝ました。
20120128-29生杉 014

朝起きると10cmほどの新雪で-4℃、冬型に変り本格的な雪になってきたようなので朝飯を食べたら早々に退散です。
20120128-29生杉 015

スポンサーサイト
1月22日日曜日
天気も良くなり、穏やかで春のような陽気でした。除雪車も出ているようなのでいくらか新雪も降ったのでしょうが、現在の積雪は105cm。昼間の気温はかなり上がったようです。雪かきをしていると暑いくらい。
20120122生杉 002

雪が溶けてくると新雪の時のようにすべての物を覆い隠す雰囲気ではなく、地形や建物の形が強調されてきます。同じ雪景色でも厳冬と春の違いです。
20120122生杉 021

今日は珍しく作業場の小さなストーブにも火を入れてみました。納品の時に一度つけたことはありますが、その後は使わずじまいでした。メーカーは同じネスターマーチンですが、居間のストーブと違い本体からの輻射熱が多い構造になっています。適正温度といわれた230℃まであげずとも短時間で部屋が暖まります。大きさも一回り以上小さいので薪の量も少なくてすむようです。 
写真だけでは良く分からないと思いますが、こちらは40cmまでの薪しか入りません。居間のストーブは55cmまで入ります。これはかなりの違いです。
20120122生杉 012

1時間あまり焚いて、熾き火になったところでサツマイモを焼いてみました。濡れ新聞紙で包み、さらにアルミホイルで包んだイモを放り込んで20-30分。
20120122生杉 018

取り出して空けて見るといい感じです。皮は少し焦げていますが、中はホコホコでおいしい。蒸かしたイモとは甘みが全然違います。ダッチオーブンで石焼イモもやってみようと思っていましたが、こちらの方が簡単、手軽においしく出来ます。他のイモ類や根菜でもいけそうですね。
20120122生杉 020
2012.01.18 1月18日の生杉
平日ですが、お休みです。
好天、放射冷却で生杉は-8℃(8:45)、今冬一番の冷え込みでしょうか。
20120118生杉 002

雪面が凍りつき、朝日にキラキラ輝き綺麗です。
表面はガチガチに凍っており、スノーシューなしでも問題なく歩けます。
20120118生杉 004

田んぼの畦や水路を覆った雪が綺麗な紋様になっています。
20120118生杉 006

昼前、近くの尾根を少しだけ歩いてみました。
20120118生杉 012

尾根から見る生杉の風景。雪も中休みのようでまだまだ雪に埋もれた生杉にはなっていません。
20120118生杉 014

雪も緩み時々足が埋まるため、スノーシューを履いての歩きです。
20120118生杉 017

三国峠を望むところまで登り、1時間強の山歩きでした。
20120118生杉 019
2012.01.15 1月15日の生杉
生杉の風景
夜中についた頃は降っていませんでしたが、朝起きると5cmほどの新雪。曇り時々雪、冷え込みはなく(といっても0℃)、真冬の生杉にしては穏やかな天気です。
20120115生杉 007

先日からの雪は思ったより多くなかったようです。現在の積雪は130cm。
20120115生杉 028

山へ入る時間はないので、近所を少しだけ散歩してみました。生杉にはすき好んで雪の中を歩き回る人はいません。
20120115生杉 021

屋根雪はご覧のとおり、先週できなかった北西側の雪を片付けます。手前の雪から少しずつ道路へ落としていきます。
20120115生杉 006

足元が崩れそうで・・・、危険ですね。何度言っても理解できないようです。
20120115生杉 012

お昼をはさんで5時間あまり、やっとここまで出来ました。一回降れば元の木阿弥ですが。丸一日雪かきでした。天気が穏やかだったのではかどりましたが。
20120115生杉 034
2012.01.07 1月7日の生杉
金曜日の夜生杉入り、その頃から積もり出した新雪が朝起きると20cmほどになっていました。日中もずっと降り続き帰る頃には30cm以上の新雪で、積雪150cm強になっていました。
大雪だった昨冬よりも積雪のペースは早いようです。
20120107生杉 009

我が家もご覧のとおり、雪に埋もれていました。
20120107生杉 011

二人で2時間かけてやっとこの程度、残った雪が落ちたら元通り。大変な作業です。
20120107生杉 020

11時頃になると除雪車が来てくれました。ある程度積もると出動して綺麗に除雪してくれます。これがないと針畑の生活は麻痺してしまいます。
道の除雪と一緒に雪かきの雪も片付けてもらいました。我が家は道端なので助かります。
20120107生杉 014

除雪車が押した雪、ゆうに2mは越しています。
20120107生杉 019

積雪観測の為庭に立てた棒です。赤い線が150cm、帰る頃には赤い線を越えていました。190cmまで標線を付けましたが、もう埋もれてしまいそうです。
20120107生杉 017
2012.01.04 新年の生杉
今年最初の生杉通い。朝のうちは曇り空でしたがお昼前には青空も見えてきました。
我が家の庭先の積雪は80cm、まだまだたいしたことはありません。
20120104isugi 002

それでも屋根から雪が落ちてこの状態です。
20120104isugi 009

台所の窓も雪で埋まってしまいそうです。北側の雪かきをしてやっと外の景色が見えるようになりました。
20120104isugi 005 20120104isugi 010

午後からは作業小屋の雪かきも。
20120104isugi 024

2時半頃からは天気予報通り、本格的な吹雪に。1,2時間で10cmくらいは積もっていました。
20120104isugi 027

早めに帰らないとやばいなと思い京都へ向かったのですが・・・。
花折峠や途中峠ではスリップや立ち往生した車でかなり渋滞しました。中にはノーマルタイヤで走っている車もあったのではないでしょうか。非常識のおかげで大変なめに会いました。
20120104isugi 032
以前は「白馬へスキー」をしに行っていたのですが、最近はその気力がなくなってきたようです。普段のストレス解消のため?結局4日工程で私がスキーをしたのは半日のみ。
何もせずボーとしたり、本を読んだり・・・とのんびりしました。

呑む方も食べる方も量はいらなくなりましたが、いつものジンギスカンは定番です。皆で一度は行きます。
20111230-20120102栂池 041

宿の夕食、宿泊料金は高くありませんが料理はおいしいです。
20111230-20120102栂池 051

お正月の夕食。
20111230-20120102栂池 066

最後は、こちらも定番の新行・山品のそば、やはり何回食べてもおいしいです。いつもほどは込んでいませんでした。
20111230-20120102栂池 062

今回の白馬旅行、我々はいつも通りなのですが全般に客が激減しているような気がします。不景気の為なのか、若い人がスキーなんかに興味持たなくなってしまったのか。そういえばボードの客がものすごく減ったような。
こんな状況ではスキー場もみんなつぶれてしまいそうですね。
新年明けましておめでとうございます


生杉からのスタートではありませんが、年末年始は恒例の白馬へ行ってきました。昨年は事情があり行けなかったのですが、今年はまたいつもの3家族が集まりました。
20111230-20120102栂池 002

雪は少なめですが、新雪で綺麗です。
20111230-20120102栂池 034

天気が良かったので、朝焼けの風景を撮りに行ったのですが、後立山の稜線は雲に覆われていました。
20111230-20120102栂池 009

冷え込みはきつく、-10℃でした。
20111230-20120102栂池 018
子ども達がが成長するに連れ、一人抜け、二人抜けしていますが、30年近く白馬落倉の宿へ集まっています。