2010.03.28 3月28日の生杉
3月28日(日)
あいにくの天気です。
20100328生杉 011

生杉にも春の兆しが出てきています。
ショウジョウバカマ、キクザキイチゲ
20100328生杉 003 20100328生杉 027

畑ではヤブカンゾウ、アサツキ、行者ニンニク
20100328生杉 008 20100328生杉 023 20100328生杉 025

Nさんのところへ挨拶に行ったら、囲炉裏端へ上がりこみ、2時間ほど木の話や演習林の話など色々伺いました。
Nさんは生杉の生まれですが京大の各地の演習林で働き、森の達人です。定年後も生杉などでいろんな活動をしておられます。
20100328生杉 013

小屋へ行くとメンバーのMさんとSさんが来ており、雪囲いの後片付けとスズメバチの巣を始末しました。すでに鳥がつついていたので崩して落としました。
20100328生杉 015

中の蜂は全て死んでいるものと思っていましたが、なんと一匹だけ動いていました。たいした生命力です。
20100328生杉 020

階層が作られています。土や枯葉を分泌液で固めているものと思われますが、自然の力はすごいです。
20100328生杉 021





スポンサーサイト
2010.03.22 3連休で帰省
3/20-22の3連休に1000円高速を利用し、法事の為田舎(熊本県天草)へ帰ってきました。

3/20の夕方は雹混じりの豪雨と強風の荒れ模様。
20100320-22帰省 007

翌朝(3/21)はものすごい黄砂となりました。まるで深い霧のようです。
20100320-22帰省 010

天草の郷土料理「ガネ揚げ」です。サツマイモの短冊を小麦粉と卵で絡め
油で揚げたものです。姿がガネ(蟹のことです)に見えるので「ガネ揚げ」
といいます。単純な食べ物ですがおいしいです。
20100320-22帰省 014

法事の後はテーブルに乗り切らないほどのごちそうを並べ食事となります。
ほとんどは朝早くから皆が集まり、作ったごちそうです。
とても食べきれないので、余った分は皆さん持ち帰ってもらいます。
20100320-22帰省 017

お祭りもあったようで陽気な案山子がたくさん田んぼにいました。
20100320-22帰省 020
20100320-22帰省 023

桜もかなり咲いていました。
20100320-22帰省 026

3連休でも高速は順調でした。特に山口・広島あたりの中国道はがらがらです。どうなっているのでしょうか。
ところが兵庫の吉川まで来るときっちり渋滞、宝塚まで2時間以上かかってしまいました。込むのは都市近郊だけですかね。
20100320-22帰省 038
3月14日(日)
やはりこのままでは冬は終わらないようです。
数日前に降った雪がまだ残っています。
20100314生杉 004

それでも天気さえ良くなれば雪はどんどん解けて行きます。
20100314生杉 008

シーズン最初の花は「オオイヌノフグリ」です。
20100314生杉 012

先っぽを少し鹿にかじられていますが、ニンニクの芽も動き出しました。
20100314生杉 009

春の陽気に誘われ、皆さん集まってきます。楽しいおしゃべりタイムです。
20100314生杉 013
20100314生杉 017
20100314生杉 016

かなり、古い記事で申し訳ありません。基本的には私の日記代わりでもありますのでご了承ください。
3月13日(土)
かなり暖かくなってきた(最高気温16,7℃)のでバイクに乗ってきました。と言っても天気はあまり良くなく、午後からはにわか雨との予報なので朝(7:30)から出かけました。
行く先は生駒から法隆寺へ抜け、天理から名阪国道で月ヶ瀬の梅を見に行きました。
20100313バイク・花壇 001
駐車料金が必要なのでメインの梅林は見ていませんが(バイクで駐車料金払うのは抵抗感が)、ダム沿いの梅はもうすこしかな・・・と言う感じでした。
20100313バイク・花壇 006
その後、R163へ出て伊賀上野をとおり信楽へ向かいます。上野城は改修中のようでネットがかぶっていました。
関西本線、ここも第3セクターでしょうか?1両のみの運行です。
20100313バイク・花壇 007
信楽の「タヌキ君達」、久し振りです。
20100313バイク・花壇 010
町の中にはたくさんの窯元があります。
20100313バイク・花壇 009
180km(5時間)のツーリング、もう少し気候がよくなったら少しずつ距離も伸ばしたいと思います。
3月6日(土)雨
朝、生杉へ向かう頃は雨は降っていなかったのですが、生杉へ着いた頃から降り出しました。
先日、まともに機能しなかった電柵を何とかしたいと、再度出かけてきました。
すると「電気の通らない電線なんか怖くない!」みたいで電線を切ったりして勝手に入っています。
こういうことを覚えてもらうと困るのですが・・・。
20100228,0306生杉 005
わが家の畑はまだまだ食べるものがないので電線以外は被害はなかったのですが、道向のIさんの
冬越しの赤カブ畑は無残な状態です。
葉っぱはすべて食し、カブも行儀悪く食べ散らかしています。ひとつずつ丸ごと食べるのならまだ
可愛げもあるのですが、すべて掘り返し少しかじっては放置し、また次のをかじって・・・と憎たらしい限りです。
20100228,0306生杉 011
赤カブのおかげで、まだ鹿も気付いていないようですが、好物のフキノトウが出始めています。このままだと食べられてしまうので昨年のそば藁をかぶせてわからないようにしました。大丈夫かな??
20100228,0306生杉 008
畑の中になにやら奇妙なものがありました。10cmほどの半透明な寒天状のものです。何かの卵にしては雪解けのこんな時期に・・・。
20100228,0306生杉 006
雨の中切られたり緩んだりした電線を補修し、アースも念のため引っこ抜き、点検の上再度埋め戻したのですが
電流は回復しません。後は本体が悪いか、電線がアースされているかしかありません。困りました・・・。
2月28日(日)
生杉でも日当たりの悪いところを除き、ほとんど雪が消えてしまいました。
鹿にやられないようにと電柵を張りに来たのですが、畑は雪解けの水分と雨の影響で水浸しです。
すでに鹿の足跡も見られます。
20100228,0306生杉 002
まず溝を掘り、畑の水抜きをします。もともと田んぼだったので水持ちは良いのです。
2人で2時間余りかけ道側のポールを設置し、周囲に4段の電線を張り巡らせます。
本体も設置し、スイッチを入れます・・・。
ためしに電線に触ってみると・・・、あまり電流を感じません。
昨春も同じようなことがあり、メーカーに本体を送り見てもらったりドタバタしたのですが、結局はアース線が切断していました。
今回はアースは昨年は秋のままなので切れているはずはありません。電池を換えたり、電線を点検してみましたが、結局回復しません。
まだ鹿にやられるものもないので、今日のところはこのまま帰ることにしました。