2011.05.29 5月28日の花
シャガが終わり、フジやミズキが花盛りとなっています。フジは綺麗な花ですが、樹木にとっては厄介者です。
20110528生杉 015

満開のミズキ、見事な風景です。
20110528生杉 034

20110528生杉 002

ホウもたくさん咲いています。ホウノキは高く伸びる木なのでこれほど間じかに花を眺められることは珍しいです。サロメチール臭がするそうですが、確認できていません。
20110528生杉 009

針畑筋でも田植えが始まりタコナシバナ(タニウツギ)が咲き始めました。
20110528生杉 004

印象的な姿のマムシグサ
20110528生杉 007


20110528生杉 012

ニガナの類ですね。
20110528生杉 037

20110528生杉 041
スポンサーサイト
2011.05.28 5月28日の生杉
台風2号と梅雨前線の影響で雨の予報。土はさわれないかなと思いながら生杉へ向かいます。雨でも草刈や収穫などやることはあります。
昼過ぎまでいましたが結局雨は降らず、今年初めての草刈やミョウガ・キントキイモを植えたり、フキ・アスパラの収穫など結構仕事がはかどりました。雨のつもりだったのでなんだか儲かったような気分です。
20110528生杉 016

ブルーベリーの花。今冬の大雪にやられ傷んでしまいましたが、4本のうち1本のみ花がつきました。小さくかわいらしい花です。
20110528生杉 014

枚方の自宅で「ナタマメ」の苗を育てています。「ジャックと豆の木」の豆と言われているそうですが。3,4cmもありそうな大きな豆がピョコンと出ている様はなんとも愛嬌があります。ここまで10日あまりですが、畑へ移植できるまでにはもうしばらく掛かりそうです。
20110528生杉 044
2011.05.21 5月21日の生杉
シャガの大群生、国道から旧道(?)へ入ったところです。見事な群生ですが、道端の斜面や杉林の際あたりに群生しているようです。生杉にはまだ見られませんが、針畑筋の途中までは少し見かけるようになりました。確かに鮮やかな花ではありますが、他の花が鹿の食害にやられるなかで、シャガだけが一面に咲く風景と言うのも何か違うような気がします。
20110521生杉 023
国道沿いではフジがたくさん咲いています。今年は例年より多いようです。
20110521生杉 001
道端の花が一段落し、樹木の花の季節です。
木が自己主張しているかのようなミズキ。
20110521生杉 004

アオダモ(コバノトネリコ)
20110521生杉 005

ホウの花も咲き始めています。まだまだ蕾のままのも多く、これから順番に咲いていきます。
20110521生杉 006

上の段の畑を1/3ほど耕し、コンニャクを植えました。昨年夏場の雨で腐った芋が多く、大きなのが少ないです。
他にもゴーヤ、キュウリ、枝豆、サトイモ、ミョウガなど植えました。
例年より気温は低めの生杉ですが、以前に植えたトマトやナスも順調に育っています。
20110521生杉 015

フキの花茎が開いています。もう5月も後半になろうかと言う季節ですが、生杉ではやっと一番フキを少し収穫することが出来ました。
猪が荒らしまくった川土手のワラビも少し出ていました。復活してくれれば良いのですが。
20110521生杉 017

近所の犬が遊びに来ました。まだ幼犬なので人懐っこく、構ってほしいほしいようです。耕したばかりの土が温かく気持ちがいいみたい。お昼寝タイム・・・。
20110521生杉 020

2011.05.15 5月14日の花
梅ノ木から入った奥山渓谷、新緑が鮮やかです。本当に気持ちの良い芽吹きの季節です。
20110514生杉 011

道端では白いシャガの花が咲き始めました。国道沿いに群生しているのですが、鹿は食べないようです。何か毒素を持っているのでしょうか。
20110514生杉 003

20110514生杉 005

生杉の林床ではミヤマカタバミやニリンソウがたくさん咲いていました。これも鹿の好みではないようです。
20110514生杉 043

オオイワカガミの群生も見頃になってきました。やはり鹿の好みではなく、生杉近辺でももっとも普通に見られる花です。
20110514生杉 045

ミツバツチグリ
20110514生杉 049

久しぶりに山へ入ってみると光が透けて見える新緑が大変美しいです。この時期、朝陽に光る若葉は芸術的でもあります。
ヒナウチワカエデ?
20110514生杉 019
20110514生杉 027
2011.05.15 5月14日の生杉
5月10,11日と朽木針畑地区でも相当な雨が降ったようです。アメダスのデータでは200mm近く。14日でも川の水量は普段より多く、濁り気味です。生杉集落のからブナ原生林へ向かう林道は土砂が流れ出しているそうで通行止めになっていました。山へ入る人もほとんどいませんでした。

周りの山を見上げると先週までは裸の枝ばかりだったコナラ類も雨のおかげか一気に新芽が芽吹きだしました。
20110514生杉 058

春らしいのどかな日和です。畑作業の合間、椅子を出してのんびりしているとついついうとうとしてしまいます。
20110514生杉 061

アスパラガスがにょきにょきと出てきました。あっという間に成長するので週末百姓では収穫時期を逃すことも度々です。
20110514生杉 052

昨年の秋に植えたチューリップ、最近のチューリップは形も色もめちゃくちゃ派手です。鹿にやられないようネットで保護しています。
20110514生杉 062

我が家の建築現場には合併浄化槽が搬入されていました。
20110514生杉 050
そろそろ工事再開でしょうか。
2011.05.10 5月8日の花
5月8日の花
ナガバモミジイチゴ
20110508生杉 007

コバノミツバツツジ
20110508生杉 012

ニリンソウ 針畑筋、あちこちの林床に咲いていました。
20110508生杉 015

古屋のヤマナシが満開、生杉はこれから・・・。
20110508生杉 021

生杉のオオイワカガミ やっと咲き始めました。
20110508生杉 024

平良のコブシはこれから
20110508生杉 043

20110508生杉 049

新緑が美しい季節になりました・・・。
20110508生杉 044

NPOメンバーのKさんとその友人3人が生杉へ来て「嫁菜御飯の会」を開催しました。信楽の方で蕎麦を3,4反も作っているそうで、若いのにすごいです。
醤油で味付けしただけですが、嫁菜御飯は香りも良く味も最高でした。
20110508生杉 028

「嫁菜」とはヨメナ、ごく普通に道端に見られる雑草です。Kさんの近所のあぜ道で採って来たそうです。
20110508生杉 029

御飯の後は天ぷら。まずはKさんが琵琶湖で獲って来た若鮎の天ぷらから。
20110508生杉 031

Kさん称する「道草料理」。その辺の道端から採って来た葉っぱを天ぷらにします。
嫁菜はもちろん、柿の葉(甘い)、コシアブラ、コゴミ、ヨモギ、桜の葉(少し苦い!)、我が家の行者ニンニクなどなど、旬の味を満喫しました。
写真は小屋の近くで採って来たコシアブラ。山菜では「おいしい」部類ですね。
20110508生杉 037

こちらは冬の間寒気に晒した塩鮭。
20110508生杉 039

いつもの通り、Kさんの絶妙な話を聞きながら楽しい時間を過ごしました。
針畑の桜も見頃になりました。東北北部の青森や弘前と同じくらいでしょうか。
桑原の八重桜、いつも見事な咲きぶりです。
20110504生杉 037

小入谷の最奥に咲く桜。
20110504生杉 008

小入の集落から小入林道方面を望む。
20110504生杉 004

カタクリも咲きそろっていました。美しいです!
20110504生杉 009

タムシバの時期は終わり、針畑では少ないコブシが咲いていました。
20110504生杉 028

トキワイカリソウ真っ盛りです。
20110504生杉 030

キランソウ
20110504生杉 033

ミツバツチグリ
20110504生杉 034

トキワハゼ
20110504生杉 036
やっと畑作業が出来るようになりました。土はまだ湿り気味ですが、GWも終わってしまいます。
小屋から耕運機を出し、耕耘します。2005年にヤフーオークションで購入、あまり手入れもしていないのに忠実に動いてくれます。感謝!
20110504生杉 019

上の段はとりあえず必要ないので、下の小さい畑のみ耕します。地元の方にはまだ早いと言われているのですが、週末百姓としては少々無理しても植え付けすることに。行灯は毎年やっていますが、今年は特に気温が上がらないため、透明マルチで地温をあげる試みをやってみます。これで効果があれば何時までも気温が低い生杉でも有効な手段となります。
20110504生杉 021

まず、トマト3種、ナス3種、シシトウ、ピーマンの苗を植え、サラダゴボウの種を播きました。生杉にもやっと春がやってきた気分です。
近所も大変にぎやかでした。親族が集まり法事をされた家、同じく親族が集まり家の片づけをしたり、田んぼや畑の準備をされる家も・・・。一年でもっとも賑やかな日かもしれません。生杉も普段からこのくらい人が暮らしていればと思います。
20110504生杉 022

畑に植えたスイセンが咲いてきました。
20110504生杉 018
GWもすでに半ば、天気もよさそうなのでバイクで出かけてみました。6時半頃家をでて、まずは通いなれた湖西道路から安曇川経由で敦賀へ向かいます。
敦賀市内から敦賀半島へ。世の中連休ですが、農作業をする人も多いです。
20110502バイク 002
敦賀半島横断道路から棚田と敦賀湾を望む。春らしい風景です。
20110502バイク 010

この敦賀半島から西へ向かう美方、高浜の若狭湾沿いは関電の原発銀座です。関電は九電の中でも原発依存度が高く、5割を越えこの地域には14基の原発があるそうです。
敦賀半島の最奥にある「高速増殖炉もんじゅ」、目と鼻の先の白木浜の集落から。ここは関電ではないかも。
20110502バイク 005

こちらは「美浜原発」、3基あるようですが「40年」経っているようで少し心配です。原発を見渡す手前の港では地元の子供達が写生をしていました。何もなければなんとものどかな風景なのですが。
私が通う生杉も一番近い原発から直線距離で20kmほどと聞いています。
20110502バイク 006

舞鶴港、小樽へ向かう巨大なフェリーです。近くの堤防では家族連れやカップルで釣りをする光景が見られます。
20110502バイク 012

舞鶴は海上自衛隊の基地でもあり(昔の軍港)、レンガ作りの建物もたくさん残っています。
20110502バイク 014

最近では映画撮影や町おこしに使われているようで綺麗に整備されています。
20110502バイク 016

14時東舞鶴ICから無料の舞鶴道。京都縦貫道を経由して枚方まで向かいます。走行距離366km。
暑くもなく、寒くもなく絶好のツーリング日より。
30年近く前に買った皮ジャンを引っ張り出して着てみました。少々カビかけていましたが、前夜一生懸命ふき取り問題なし、気分も昔に戻って・・・。(スピード違反と事故には注意!)
天気も良かったはすですが、黄砂でほとんど景色は楽しめませんでした。