2011.12.24 12月24日の生杉
前日から30cmほどの新たな積雪がありました。
今日は珍しく若いお嬢さんのお客さんがあり、出町柳まで迎えに行かなければなりません。
20111223-24生杉 014

気温は-2~3℃、生杉では特に低い気温ではありませんが。
20111223-24生杉 018

山全体が凍りついたように真っ白になっています。
20111223-24生杉 024

生杉の集会所からは既に除雪してあったので助かりました。
20111223-24生杉 029

それでも運転は慎重に。国道へ出るまでこのような景色が続きます。
20111223-24生杉 027

雪が湿っている為木にびっしりと着き、雪の花が咲いたようです。
20111223-24生杉 019

木にとっては、重く迷惑な話ですが。
20111223-24生杉 022

20111223-24生杉 028

お昼は薪ストーブでピザを焼きます。先週の試作のおかげでまずまずの出来上がりで、おいしかったです。生地さえ準備しておけばすぐにできるのでこれからも度々やりたいものです。
20111223-24生杉 033

久しぶりのそば打ちでした。今年はそばが出来なかったのですべて購入の粉です。出来は今ひとつでしょうか。
自前のそばつゆと辛味大根で頂きます。
20111223-24生杉 034
京都から1時間半、町中では経験できない雪景色と手作りのピザ・そば、満足して頂けたでしょうか。
スポンサーサイト
2011.12.23 12月23日の生杉
クリスマス寒波の到来、大原あたりから雪模様でした。生杉で20~30cmの積雪。運転は慎重に・・・。
20111223-24生杉 006

完全に白い世界になりました。これからどんどん雪の嵩が増すばかりです。
20111223-24生杉 004

お隣のTさん、「お餅をついたので取りに来て。」との電話。雪で何もやることがないので、二人で遊びに行きます。しばらく世間話をし、沢山お餅を頂いて帰りました。
20111223-24生杉 007

今シーズン初めてのコンニャク作り、外の仕事が出来るうちはやる時間がありませんでした。イモの出来もあまりよくなかったので今年の収穫は少なめです。
20111223-24生杉 008

次はそばつゆの出汁を取ります。利尻昆布と干ししいたけを漬けておき、沸騰する前に取り出します。その後、厚節をいれしばらく煮立たせて終了。あとは先日作った返しと合せてそばつゆの出来上がりです。余分のつゆは冷凍保存しておくとそば打ちの度に作る必要がなく便利です。
やることともだんだん冬篭りパターンになってきました。

20111223-24生杉 012

外は吹雪で、気温は0℃近く。ストーブを焚いてもなかなか温まりません。直接熱を発するような構造にはなっていないので、5℃位に冷えた部屋を15℃まで暖めるには6時間以上かかります。週末のみの使用には少し不向きかもしれません。もっとも部屋が広いせいもありますが。
20111223-24生杉 011
12月17日の未明から午前中にかけて再び積雪があったようです。結局20cmあまりの積雪となっています。
電柵の片づけがまだ出来ていませんでした。雪の重みでポールが数本折れています。
20111218生杉 007

畑は綺麗に雪化粧、わずかに残っていた大根も掘り出しました。
20111218生杉 013

今日は来週の来客に備えて、薪ストーブでのピザ焼き(の試作)に挑戦しました。先ずはレシピ通り小麦粉やドライイーストなど材料を混ぜ合わせていきます。
20111218生杉 001

水も加え、よく捏ね上げていきます。ストーブの前で1時間ほど熟成させてから6つの固まりに分けていきます。
20111218生杉 018

それぞれの固まりをアルミホイル上で適当に伸ばして行きます。
20111218生杉 019

チーズやウィンナー、トマトなどをトッピングし薪ストーブで焼きます。
20111218生杉 025

7,8分すると大変おいしそうに焼きあがりました。
20111218生杉 027

ところが食べてみると底が焦げていました。なかなか簡単にはいきません。
20111218生杉 029
そこで焼き網を使って、直接鉄板に触れないように工夫すると焦げはなくなりましたが、今度は中心部に火が通っていませんでした・・・。
来週に備え、生地を白焼きし冷凍保存しておきます。
2011.12.12 お披露目
12月10日(土)
昨年6月から始まった我が家の建設もいよいよ最終段階を迎えています。
年が変る前に、地元の方へのお披露目をやることになりました。
20111210-11生杉 018

棟梁や在所の方を中心に10人あまりの方に集まっていただきました。
20111210-11生杉 027

地元桑原の「じゅうべえ」さんにお弁当をお願いしました。山菜や鹿肉を中心とした弁当となっています。お値段の割りには食べきれないほどの量です。
20111210-11生杉 020

お客様からも鯖寿司の差し入れを頂きました。
20111210-11生杉 021

夕焼けが見られる頃になると、冷えて霧が出てきました。
20111210-11生杉 034

12時半に始まり、楽しい歓談の時間を過ごし、16時頃には一応お開きとなりましたが、最後は皆既月食(23時頃)を見ながらのお見送りとなりました。
生杉へ通い始めて7年余り、やっと在所の一員なれたような・・・。
12月10日(土)
金曜日の夜中に生杉へ向かいます。花折峠あたりから雪景色、国道沿いは積雪は余りありませんが梅ノ木から針畑街道入ると徐々に雪が増えてきます。特に古屋からは急に雪が増え、生杉では30cm近い積雪でした。
20111210-11生杉 001

朝起きると久々一面の銀世界。空は雲に覆われていますが、日の当った雪景色は非常に印象的です。
畑もすっかり雪に覆われています。
20111210-11生杉 003


20111210-11生杉 008

我が家も少しだけ冬の装い、早く雪囲いを何とかしなくては。生杉の雪はこんなものではありません。
20111210-11生杉 009

ナメコもまだ残っていましたが、雪を被り完全に凍り付いていました。
20111210-11生杉 015
いつも生杉で一緒に活動していたYさんの訃報が届きました。前々日には生杉で元気な姿をお見かけしました。とても信じられません。
この週末は作業小屋の雪囲い作業、本来ならそば打ちを披露してもらうはずだったのですが。

雨の中での雪囲い作業のあと、集まった皆さんと我が家で食事をしながら故人を偲びました。安らかにお休みください。

まだまだ形の良いナメコが沢山採れました。
20111203-04生杉 002