2009.08.31 選挙と生杉
8月30日くもり
枚方を出るときは快晴だったのですが生杉はくもり。8月の末になると一時ほどの暑さはありません。我が家の畑では今頃ひまわりが満開。
20090830生杉 003

周りの田んぼの稲もかなり実が入ってきています。9月後半の収穫です。
20090830生杉 008

かなり過ごしやすくなってきたのでみんなで「お茶タイム」、我々も入れていただきました。
そうそう今日は「選挙」の日でした。これからみんなで行くそうです。
20090830生杉 018

蕎麦の芽が出ています。17日に播いた分はまずまずですが、16日の分はかなり密植気味で間引きが必要です。
20090830生杉 023 20090830生杉 024

15~20cm程に育った若芽を1本ずつ間引いていきます。20,30分ほどやりましたがほんの一部しかできません。間引き菜はお湯をかけ、鰹節・酢醤油をかけるとおいしく頂けます。最近では「蕎麦のかいわれ」としてスーパーなどにおいてあることもあるようです。
20090830生杉 025 20090830生杉 031

こちらも間引きニンジンの葉っぱを煎ってじゃこと胡麻を加え塩味をつけたふりかけです。なかなかいけます。どちらも我が家の畑だから食べられる味ですね。
20090830生杉 029 20090830生杉 006

今週の花。
20090830生杉 012 20090830生杉 015 20090830生杉 019

毎年、この時期恒例となった「山水人(ヤマウド)」のイベントが今年も開催されます。この土日にもオープニングセレモニーとして夜通し「GOA GIL」が開催されることになっていたようですが、「ある事件」が発生し中止となったようです。
いつもほとんど人のいない生杉で太鼓が鳴り響き、うそのようににぎやかになるのですが・・・。本来主催者側とは全く関係のない「事件」なのですが、世間でもかなり話題になっていることでもあり致し方ないのでしょうか。それにしてもかなり高額の前売り券を販売している主催者としては後始末が大変では。




スポンサーサイト
8月22日(土)曇り
袋田の滝まで行き、栃木県の那須塩原(東北新幹線)まで出る用事がありました。ここまできたら今まで気になりながら行ったことがない那須高原へ行かない手はありません。
那須高原は天皇家の広大な(660ha)御用邸もあり、有名な関東の一大避暑地です。そのため「人が多いだろう。」とこれまで行きそびれていました。実際に洒落たペンションやレストランなども数多く、車や人の数も福島あたりとはまるっきり違います。
御用邸の入り口らしきところも通りました。看板などあるわけではないのですが、林道の入り口みたいなところに警官が2,3人立っておりすぐにわかります。といっても広大な敷地ですので表の通りから邸が見るわけではありません。ただうっそうとした林が延々と続いているだけです。

那須湯本温泉を抜け、那須連峰・茶臼岳へ向かいます。茶臼岳は1915mの山ながら9合目までロープウェイがかかっており、手軽に頂上まで登ることができます。
ところが、乗車が3時を過ぎており、片道キップを買うと「2.5~3時間かかりますが大丈夫ですか?」とかなりしつこく確認されました。トラブルを心配する気持ちもわかりますが、結局山頂駅から頂上まで25分(コースタイム50分)、1400mあまりの駐車場へ帰り着くまでトータル1.5時間。5時前には下山できました。
那須・茶臼岳頂上
那須・茶臼岳

下山時、頂上を振り返る。わかりにくいですが火山の噴気が見えます。関東地方唯一の活火山と放送されていました。三宅島は関東地方ではないようです。
那須・茶臼岳

那須連峰朝日岳方面を望む。この稜線は風の通り道として有名で風による滑落などの事故は珍しくないようです。またここから吹き降ろす風により、東北新幹線や東北自動車道がたびたびとまってしまいます。
朝日岳方面

こちらは以前に福島県側から登った三本槍ケ岳方面です。
三本槍方面

遠く奥会津の山々を望む。こちらも登ったことがある火打岳や日光の山々も見えました。
奥会津方面

下山後は那須湯本温泉へ戻り、「鹿の湯」という共同風呂で汗を流しました。かなり古い温泉で「鹿が傷を癒した。」といういわれがあるそうです。中はいかにも湯治場の雰囲気で、1間角ほどの小さな湯船が6つあり、それぞれ段階的に温度調整しています。湯船近くの表示は41~48℃となっていましたが、実際には41~46℃位しかないようです。もちろん石鹸やシャンプーは使用禁止。
人気のお風呂のようで夕方でもかなり込んでいました。
途中、総刺青のグループが入ってきたのはちょっとしたハプニングでしたが、周りの人とも普通(丁重)に話していたので皆さんほっとした感じでした。
受付の建屋から川にかかった渡り廊下を通って川沿いに建つ細長い浴場へ向かいます。
鹿の湯

帰りは福島・白河経由、いつもなら途中では蕎麦以外食事することは少ないのですが、これも前から気になっていた白河ラーメンを食べました。この辺のラーメン屋は手打麺に拘っているようですが、なぜ手打にする必要があるのかわかりません。なんだか饂飩に近いラーメンというか・・・、ラーメンの麺は機械打ちのほうがしっかりとした麺になりおいしいと思います。味もしょうゆ味で豚骨味を食べつけている私には今ひとつでした。
ラーメン定食を注文するとプラスチックの弁当箱風のご飯がついてきました。これにもびっくり・・・。
白河ラーメン

今日の花、まだ8月ですがすでに秋の気配もわずかに感じます。
20090822那須・茶臼岳 034 20090822那須・茶臼岳 037
20090822那須・茶臼岳 039 20090822那須・茶臼岳 033
20090822那須・茶臼岳 031

朝からそのつもりで行ったわけではありませんが、気になっていた那須・茶臼岳に登れてラッキーでした。次はその奥にある「ランプの温泉・三斗小屋温泉」へ行ってみたいものです。


2009.08.23 蕎麦の種まき
8月17日(月)
久しぶりに青空が広がる生杉となりました。
今日は蕎麦の種まきをしました。一部前日にMさんが播いてくれたいましたが、残りを耕耘し種を播きました。暑い中、耕したあと草を集めるのはなかなかの重労働です。
久しぶりに快晴の生杉
昨年収穫した蕎麦を空へ向かって適当にばら撒きながら播いていきます。約2kg播きました。
10月下旬の収穫となる予定です。
蕎麦の種まき

今週の花。
ゲンノショウコ 20090817生杉 004
ウド

8月12日(水)くもり
盆休み熊本へ帰ってきました。
この不景気の中、「一口城主」という活動を中心に本丸御殿を復興したという熊本城へ行ってきました。
城郭のスケールといい、迷路のように石垣をめぐらした造りといい、精巧で規模の大きい武者返しの石垣といい何度来てもすばらしい城だと思います。
熊本城
こちらは風格のある大小の天守閣ですが、残念ながら昭和30年代前半に復興されたコンクリート作りの天守閣です。
熊本城

本丸御殿の内部です。50年ほど前に復興された天守閣と違い、伝統技法を語り継いでいくというのが大きな目的となっており、主に県内の木材を用いた昔からの建築技法が使われています。70~80cm角はあろうかという欅の柱や大きな松の丸太の梁が印象的です。また金屏風や金具などの装飾は地元では難しく、主に京都の職人さんへ依頼されたようです。
本丸御殿

こちらは「宇土櫓」、高層の櫓の中では唯一昔のまま残っているそうです。以前には公開されていなかったのですが、平成元年から入れるようになりました。3層5階となっており、これだけでもちょっとしてお城の天守閣ほどあります。
宇土櫓
熊本へ帰るとやはり「ラーメン」です。必ず食べます。今回は「桂花ラーメン」、家内は「大平燕」でした。
ラーメン 大平燕

数日前までは好天の予想だったのですが、太平洋の熱帯低気圧の影響から全国的に荒れ模様の予報。朝、家を出るとポツポツと落ちてきます。生杉に着くころには本格的な雨に。
これでは先週から繰越になっている蕎麦畑の耕耘もできません。草もかなり伸びているので、雨の中何とか蕎麦畑と電柵周りの草刈だけは終わらせましたが。
8月になってもこんな天気が続いています、一体どうなっているのでしょう。
IMG_4273.jpg
IMG_4268.jpg

今年はミョウガが早く出ているとの事で分けていただきました。これで半分、一応代金はお支払いしていますが、ほとんどタダみたいなお値段でした・・・。
帰ってから半分くらいは甘酢漬けにしましたが、全部は使い切れません。
IMG_4274.jpg

畑で咲いていた「初雪草」「落花生」です。
初雪草 落花生
田んぼの水路に咲いていた花です。
IMG_4269.jpg IMG_4272.jpg


 
田舎の従兄弟から娘が高校総体ハンドボールに出場するとの連絡が入りました。今年は奈良県を中心とした「まほろば総体」。従兄弟もわが家に泊まりこんでの応援です。
野球では何度か甲子園にも出場している「城北高校」、県大会では私の母校を1点差で破っての全国大会出場、OBとしては少し複雑ですが。
従兄弟の娘さんは2年生ながらもチームのポイントゲッターとして活躍しています。
ハンドボール
8月2日の緒戦、相手は北海道の代表でしたがかなり力の差があり、応援も余裕を持って見ることが出来ました。前半から大差がつき、後半は控え選手を中心になりました。
ハンドボールは動きが早く、ジャンプ力や、瞬発力、反射神経など総合的な身体力を求められる上に、相手選手と直接接触する為格闘技的な精神力も求められます。
ハンドボール
夜は従兄弟とまたまた「麗華」へ。
麗華
チームは2回戦を接戦で制し、3回戦に望みましたが4強となった「夙川学院」に惜敗しました。2年生中心のチームなので来年が楽しみです。
いつものように京都駅で合流し生杉へ向かいます。天気は曇りですがいつ降ってもおかしくない空模様です。道中ラジオからは「兵庫県や京都府のどこそこで大雨洪水警報が・・・」というニューズがながれ、朽木方面にも雨雲が流れてくることが容易に想像できます。
生杉の山にも低く雲が下りてきています。
20090801-02生杉他 008
針畑側にも靄がかかっています。
20090801-02生杉他 013
生杉に着くとまもなく雨が降ってきたので慌てて収穫だけやり、早々に退却しました。
カエルだけは活き活きしているような・・・。
20090801-02生杉他 003

今日の花たち
20090801-02生杉他 005 サギソウ 20090801-02生杉他 010
ナデシコ 20090801-02生杉他 012 クサギ