昨日(1/30)の朝、湖北の積雪深観測点「柳瀬」の積雪は我々のいる生杉と同程度の180-190cm程度だったと思います。ところが今日の積雪は260cmを越える記録的な大雪となったようです。この間、生杉はと言うとほとんど積雪の増加はなかったようです。(見たわけではないのであくまで地元の方のブログなどを参考にした推測ですが)
どちらも滋賀県北部の豪雪地帯なのですが、どうしてこれほどの差が出来たのか。
通常は日本海から北よりの寒気が流れ込み福井/滋賀・京都県境の山(700-900m)を越えて針畑地区に大雪を降らせるのですが、今回はどうもいつもより西よりの寒気が山陰の海岸沿いを福井・敦賀湾方面に流れ込んだようです。そのため敦賀湾から湖北・伊吹方面への風の抜け道にあたる「柳瀬」あたりで大雪となったと思われます。

それでもご覧の通り、作業小屋は完全に雪に埋もれています。
20110130生杉 005

屋根雪もずり落ちたまま、つながった状態です。写真ではわかりませんが、屋根はかなり波打っており、相当の加重がかかっているのがわかります。
20110130生杉 004

生杉はだんだんと雪の海に埋もれ、田んぼなどの凹凸がなくなり、平坦な雪面になってきています。
20110130生杉 010
スポンサーサイト
年末から積もりだした今冬の大雪、いつまで続くのでしょうか。ご覧の通り針畑筋はここが近畿地方とは思えない景色になっています。
20110130生杉 001

今日も大雪の予報だったのですが、終日曇り空で時々雪がちらつく程度。昨日からの積雪もほとんどなかった様子。日本海沿岸から北陸方面に雪雲がかかっていたのですが、生杉のあたりまではおりてこなかったようです。
一段と雪深くなった生杉、朝陽があたって綺麗です。
20110130生杉 002

もう小屋の玄関も埋まってしまいそうです。さらに50cmほどの積雪があったようで、小屋の庭で現在の積雪185cmとなっていました。
20110130生杉 006

雪による被害も出ていました。なんと東側煙突ボックスのコーナーカバーが外れていました。屋根に接するあたりで氷った雪がずり落ちるときにコーナー部を引き剥がしたようです。立ち上がりの側面20-30cmだけでもカバーが必要かも。
20110130生杉 018

屋根面積の狭い南側もつながっており、シャッターを開けても日差しが入ってきません。とりあえず窓のあたりだけ処理しました。
20110130生杉 014

今日は家内が所要のため、一人で雪かきかと思っていたのですが、急遽雪かきの助太刀(一人+α)があり、本当に助かりました。一人でやっていたら半分も出来なかったでしょう。
20110130生杉 020

20110130生杉 026
午前に引き続き、午後からも1時間ほど雪かきしたのですが、つながった氷部分は残ったままです。本当はあと1mほど雪を落とし、屋根雪まで処理したいのですが・・・。
昼間は降りきれなかった雪も夜に入り大雪警報が出ているようです。

2011.01.23 1月23日の生杉
昨日に続き連日の生杉通いですが、今日は一人。せっかくの大雪なので本当は山にでも行きたいのですが、やはり今日も雪かきです。今日は我家ではなく、杣の会作業小屋の雪かきです。
20110123生杉 017

まずは午前中1時間半ほどかけて北側の雪を処理します。一部残りましたがかなり綺麗になりました。
20110123生杉 020

昼をはさんで午後からは3人で南側を雪かきします。ご覧の通り、1m位積もった屋根雪が一気に摺り落ちています。下敷きになったら大変です。
20110123生杉 054

今日も日がさしたかと思うと、吹雪になったりと変わりやすい天気でした。雪かきの合間に周りを散策。
20110123生杉 041

昨日と同じところで積雪を計ったら142cm、新雪が5~10cmほど積もったようですが、差し引き+1cmのみ。
20110123生杉 044
20110123生杉 053

すき好んで大雪の中を歩き回るような人間は生杉には余りいない(子供達は別にして)ので足跡は一人分です。何もない雪原に足跡をつけるのはもったいない気もしますが・・・。
20110123生杉 057

ところでスノーシューを買い換えました。1セット5,000円ほど、安いわりにはわりと使いやすそうです。
20110123生杉 056

帰りの道端で見つけた風景、何かわかりますでしょうか?
20110123生杉 064

2011.01.22 連日の雪かき
この1週間も雪が降り続いていたようです。針畑街道もご覧の通り、一段と雪国モードになっていました。
20110122生杉 003

先週雪かきした我が家も再び雪に覆われていました。生杉の気温は-2℃、雪が降り出したかと思うと、晴れ間も覗くような天気。
20110122生杉 014

3時間ほどかけて再度北側の雪かきです。道路からの雪の高さは3mほどになっています。
20110122生杉 016

我が家から芦生方面の眺め、向かいの別荘もほとんど雪に埋もれています。
20110122生杉 021

陽がさすと緩やかな曲線と影のコントラストが綺麗です。庭の平坦なところで積雪を計ると141cmあり、そのうち新雪が40cmほど。
20110122生杉 024

お昼過ぎに近所のNさんが寄ってくれました。しばらくストーブの前で世間話・・・。
たまに遊びに来るには美しい雪景色ですが、毎日暮らすとなると何かと大変です。Nさんの奥さんは朝からお宅の雪かきをやっています。
20110122生杉 031

琵琶湖の源流域でもある針畑地域、水辺での雪の表情も綺麗です。
20110122生杉 046

20110122生杉 055

2011.01.16 雪かきの一日
1月16日我が家は雪に埋もれかかっていました。軒先で2m50cmくらいはあるのですが、屋根雪と落ちた雪がほぼつながっています。この状況は家のためには良くありません。
20110116生杉 019

玄関周りもご覧の通り、飲み込まれそうです。玄関にたどり着くまでかなりの雪かきが必要。我が家はすぐ前の道路を除雪してくれるのでまだ楽なのですが、道路から離れた家ならたどり着くことすら一仕事ですね。
20110116生杉 020

屋根近くまで上がり、積もった雪をスコップやスノーダンプで少しずつ取り除いていきます。今日は気温が低く、軽いパウダースノーのためまだ楽でしたが、通常の生杉の雪は湿っていてかなりつらい仕事になります。
20110116生杉 033

昼ごろ棟梁も来て手伝っていただきました。残った屋根雪が落ちてくる危険性もあり、常に屋根に注意を払っての作業となります。もちろん一人作業も禁物です。
20110116生杉 042

軒先1mくらいまで何とか除雪しましたが、その間も新たな雪が積もっていました。入り口や窓もほとんど埋もれた状態です。
20110116生杉 058

南側は屋根面積が小さいこともあり、つながってはいませんでしたが、一応除雪しておきました。
20110116生杉 056

2週間前にはなんということもなかったのですが、この間の数回の降雪で大変なことになっていました。ほんとに生杉の雪は油断もすきもありません。
西日本を中心に強烈な寒波到来。枚方・京都でも-3℃、雪が舞う天気でした。花折峠を抜けたR367はすっかり雪国でした。
20110116生杉 008

ところが生杉の雪はこんなものではありません。生杉では1階部分はほぼ隠れているのが普通の景色です。生杉の気温はは-5℃、良く冷え込みました。
20110116生杉 011

我が家の畑もご覧の通り、一面真っ白。電柵のポールがほぼ隠れています。積雪はおよそ130-150cm程度でしょうか。
20110116生杉 040

屋根にたくさんの雪を乗せた生杉の茅葺民家。冬の生杉はまさに「日本昔話」の世界です。
20110116生杉 048

今日は冷え込みが厳しいためパウダースノー、屋根の雪もいくらか軽く見えます。
20110116生杉 050

これもいい雰囲気です。
20110116生杉 051

畑の向かいのお家、雪のない季節はおばあちゃんが一人で住まわれており、週末には娘さんたちが訪れてきます。しかし冬の間は雪の少ないところで暮らしておられるようです。ご本人にとっては最も落ち着く場所なのでしょうが、この雪の中お年寄りの一人暮らしは・・・。致し方ないですね。
20110116生杉 063

川の水が凍るようなことはありませんが、川石がすっぽり雪に覆われ、美しい景色です。
20110116生杉 073

雪が降ったりやんだりの生杉でしたが、風が強くなくあまり寒さは感じません。それでも帰る16時頃の気温が-4℃、完全に零下の真冬日の生杉でした。
2011.01.10 白馬スキー
年末年始は恒例のスキーに行けなかったのですが、こちらも恒例の会社仲間とのスキーに行ってきました。天気予報は冬型で荒れ模様の天気を予想しています。
白馬に着くといくらか新雪も積もっていますが、晴れ間も出ています。但し気温は-11℃と大変冷え込んでいます。この冬一番でしょうか。
山の上のほうまでは見えませんでしたが、朝焼けの白馬連峰も見ることが出来ました。
20110108-10白馬 002

雪原の向こうには岩岳・白馬が広がります。
20110108-10白馬 022

天気が良いので八方スキー場へ出かけました。
3連休、国内屈指のスキー場なのですが、かなり空いています。ゴンドラ駅のレストランで席を取るのも苦労しません。以前ならお昼ごろに10人ほどの席を確保するのは大変なことでした。ここまでスキー客が少なくなっているとはスキー場の経営も・・・。
一方では外国からのスキー客がものすごく増えてきました。オーストラリアや韓国・中国などからのお客のようです。
例年に比べると積雪もかなり少ないようです。
20110108-10白馬 025

2日目は五竜遠見・47スキー場、終日吹雪でした。スキーは午前中で終了、お昼からいい気分で呑んでいました。
20110108-10白馬 036

最終日はいつもの通り大町・新行の「山品」で蕎麦を食べて帰ります。久しぶりに大町の山岳博物館にも寄ってみました。博物館から大町の町並み、後立山を望む。
20110108-10白馬 037

冬型のため帰りの中央道から南アルプスもくっきりと見えました。
20110108-10白馬 041

さらに名神高速からは雪をかぶった伊吹山も望めました。
20110108-10白馬 043
新年初めての生杉通い。年末から結構な雪が降ったようなので雪遊びに出かけてきました。
昨夜も少々降ったようで、古屋で作業中の除雪車を追い越しました。
20110102生杉 003

生杉の手前中牧の大宮神社、今年3回目の初詣。まだまだ腰掛ですが、針畑の住人に加えて頂くべく・・・。
20110102生杉 004

生杉は朝から湿った雪が降ったりやんだり、気温は1℃ほど。湿った雪で、積雪40~50cm程度でしょうか。降雪直後の新雪なら70~80cmかそれ以上の積雪だったと思われますが、生杉では特に珍しいほどの雪ではありません。
20110102生杉 026

我が家の回りも当然雪景色です。屋根の傾斜がかなりきついため、雪はほとんど落ちてしまっています。
20110102生杉 061

まずはストーブに火をいれ、部屋を暖めます。断熱がしっかりしているため外に比べると余り寒さは感じません。
先日と違い杉材を燃やしたのですが、なかなかストーブの温度が上がりません。広葉樹/針葉樹の違いなのか、薪の乾燥不足なのか。
20110102生杉 033

ストーブの火が安定してからスノーシューをはいて散歩してきました。湿った雪で少々歩きにくいですが、1時間余り近所の雪景色を愉しんできました。
20110102生杉 045
小屋が完成し使えるようになれば、存分に冬の生杉を満喫できます。
新年明けましておめでとうございます!

今年は毎年恒例となっている白馬でのスキーが諸事情により行けませんでしたので、珍しく大阪の自宅で正月を迎えています。こんなことは初めてかな・・・。
春になって雪が解けたら、生杉の小屋も仕上がる予定ですので、新たな良い年になることを願っています。

大阪では雪の大晦日から晴れ間も覗く元旦となりました。
雑煮を頂いた後、近所の「成田山不動尊」まで初詣に行ってきました。自宅から歩いて35分ほど、朝9時頃ですが人出はさほど多くありません。やはり夜中の年明け直後が賑わうのでしょうか。なにせ初めてなのでどのくらい込み合うのかよくわかりません。
20110101成田山 002

ここの「成田山」は交通安全祈願で有名で、たくさんの人が受付に並んでいました。一般の初詣よりこちらの方が多いようです。
20110101成田山 003

香里園駅へと続く参道(と言っても普通の住宅街なのですが)には屋台も出ていましたが、人が少なく今ひとつ盛り上がりに欠けます。世相を映しているのでしょうか。
20110101成田山 010

帰りにはちょっと遠回りして地元の小さな「蹉跎神社」にも初詣してから帰りました。
20110101成田山 013
年初め、冷え込みの中2時間ほどの散歩でした。